エンタメの話

ハンターハンターキメラアント編から学ぶ幸せの在り方

 

どうも、コウスケです

ハンターハンターと言う漫画がありますが
今回はこの漫画のあるシーンを切り取って

幸せとは何か?これについて

語りたいなと思います
ハンターハンターにはキメラアント編と言う

シリーズがありこれは等身大の虫が力をつけて
人間を襲いその虫たちが世界を
征服しようと企むそんなシリーズがあるんです

その時に虫たちの存在意義に深みがあって

最初の頃は女王のためにただ栄養価の高い
人間たちを集めてエサとして女王に
差し出すだけの存在でした。

それ以上でもそれ以下でもなくただ組織のため

女王のために動く存在だったのです
しかしそこから個別に名前を付け始め徐々に
個人の存在に多様性が生まれ始めたのです

その時に何が起きたのかと言うと名前を付けて

個別に別れたことによって集団としての
統率力が落ち始めたのです
それぞれで勝手な行動をとるようになってしまった。

それは集団の意識だけで統一されていた

時代では考えられないような光景です。
集団意識から離れて個人意識を持つようになったので
そこにはそれぞれの個人の存在が明確に

区別されるようになり集団としての意識の

統一が難しくなってしまったのです。
わかりやすく言うと最初はみんな赤色を持っていて

赤色で集まるから赤の統一感が出ていたのに

青や黄色、緑や黒などそれぞれの色を
持つようになったため赤色の統一感が
無くなってしまったという話です

個性と言う色が集団においては邪魔になったのです。

ここで考えたいのは最初の頃は集団の意志だけで
統一されていてそこには「女王のために」と言う

目的のみで自分の存在意義があったわけです

どんな自己犠牲が起きようともそれは
女王のためにあれば十分に満足いくことであり
そこには忠義をつくす幸せがあったのです

しかし個別に別れたので「自分のために」と言う

思いが強くなってしまい自己犠牲を許せなくなった。
こうなると組織に所属することが不本意になり
そこには悩みや不満が生まれてしまったのです

もちろん「自分のために」と言う目的は

決してダメな目的ではないのですが元々あった
幸せを自ら捨ててしまったという実態が
あることに目を向けるべきかなと思うんです

本来なら幸せになれたはずだったのに

個人と言う意識が幸せの邪魔をしているのでは?
と思えるところがあるわけでこれは
現実の世界においても同じようなことが言えます

親が自分の進路を決めて
自分のやりたいことが出来ない。

こう言う悩みも個人の意識からくる悩みです

親や家族の意見が大学に進むことを希望しても
自分は進学せずに起業したいと思うなら

そこには意見の食い違いが発生するのです

それが問題になってしまう・・・

家族と言う集団の意識とはズレがあるため

そこが障壁になり悩みになってしまうのです
この時に個人の意識を持たなければ
そこには家族の意識の統一化が図られるため

一個人としての悩みは生まれないのですよ

もし悩みになるとしたら「大学に合格できるか?」
これが悩みになることでしょう。

起業か?大学か?と言う二者択一の悩みは
集団の意識との一致があれば生まれなくなります

ここで僕が言いたのは我慢して自分を
押し殺して組織と言う集団意識の奴隷に
なれば良いということではありません

もう少し前向きな話で忠義を尽くすことによって

幸せを実感できることがあるという話です
例えば親になれば家族にある種の忠義を尽くします

自分よりも大事なものは家族であり家族と言う

存在に仕えるような立場になるんですよ
主婦業が顕著ですが部屋の掃除をして
ご飯を作りそれぞれの家族のケアをするのは

まさに執事が王に仕える様子と一致します

執事が王のために宮殿の掃除をして
王の食事を用意しそしてあらゆる王の
ケアをする光景は主婦のそれに近いと思います

では執事や主婦は幸せではないのか?
これはある種の奴隷であり幸せは見いだせないのか?

と言われると決して違いますよね。

この姿にもちゃんと幸せの実感はあるはずです
主婦業をしている母親は大変な思いを
していてもそこには子供や旦那と言う大切な

存在があるからその存在のために頑張れるし

その努力がまた大切な家族との
大切な関係を繋いでくれるわけです

そしてそこにはちゃんと幸せの実感がある

自分自身の自己犠牲の果てに
家族と笑顔でいれる時間があるならそれが
何よりも幸せだと思えるようになるでしょう。
だからこそ主婦として家族に忠義を尽くすことには

意義がありそれは一つの喜びなんです

そういう幸せの形もあるということです
今の現状で満足のいかない生活をしているなら

それは個人の意識が強すぎる場合があるので

適度なバランスで良いのでもう少し
集団の意識に歩み寄ってみませんか?
歩み寄った先にまた違った幸せが訪れるかもしれません

ではこれで終わりです
一つの意見として参考にしてください

今回のまとめ

意識には集団と個人がある
集団の意識との統一化が大事
忠義を尽くす幸せも存在する

まあこんな感じの話です

僕たちの幸せの定義は自分自身の欲求を
満たすことに幸せの形を見出していると思います

しかし他の誰かの欲求を満たすことで

自分も幸せになれる道があるんだと
気づければまた生き方は変わるのでは
ないかと思うんです

ハンターハンターの中でも死にかけている王に
寄り添い生命エネルギーを分け与えて

なんとか命を繋ぐというシーンがありますが

その時に王の口から

「なんという美味なエネルギーなんだ」

この言葉を臣下は受け取るんですね
その時に至福の喜びを感じ死ぬことすらも
いとわないような感覚になるわけですよ

これは忠義を尽くす幸せの形として究極の形でしょう

自己犠牲は完全なダメなことではなく
前向きな自己犠牲であればそこには
大きな意義が生まれると思います

だからこそ一つの選択肢として

忠義を尽くす幸せを頭の片隅にでも
入れておいてもらえればなと思います

では今回は以上です
ありがとうございました。

今回の話をいいね!と思うことができたなら
ポチっと押して応援して頂ければ嬉しいです↓↓


人気ブログランキング

ピックアップ記事

  1. 武士道とは?武士の生き方から学ぶ人生哲学
  2. 日大のアメフト部のタックル問題に見る監督としての在り方とは
  3. スピードワゴン小沢の甘いセリフが名言ばりに深い話
  4. 成功者の共通点とは中毒のようにのめり込むこと
  5. アランの幸福論から考える人生において必要なことは

関連記事

  1. エンタメの話

    アニメ僕のヒーローアカデミアで轟焦凍のさりげない名言

    どうも、コウスケです僕のヒーローアカデミア…

  2. エンタメの話

    平昌オリンピック・羽生結弦が金メダル獲得!結果を出すには?

    どうも、コウスケです先ほどオリンピック系の…

  3. エンタメの話

    アニメ・オーバーロードの個人的評価と感想と未来の話

    どうも、コウスケですオーバーロードと言うア…

  4. エンタメの話

    ツイッターの批判コメントは意味がない!得する使い方とは

    どうも、コウスケですツイッターを利用すると…

  5. エンタメの話

    僕のヒーローアカデミアの漫画7巻から学ぶ仲間の作り方とは

    どうも、コウスケです僕のヒーローアカデミア…

  6. エンタメの話

    カリギュラ動画を見て個人的な評価をしてみた

    どうも、コウスケですカリギュラっていうAmazonビデオにある…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

人気の記事

  1. 苦手な人と上手に付き合う方法は自分を無くすこと
  2. 哲学者ソクラテスの名言「無知の知」から学ぶ死生観とは
  3. どれだけ努力しても結果が出ない理由を考えてみた
  4. 一番エロい女は誰なのかを真剣に考えてみた
  5. 努力が必ず報われるとは限らないならどうする?
  1. 哲学の話

    人生の悩みを無くすにはナルシストになりきること
  2. ニュースの話

    はあちゅうをブログで叩いていたHagex氏が殺された理由
  3. 知恵になる話

    問題解決力の向上方法と因果関係の証明とは
  4. 仕事の話

    うざい上司を嫌いになったときの対応の仕方とは
  5. お金の話

    学生・サラリーマン・主婦が副業で稼ぐことは出来るのか?
PAGE TOP