心の話

ストレス体験を何度も経験すればストレスは解消される

 

どうも、コウスケです

ストレスを解消するにはどうすればいいか?

これは現代に生きる僕たちの
大きな問題だと言えます
ストレス社会と言われるくらい抑圧された

この世界でどうやってストレスと向き合っていくのか?

これは考えておいた方が良いでしょう

ここで一つ究極のストレス解消法を
話したいと思いますが究極のストレス解消法は

ストレス体験を何度も経験することです

ストレスでストレスを無くすという
荒療法のやり方があります

例えば学校の入学式もそうだし会社の
入社式もそうですが最初の頃は
緊張もするし学校や会社に行くこと自体が

ストレスになっていたと思います

しかしそれが続けば普通の日常になりそこには

最初の頃、抱えていたストレスは無くなります
日常化して慣れるとストレスは無くなるわけです

こうやってストレス耐性を強くすることも

大切なものでストレスの多いこの社会だからこそ
恐怖や悩みを無駄に作らないような
体質になることが望ましいと言えます

日常のストレスが自分を強くすると思えれば

少々のストレスは受け入れられるようになるでしょう
忍耐力や自制心と言うのは生きていくうえで
必要なスキルであり特に何かを学ぶときには

この性質は必須だと言えます

ストレス耐性を強くするというのは忍耐力や
自制心を強くするというのと同じようなことです

なのでそのためにもストレス体験は必要なんです

例えば子供の頃から習い事をしている
頭の良い子と何もしなかった頭の悪い子を
比べるとストレス耐性に差があるように感じます

優等生とヤンキーと考えればわかると思います

どちらがより怒りやすいか?と考えれば
明らかにヤンキーの方が怒りやすく
彼らには忍耐力は全くないと言えます

それは幼いころからストレスにさらされなかった

ことが問題だと思います

自分の好きなことばかりしているのなら
ストレスに出会うこともないし
そうやって嫌なことから逃れていると

ずっとストレスの悩みを抱え続けるのです

子供の頃の悩みは小さなもので子供が
怒ったり、悲しんだりしている様子を大人が
見ると不思議に思うこともありますよね?

「なんでこんなことで怒るのだろう?」

と思えるようなことで悩んだり怒ったり
するわけですがそれはより大きな
ストレスを知らないから小さなストレスで

すぐに感情的になってしまうわけですよ

その辺の石を宝物にして親にその石を
捨てられると泣きわめく子供はいるわけですよ
でも大人から見ると石なんてその辺で

また拾えばいいし泣くようなことではないと思いますよね?

でも幼いその子には大きな問題であり
石を捨てられたことはストレスなのです

怒る必要のないところで怒り悩む必要のない
とこで悩んでしまうのではやはり
そういったストレス体験の経験不足から

来ていることだと思います

子供の頃は一人で買い物に行くのも緊張したし
知らない人との会話は出来なかったし
電話が来た時に出ることも出来なかった。

これはそういうストレス体験をしなかったから

些細なことでもストレスに感じていたのです
だからこそあえて若い時代にストレスを
多く体験することもまた必要なことで

「あの時と比べれば今なんて・・・」

と思えるような感覚がどこかで必要だと思います
出来ればストレスを感じずに生きたいと
言うのが本音なのでしょうがこの社会でストレスフリーで

生きていくのは難しいものでどこかでは確実に

ストレスが積み重なってしまうわけです
だからこそストレスから逃れるのではなく
あえて受けいれてストレスに強くなることを

考えるのがこの社会で生きるためには

必要な考えなのかも知れません。
今のストレスを受けいれて強くなることを目指し
前向きに生きていくことを考えるのが

今の時代の適切な生き方かもしれないということです

嫌いな人も恐怖体験も予期せぬ不幸も
自分を強くするための必要な体験だと思えば
受けいれることが出来るしそんな嫌な体験を
何度も経験していれば徐々にストレス耐性が

強くなっていくはずです

そうすればストレス耐性が強くなった後の
人生は楽しいものになるのではないでしょうか。

何故ならストレスをあまり感じない人生だからです

ストレスを減らすために必要なことは
実はストレスを多く体験するという
ことであり極度のストレスで負荷に耐え切れず

潰れてしまうのは問題ですが潰れない程度の

負荷であればそれは自分を強くする良い
体験になってくれるはずです

だからこそストレスから逃れるのではなく
受けいれて前向きに考えるというのも
選択肢の一つと考えてみても良いかも知れません

ではこれで終わりです
一つの意見として参考にしてください

今回のまとめ

ストレスを受けいれること
ストレス耐性が強くなれば悩みは減る
多くのストレス体験が自分を強くする

まあこんな感じの話です

極度のストレスを味わうことがあるなら
些細なことでも幸せを感じられるような

体質になるのでそれもまた人生においては

必要な感覚だと思います

例えばホームレスになったとして食べるものも
住むところも失った人が温かい家に
招かれておいしいご飯を食べるとそれは

至福の喜びになることだと思います

それは一般家庭が日常でしているいつもと同じ
体験ですがホームレスから考えるとそれが
至福の体験へと変わるわけですよ

戦後、家族で集まり家の明かりをつけて
白米を食べるだけで幸せを感じれたように
極端なストレスや不幸は僕たちに

幸せの感覚を与えてくれるものなんです

だからこそストレスは全て悪いものではないのです。
ストレスを無くすことは大切ですがいま
そこにあるストレスを簡単に消し去ることは

出来ないのでストレスの存在を受けいれて

自分の都合の良いように扱うことも
また大切な考え方だと思います

では今回は以上です
ありがとうございました。

今回の話をいいね!と思うことができたなら
ポチっと押して応援して頂ければ嬉しいです↓↓


人気ブログランキング

ピックアップ記事

  1. 日大のアメフト部のタックル問題に見る監督としての在り方とは
  2. カズレーザーの名言・夢は叶わない?
  3. 生きるのがつらい・もう死にたいと思うあなたへ
  4. アランの幸福論から考える人生において必要なことは
  5. 今後の未来予想・これからの時代の生き方とは

関連記事

  1. 心の話

    人に響く言葉を語り感動させて他人と自分の人生を変える方法

    どうも、コウスケです人に影響を与えて相手の…

  2. 心の話

    冷たい人間は優しい人間であり愛情がある人でもある

    どうも、コウスケです冷たい人間ってどこかで…

  3. 心の話

    クズな自分が嫌いじゃないと思うことが楽に生きる方法になる

    どうも、コウスケです自分のダメさを受けいれ…

  4. 心の話

    人生の壁にぶつかり悩みを解決できない時の逃げ道を提案

    どうも、コウスケです人生の壁にぶつかり悩み…

  5. 心の話

    ルサンチマンとは何か?ニーチェの言葉の名言とは

    どうも、コウスケです過去の偉人として有名な…

  6. 心の話

    迷いや悩みが生まれる理由はリスクが高い状態になるから

    どうも、コウスケです迷いや悩みが生まれる理…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

人気の記事

  1. 苦手な人と上手に付き合う方法は自分を無くすこと
  2. 哲学者ソクラテスの名言「無知の知」から学ぶ死生観とは
  3. どれだけ努力しても結果が出ない理由を考えてみた
  4. 一番エロい女は誰なのかを真剣に考えてみた
  5. 努力が必ず報われるとは限らないならどうする?
  1. 哲学の話

    死刑制度には賛成・反対?死刑について考えてみよう
  2. 知恵になる話

    何をやってもダメで何一つ成功できない人の特徴とは
  3. 知恵になる話

    教育においての体罰は全く意味がない
  4. おススメ本

    解決できない悩みでうつにならない対処本
  5. エンタメの話

    キングダムの名言・王騎将軍の深い言葉
PAGE TOP