仕事の話

仕事のミスを上司に報告するかどうかで悩んでいる人へ

 

どうも、コウスケです

仕事でミスをしてしまうことはあると思います
その時に上司に報告するかどうかで

悩むということもあるでしょう

報告すれば怒られるかもしれないし出来れば
報告したくないというのが部下の
本音なのではないでしょうか?

こういう時は無理に報告しなくても良いと思います

起きてしまった事実は変わらないわけで
「報告が大事」と言うのはあくまで
会社側の意見でありそれは上司側の報告して
もらいたいという欲求から来ている言葉です

例えば些細な出来事で怒る上司が
いたとしてこう言う人に仕事のミスを

報告すれば確実に揚げ足をとられるわけですよ

些細なミスなら無かったことにしてしまえば
良いだろうし言えば確実に怒られますが
言わなければ怒られないかもしれないわけです

その怒られない可能性にかけるのも大切なことです

なぜなら僕たちはウソをつかないとか

失敗すれば正直に上司に報告したほうが良いという
美徳意識が刷り込まれているので黙って
何も言わないという選択肢を悪に感じてしまいます

でも本当にそうなのか?と言われると

ミスの報告をしないというある種の
正義もそこにあるように感じます
何故ならミスの報告をしなければ上司が

無駄に怒ることは無くなり自分も上司も

快適に働くことが出来るからです
人を怒らせないというのは大切な考えであり
良い職場の空気を作るのも大事なものです

報告をしなければならないというのはあくまで

刷り込みの美意識でありこれは洗脳なんです
言わなくても問題なく進むこともあるし

報告すれば確実に何かしらの罰を受けることが

目に見えているのだからあえて何も言わずに
快適に働ける選択肢は残しておくべきではないかと。
上司の言い分や会社の言いなりになるなら

それもまた間違った行為だということです

会社側の利益のために自分の自己犠牲を
いとわないという選択をするなら
それは国のために死んでいく兵士のような考えです

この考えが道徳的に正しいのか?と言われると

間違っている側面が見えてきますよね?

良く言われることで

「何でもかんでも聞かずに
自分の頭で考えて行動しろ!」

と職場などで言われることがありますが
報告をあえてしないというのもまさに
自分の頭で考えた結果の一つだと言えます

一人で解決できる方法を探すというのも大事なもので

「自分で何とか出来ると思って」
「頼ってばかりではダメだと思ったので」
「自分で考えて行動しました」

と言う前向きな理由があればそれもまた
立派な理由だと思います

会社側が言う理由は勝手な理由であり
そこにいる従業員を虐げるような言い分を
会社は言ってくることがあります

そこには反発する必要性もあるんです

要はミスの報告をした時にその人の

給料からミスの分を天引きするとか
会社側の勝手なやり口もあるわけですよ

それは認められないような行為だと言えます
考えてもらいたいたいのは会社の下に入り

何でも命令を聞くような奴隷契約を結んだわけではない

と言うことを考えてもらいたいところで
あくまで正当な関係性から成り立つ

「労働契約」であるべきです
この契約は正当であるべきなのです

そこに会社側の勝手な意見ばかり押し付けられても

困るというのが正直なところでしょう
職場の環境が良くて上司の人柄が良いなら
仕事のミスの報告に悩むことは無いと思います。

ミスの報告で悩むのは職場の環境が最悪で

上司の人柄が悪い時に悩むわけですよ

こうなるのは会社や上司の責任とも言えます
もちろん自分に課せられている責任もあるので
全て相手の責任だと押し付けるのは

余りにも無責任なことかも知れません。

しかし自分には自分の正当な意見がありそして
正当な立場もあるということは
忘れてはいけないことだと思うんです

だからこそ仕事でミスをしても報告しないという

選択肢も自分たちにはあり報告すれば
確実に無駄なペナルティを受ける
だけのことがあるわけですからあえて何もせず

黙って見過ごすというのも大切だと思います

時にはこういう選択も必要なんです

そうやって何もしないという選択が
快適な職場の空気感につながるということもあります

報告をしない=悪ではなく

報告をしない=善と言う考えも
存在しているということがわかれば
何でもかんでも報告しようとは思わないですよね

面倒臭い上司とは出来るだけ会話を減らして

距離を保つのが大事だと思うので
上手くやり過ごすという発想を持ちましょう
会社側の意見に流されずに自分の意見を

ハッキリ持って対等な関係性を意識することが

必要なことだと思います

ではこれで終わりです
一つの意見として参考にしてください

今回のまとめ

仕事のミスを無駄に報告しない
自分で考えることも大事
会社側の洗脳から逃れること

まあこんな感じの話です

報告すれば確実に罰を受けることがあり
報告しなければ罰を受けない

可能性があるということを認識するべきです

無駄に怒られるくらいなら罰を受けないかも
知れない可能性にかけるというのも
決して間違いではないと思います

上司がミスに気づかずそして何も言われないなら

そのミスは結局、その程度のものだと
言うことで全て報告することが
良いということではないわけですよ

職場には必ず口うるさく面倒臭い人間が
1人はいるものでその人と距離を置き
出来るだけ接しないように心がけるのも

自分のためには必要な行為です

上司の言い分を聞き会社の言いなりになるなら
それは自己犠牲につながる話で自分は

会社の為ならどうなっても良いというのはまさに

奴隷的な思考だと言えます。
この価値感こそ道徳的に間違っていると

言える側面があるわけですからまずは自分の
持っている美徳意識を改めてミスを
報告しない正義もあるという事実に気づくべきでしょう

報告できる環境があればしたほうが良いのでしょうが

したくない心境もあるでしょうから
会社側の勝手な美徳意識で考えるのではなく
個人の人間としての美徳意識をそこに

持ち込むのも必要なことだと思います

無駄に怒られ無駄な罰を受けるならそれは
ミスをして奴隷に対しての制裁のようなものです

そこに向き合い闘う勇気も必要だと言えます

会社と言う集団の美徳意識も必要ですが
またそこにいる個人の美徳意識もあるわけで
個人を大事にする考えも時に大切な

考えでもあるということです

では今回は以上です
ありがとうございました。

今回の話をいいね!と思うことができたなら
ポチっと押して応援して頂ければ嬉しいです↓↓


人気ブログランキング

ピックアップ記事

  1. アニメ僕のヒーローアカデミアで轟焦凍のさりげない名言
  2. あなたの悩みを解決するための方法とは
  3. 友達といて居場所がない時や楽しくない時の対策とは
  4. 武士道とは?武士の生き方から学ぶ人生哲学
  5. カイジ・利根川の名言「金は命より重い」

関連記事

  1. 仕事の話

    仕事の効率を上げる話とミスを減らすための方法とは

    どうも、コウスケです仕事の効率を上げるには…

  2. 仕事の話

    仕事で落ち込んだ時に気分を上げる方法

    どうも、コウスケです仕事で失敗して怒られた…

  3. 仕事の話

    癖が強いのを直せない理由とバカな人の特徴と危険性

    どうも、コウスケです人間には2つのタイプが…

  4. 仕事の話

    職場の人間関係が最悪で疲れた時の改善法とは

    どうも、コウスケです職場での人間関係が最悪…

  5. 仕事の話

    真面目に働く人間ほど社会にとって不必要な話

    どうも、コウスケです真面目にコツコツ働くこ…

  6. 仕事の話

    仕事のストレスを解消する簡単な方法

    どうも、コウスケです仕事上で上司にガミガミ怒らたりすると腹…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

人気の記事

  1. 苦手な人と上手に付き合う方法は自分を無くすこと
  2. 哲学者ソクラテスの名言「無知の知」から学ぶ死生観とは
  3. どれだけ努力しても結果が出ない理由を考えてみた
  4. 一番エロい女は誰なのかを真剣に考えてみた
  5. 努力が必ず報われるとは限らないならどうする?
  1. お金の話

    貯金を貯める方法とお金が貯まる人と貯まらない人の違いとは
  2. 人間関係の話

    平等とは何か差別とは何か考えてみよう
  3. 心の話

    恋人にフラれて落ち込んだ時に立ち直る方法とは
  4. 哲学の話

    幸せに生きるために必要なことは答えをもつこと
  5. 心の話

    愛はお金で買えるのか?真実の愛とは一体何か?
PAGE TOP