エンタメの話

小栗旬・主演映画「銀魂」の実写版を見るときの楽しみ方

 

どうも、コウスケです

小栗旬さんが主演出演している
映画「銀魂」を見たのですがこれは

少年ジャンプで連載されていた人気漫画の

実写化なんですね
こういう実写映画を見た時に必ず

原作と比べてしまい「面白くない」と
言ってしまう人が現れるわけですが
それは非常にもったいないことだと思います

と言うのも原作と完全に同じように作るには

実写映画では無理があるわけでそこには
実写ならでは「味」が良い意味でも
悪い意味でも出てしまうものだと思うのです

だからこそ、その味を美味しく頂けるほうが良いというか

楽しめるほうが自分にとっても得だと思うのです
なぜならそこには必ず実写ならではの味があるからです

例えばラーメンを食べたいと思っているときに
とんかつが食卓に出ていると

少し残念だと思いますよね?

それはラーメンが食べたいという欲があるから
とんかつがそれほど嬉しくないと思うわけで
始めからとんかつを食べたいと思っていれば

食卓にとんかつが並ぶのを見て嬉しくなるはずです

それと同じようなもので実写映画を原作と同じように
作ってほしいと思っても実写化では限界があるので

どうしても同じようには出来ないのです

ならば始めから実写映画単体としてどんな

オリジナル性がそこにあるのかを楽しみにしている
くらいが映画を楽しむためにちょうど
良いのではないかと思うのです

要は映画を楽しむために自分の気持ちを
整えて楽しい気持ちに持っていくその工夫が

大切なのではなないかということです

例えば原作のクオリティと比べて
実写の方が劣っていると判断してしまうと

どうしても実写映画はつまらないとなるわけです

しかしそこで判断を変えてその実写化された
ものをオリジナル映画だと思って見ると
それは意外と楽しめるコンテンツになるわけですよ

つまり楽しむための努力をするという姿勢で

映画を見るのが大切だという話で
2時間の映画を批評しながら見るよりも
その2時間は楽しみながら見れる方が

自分にとっても得な判断だと思います

だって映画は娯楽の一つだから。

だからこそ原作と無駄に比べるのを辞めること。
もっとハードルを下げて見ることが

楽しむためには必要なことではないかと思います

自分の思惑通りに作ってほしいとか
期待を超えてほしいと思っても
作られた映画に自分が何かしらの影響を

与えることは出来ないわけです

自分達が出来ることはただ作られた映画を
見ることしか出来ないわけです

ならばその見るという行為に工夫を施し

自分が納得するくらい楽しめる方法を考えたほうが
良いわけで面白い映画を作ることが
出来ない以上、面白いと思えるような

見る時の気持ち作りあげるべきだと思います

そうすればどんな映画でも楽しめるし
それは映画を見るときの本質に見合った
行為になるのではないかと感じます

映画を見るときの本質とはその2時間の時間を

いかに楽しい時間にできるか?これが
映画を見る目的ではないでしょうか。

人それぞれの思惑があるので全ての人に
当てはまる定義は言えませんが娯楽として
映画を見る以上「楽しむ」と言うのが
本質的な目的になっていると言えます

全く面白くもない映画を見ようとは

誰も思わないですよね?

その時間を貴重な時間にしたいはずです

ならば楽しむという本質から離れないように
時間を過ごすにはどうすればいいのか?を
考えることが大切でありそれはハードルを下げて

原作と比べずに実写単体で楽しむような

取り組みが見るときの気持ちとして大事だということです

こう言う気持ちを持つことが出来れば
それは映画だけではなくゲームも漫画も
ドラマも音楽も友達との遊びも

一人でいる時間も全て楽しめるようになります

本当にこの感覚が身につけば24時間365日

楽しめるような人間になることでしょう
それは人生自体が楽しい人生になるということでもあり

人生の本質にも見合った行為だと感じます

誰だって楽しくない人生を送るよりかは
楽しい人生を送りたいはずです
その思いを達成するための方法はシンプルで

自分で楽しむための工夫をすることなんです

完成された面白い映画を見せてもらうという
受け身の姿勢ではなくもっと積極的な
姿勢としてどんな映画でも楽しんでやろうと

する取り組みが自分の心の中に必要でしょう

そうすれば無駄な時間を過ごすことなく
何だって楽しめるような人間になるのだから
人生の充実感は遥かに上がると思います

本当に面白いと思える数少ない映画しか
楽しめないような人と比べると
どんな映画でも楽しめる人の方が

人生はよりハッピーになるでしょう。

本当に面白い数少ない映画しか楽しめない
と言うのは逆に言うと人生において

楽しいことがあまりないという人なのです

それは残念なことでもありますよね・・・

だから楽しいことを積み重ねて良い人生を送れるように

自分で取り組めるところは色々と
工夫してみることをお勧めします

ではこれで終わりです

一つの意見として参考にしてください

今回のまとめ

映画は楽しめるほうが良い
無駄に比べずにハードルを下げること
楽しめることが多い人生は幸せ

まあこんな感じの話です

どうすればもっと楽しめるのか?
これを考えていればいくつかの方法は

見えてくると思います

例えば映画を楽しむという工夫の一つに
キャラクターの性格や気持ちを考えながら
深い行動原理まで探り考えてみるという

のも一つの楽しみ方だと思いますし

それこそ主人公ではなく悪役の敵に感情移入を

してみるというのもまた違った楽しみ方の
一つだと思います
そこから得る何かしらの学びや気づきが

「楽しみ」に変わるわけですから映画を見る
時の気持ち一つの重要な要素だと思います

では今回は以上です
ありがとうございました。

今回の話をいいね!と思うことができたなら
ポチっと押して応援して頂ければ嬉しいです↓↓


人気ブログランキング

ピックアップ記事

  1. もしも願いが叶うなら何を願うか?
  2. 生きるのがつらい・もう死にたいと思うあなたへ
  3. 成功者の共通点とは中毒のようにのめり込むこと
  4. 今後の未来予想・これからの時代の生き方とは
  5. どれだけ努力して勉強しても結果が出ない人の理由

関連記事

  1. エンタメの話

    レクリエイターズまがねのセリフが名言に感じた話

    どうも、コウスケですレクリエイターズと言う…

  2. エンタメの話

    2018年M-1グランプリの優勝者かまいたち!?

    どうも、コウスケですいよいよ2018年のM…

  3. エンタメの話

    小島瑠璃子の発言から学ぶネットニュースとの向き合い方

    どうも、コウスケです先ほどワイドナショーと…

  4. エンタメの話

    ワンピースの感動シーンから学ぶ感動の作り方とは

    どうも、コウスケです人を説得したり動かそう…

  5. エンタメの話

    映画イブの時間を見た時の感想とこれからの時代の生きかた

    どうも、コウスケですイブの時間と言う映画を…

  6. エンタメの話

    細田守の映画「バケモノの子」から学ぶ親子のあり方とは

    どうも、コウスケです昨日、バケモノの子と言…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

人気の記事

  1. 苦手な人と上手に付き合う方法は自分を無くすこと
  2. 哲学者ソクラテスの名言「無知の知」から学ぶ死生観とは
  3. どれだけ努力しても結果が出ない理由を考えてみた
  4. 一番エロい女は誰なのかを真剣に考えてみた
  5. 努力が必ず報われるとは限らないならどうする?
  1. 知恵になる話

    イチローの名言・本をあえて読まない
  2. 仕事の話

    安定した仕事や収入を得ることは出来ないことなのか?
  3. 哲学の話

    少子化の問題点と改善策はどこにあるのかを考えてみた
  4. 生き方の話

    幸せになるために必要なことは気づくこと
  5. 体の話

    障がい者との正しい接し方とは何なのか?
PAGE TOP