心の話

いじめにより悩みと不安を抱えてしまうのはなぜか?

 

どうも、コウスケです

なぜイジメが生まれてしまうのか?
なぜこの世から差別は無くならないのか?

こう言う問題の原因は「同質性」と言う
モノが大きな原因ではないかと思うのです

 

いじめにより悩みと不安を抱えてしまうのはなぜか?

 

同質性とはつまり一緒でなければならないという

ことで人と違うことをしている人や
もしくはみんなと考え方や見た目が違う
というだけでそれが問題になってしまうのです

同質性を追い求めてしまうからそこには

イジメや差別と言う問題が生まれます
なぜならそれはみんなと違うからです。
同質性を大切にする社会では人と違うというだけで

排除の対象と見なされてしまうのですよ
みんなで一生に同じことをしなければ

ならない社会と言うのは制約が強くそこに

自由は無いと言えるでしょう・・・・
つまり同質性を大切にする社会と言うのは自由が無く
制約が強い不自由な社会と言うことが出来ます

自由に生きるといじめになる

 

もしそこで自由を行使する人間がいれば
その人間は排除の対象になってしまう

それがいじめと言えるものになるのです

でも考えてみると「自由」と言うのは
良いモノでありみんなそこに憧れがあるはずです
なのに自由を目指す人を排除し不自由な
社会に押し込めようとしてしまうのはあまりにも

矛盾が激しいのではないかと思うのです

それは自由に憧れながらも自由になれない
世界を自分たちで作りあげているから。

自由を訴えて自分の好き勝手にやるというのも
間違いではないはずなのになぜかある
コミュニティの中で自由を行使しようとすると

その人は嫌われる対象になってしまう。

これでは誰も自由になんてなれない。
現に今の社会で生きづらさを感じる人は

多いでしょうし今の不自由な社会はまさに
鳥かごのような社会でもあると思うのですよ

 

特別であることを認める

 

つまり自由を追い求めて羽ばたこうとしても

すぐに捕まり鳥かごの中に閉じ込められる。
こんな社会で本当に良いのか?
もっと個人の自由を認めたほうが良いのではないかと。

同質性と言うモノで一括りにするから問題が生まれるわけで

この問題を解決すためにそこに

特異性と言う違いのある個性を認めて
それぞれが別々の生き方をしていくことに
もっと寛容であるべきだと思うのです

つまり一人一人違ってそれで良いよね!と言える
方がより問題は無くなるのではないかと言うことです

確かに社会を形成する上でルールを守ることは

大事でありそれは社会の秩序を保つ
ことにつながるのでルールで囲うというのは
必要なことだとは思います

そしてルールを守るということはそれは
同質性を大切にするということになるでしょう
だから同質性と言う考えは完全に

否定できるものではありません

しかしルールー以外の部分、例えばモラル的なところまで

同質性を追い求めるのはどうなのかと思うのです
もっと個性的であっても良いしもっと
社会に多様性が生まれても良いのではないかと思います

 

自分のためにも今の価値観を捨てること

 

そうやって誰もが生きやすい社会を作ることが

大切でありこれは個人的にも必要な考えと言えます
自分のためにでも多様性を取り入れる
ことが必要でありそれは自分の囚われている
同質性と言う固められた価値観から離れて

もっと特異性を認める考えを

身に着けていくべきだと思うのです
そうしたほうが心がもっと楽になるはずです

例えば自分が正しいと思う主張をしているのに
周りの誰もが自分に対して耳を傾けてくれないという
ことはどこかで経験したことがあると思います

その時に苛立つ気持ちもあったことでしょう

どれだけ正論並べて正しいことを主張しても
全然、言うことを聞いてくれないで

なぜ自分の話を聞こうとしないのか理解できないと

思うことはどこかで経験することだと思います
子供に対しておもちゃをちゃんと
片づけるようにと注意しても全然その子供は

片づけをしないなら腹が立ちますよね?

それは子供は自分でおもちゃを片付けるべきと言う
固定化された価値観から生まれた怒りなんです
だから子供を怒ってしまうし自分の正義をぶつけて

相手に対して攻撃してしまうわけですよ

これが親と子であればまだ言いたいことが
ハッキリと言えるので良いですが

職場の上司と部下と言う関係性では
難しいものがあるでしょう
上司の方もきつく言えばパワハラだなんだと
言う言葉が飛び交いそうで怖くて

何も言えないということもあるでしょうし

部下の方も上司と言う目上の人に対して
言いたいことがハッキリ言えないというジレンマを
抱えてストレスを感じることはあると思います

この時に自分の気持ちだけではなく

相手の気持ちを持ち合わすなら相手の言動に
理解を示すことも出来るしまだ相手を

許せるというか受けいれることが出来るわけですよ

 

相手の価値観を理解しようとする

 

これは価値観に多様性が無いと出来ないことです
自分だけの価値観だけで止まるのではなく
相手はどのような価値観で話しかけているのか?

ここを探り相手の価値観も認めることが

自分のためにも必要だと思うのです
多様性と言うのはそういうようなもので
真に理解することは難しいかも知れませんが

それでも相手の気持ちを理解しようとする試みと

理解できないながらも相手を認めてあげるという
心構えが必要だと思うのです

その心構えがあれば無駄な怒りから離れることができ
ストレスや悩みの緩和につながるかも知れません
同質性と言う考えではどうしても無駄な悩みを

生みやすいのでもっと価値観の幅を広げて

他と違う人でもその特異性を認め
もっと多様性のある考えで生きるほうが
個人的にもラクな生き方かも知れないと思います

では今回は以上です

一つの意見として参考にしてください

今回の話をいいね!と思うことができたなら
ポチっと押して応援して頂ければ嬉しいです↓↓


人気ブログランキング

ピックアップ記事

  1. 生きるのがつらい・もう死にたいと思うあなたへ
  2. カイジ・利根川の名言「金は命より重い」
  3. カズレーザーの名言・夢は叶わない?
  4. 友達といて居場所がない時や楽しくない時の対策とは
  5. アニメ僕のヒーローアカデミアで轟焦凍のさりげない名言

関連記事

  1. 心の話

    「人生に疲れた」と思い絶望している時にラクになる方法

    どうも、コウスケです人生に絶望して頑張るこ…

  2. 心の話

    クズな自分が嫌いじゃないと思うことが楽に生きる方法になる

    どうも、コウスケです自分のダメさを受けいれ…

  3. 心の話

    楽しくない人生に疲れた時に元気を出す方法とは

    どうも、コウスケです何をやっても上手くいか…

  4. 心の話

    自由に生きたい人に自由が無い理由はどこにあるのか?

    どうも、コウスケです出来ることなら嫌な仕事なんてせずにわずらわし…

  5. 心の話

    冷たい人間は優しい人間であり愛情がある人でもある

    どうも、コウスケです冷たい人間ってどこかで…

  6. 心の話

    嫌な思い出や記憶を忘れることは自分にとって損なこと

    どうも、コウスケです生きていれば必ずどこか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

人気の記事

  1. 苦手な人と上手に付き合う方法は自分を無くすこと
  2. 哲学者ソクラテスの名言「無知の知」から学ぶ死生観とは
  3. どれだけ努力しても結果が出ない理由を考えてみた
  4. 一番エロい女は誰なのかを真剣に考えてみた
  5. 努力が必ず報われるとは限らないならどうする?
  1. エンタメの話

    君の名は。DVDレンタルと発売日が7月26日に
  2. お金の話

    働かず楽して生きることは出来るのか?
  3. 人間関係の話

    人から好かれる人間になるには相手の本質を見抜くこと
  4. 心の話

    人生の壁にぶつかり悩みを解決できない時の逃げ道を提案
  5. 哲学の話

    頑張る気力がなくなり何もする気が起きない時に考えること
PAGE TOP