哲学の話

幸せに生きるために必要なことは答えをもつこと

 

どうも、コウスケです

幸せに生きるために必要なことは
自分なりの「答え」を持つことが大切だと思います

僕たちはどこかで大衆の答えを大切にしています

それは結婚することやお金があること
また恋人や友達がいることを
「幸せ」と呼んでいるのではないでしょうか

これはあくまで大衆の答えであり

この答えは絶対的なものではないわけです
あくまで大衆の答えでしかないのです

そしてその答えが正しい答えなのか?と
問われるとその答えに絶対的な

正しさを見いだすのも難しいと思います

大衆の答えとは自分が所属するコミュニティの
大多数の価値観と言うだけでそこには
絶対的な正しい答えがあるわけではないのです

たぶん普通に生きていれば幸せの正しさなんて

一度も考えたことが無いですよね?

周りの価値観に合わしてなんとなく
善と悪の価値観を抱いてきたに
過ぎないわけでそこで培った価値観は

所属するコミュニティが作りあげた
価値観と言うだけでそれ以上のモノではないです

つまりそこには絶対的な正しさを語ることは出来ないし

そもそも善も悪もないと言えます。
自分たちが勝手にバイアスをかけて認識してるだけなのです

例えば日本人はイカやタコを美味しく
頂きますがあれは海外だと異様な光景らしく
それはフランス人がエスカルゴを食べるのと

同じくらい異質なものだそうです

でも日本人はイカやタコを美味しいと思うし
フランス人はエスカルゴを普通に食べますよね?

それが出来るのはその土地に生まれ

そういう価値観が根付いてるからなんですよ。
だからタコを食べておいしいと思い
幸せに感じるだろうしエスカルゴを食べて
幸福感に満たされる人がいるわけです

海外の人がそれを食べるなら罰ゲームのようなもので

そこには苦痛が伴うわけです
それはある種、不幸なことかも知れません

つまり自分たちが絶対視している幸せも
結局は相対的なものであり
ある人にとっては幸せなものでもある人にとっては

不幸なもになりかねないのです

だからこそ周りの価値観に合わして幸せの
答えを持つのではなく改めて
幸せとは何か?を考え自分なりの答えを見いだすのが

どこかで必要なことではないかと感じます

結局は相対的なものでしかないのだから
幸せの答えを自分で作ることが必要なんです

大衆に合わしても幸せになれないのなら

自分なりの人生を歩むことが大事だということです

例えば結婚と言う幸せの答えを持っていても

ブスでお金もなく性格も悪ければ
結婚にたどり着くのは難しいでしょう
しかし先ほども言った通り幸せと言うモノに

絶対的な姿は存在しないのです

あくまで相対的なものなので結婚を
絶対視する必要もないわけです
結婚できないなら他の幸せを見いだせば良い。

一人で楽しく生きる選択肢もあるわけです

もし無理に結婚すれば価値観の相違で衝突し
好きでもない人と共に生活し続けなければ
ならないという苦痛を味わうことになるわけです

果たしてそこに幸せがあると言えるのでしょうか?

たぶんそれは幸せとは呼べるものではないでしょう。

つまり結婚と言うのもある環境では幸せと
呼べるかもしれないわけですが
またある環境においては不幸せになるわけです

あくまで相対的なものだという認識が必要です

例えば友達が多いというのもそうでしょうし
お金をたくさん持っているというのも

また不幸の始まりかもしれないわけですよ

友達が多ければ多いほど余計な誘いが増えるわけで
そうすれば自分の時間が削られるわけです
無駄な付き合いをさせられるのも苦痛なわけで

本当に自分を大事にしてくれる人と共に

いるべきなのですがそんな関係の人は
なかなか作れないのが実態だと思います

つまり友達が多いというのは浅い付き合いになりやすく

その分、振り回されることが多くなります
そして友達が多ければ多い分だけ
トラブルに巻き込まれるリスクも抱えることになる。

もちろん友達が多いことでのメリットもあるでしょうが

メリットだけではないということを
認識することが大切なことです

お金があるというのも一つそうでお金があれば

たいていのモノを買うことが出来ます
車も時計も家も変えるし
高級な料理を堪能することだってできます

時には愛すらもお金で変えることでしょう

ですがお金があればあるほどそのお金を
適切にコントロールしないと破滅する可能性が
高くなるわけで銀行口座に数億円の

お金があるということは巨大なモンスターがそこに

眠っているようなものなんです
例えばお金がたくさんあると思ってガンガン
消費していると間違いなく消費癖が身につきます

そうなれば破産するまでお金を使い続けるでしょう

宝くじに当たった人が破産するというのが良い例です

それはまた不幸なことでもあります
つまりお金をたくさん持つということは
破産するリスクを抱えてしまうわけで

自己管理を間違えばその多額のお金と言う

巨大なモンスターにやられてしまうのを意味します

そうなればそれはお金を支配するという
ことから離れてお金に支配される
と言う構図になってしまうんです・・・

だから友達が多いとかお金がたくさんある
と言うのも絶対的なものではないのです

だからこそ世間一般のありもしない絶対的な答えを

盲目的に追い求めるのではなく一度
自分の頭で考え自分なりの答えを持つことが
大切だということになるんです

絶対的な答えが無い以上、求めることは

自分にとって最適な答えが必要だという話です

ではこれで終わりです
一つの意見として参考にしてください

今回のまとめ

絶対的な答えは無い
自分なりの答えを持つこと
今の価値観はコミュニティに与えられただけ

まあこんな感じの話です

子供の時にはアンパンマンを見て楽しむことが
出来ましたがお酒を飲んで楽しむという

価値観は無かったと思います

しかし大人になればこの価値観は逆転するでしょう

そこにはアンパンマンと言う絶対的なものも
お酒と言う絶対的なものも無いのです
あくまで子供の時はアンパンマンが良くて
大人の時にはお酒が良いという相対的なものなんです

そしてその原理を理解すればもう一度

アンパンマンを見る幸せを取り戻せるかもしれない。
アンパンを見るのとお酒を飲むのとでは
お酒の方が体を悪くするリスクが高かったり

お金が必要だったりするのでそれなら子供の頃の

価値観を取り戻す工夫も必要だと思います

アンパンマンを見るという自分なりの幸せの
答えを持つことが出来ればそれは
それで充実感のある人生になると思います

では今回は以上です
ありがとうございました。

今回の話をいいね!と思うことができたなら
ポチっと押して応援して頂ければ嬉しいです↓↓


人気ブログランキング

ピックアップ記事

  1. カズレーザーの名言・夢は叶わない?
  2. 友達といて居場所がない時や楽しくない時の対策とは
  3. アランの幸福論から考える人生において必要なことは
  4. もしも願いが叶うなら何を願うか?
  5. あなたの悩みを解決するための方法とは

関連記事

  1. 哲学の話

    結婚して幸せな人生を送ることは本当に可能か?後編

    どうも、コウスケです前回の記事に引き続き「…

  2. 哲学の話

    哲学者、ソクラテスの「無知の知」から考える正しい生き方

    どうも、コウスケです昔の偉人で哲学者として…

  3. 哲学の話

    人生の悩みを無くすにはナルシストになりきること

    どうも、コウスケです人生の悩みを無くにはど…

  4. 哲学の話

    この世界のあるべき姿を考えよう・社会編

    どうも、コウスケですこの世界のあるべき姿を…

  5. 哲学の話

    この国はどうあるべきか?個人の自由とは何か?

    どうも、コウスケですこの国はどうあるべきか…

  6. 哲学の話

    なぜ差別は無くならないのか?社会の正しい在り方とは?

    どうも、コウスケですこの世界からなぜ差別が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

人気の記事

  1. 苦手な人と上手に付き合う方法は自分を無くすこと
  2. 哲学者ソクラテスの名言「無知の知」から学ぶ死生観とは
  3. どれだけ努力しても結果が出ない理由を考えてみた
  4. 一番エロい女は誰なのかを真剣に考えてみた
  5. 努力が必ず報われるとは限らないならどうする?
  1. 人間関係の話

    正義感が強い人の特徴と正義感の危険性について
  2. お金の話

    iPhoneやFacebookが成功できた理由とお金稼ぎの極意とは
  3. エンタメの話

    ゴッドタン腐れ芸人が若手に説教をした時のノブコブ徳井の名言
  4. 生き方の話

    セルフイメージ上げても成功なんてしない
  5. 知恵になる話

    トラブルを回避しスムーズに作業を進める方法
PAGE TOP