哲学の話

幸せになることと不幸を避けることは一つの思考で解決できる

 

どうも、コウスケです

人生の目的とは何か?
それぞれの夢や義務など果たしたいものは

いくつもあるでしょうが抽象度を上げて
一つにまとめるならそれは
「幸せになること」が人生の目的だと

言えるのではないでしょうか。

誰だって不幸な人生を歩みたくないでしょうから

幸せになることを追い求めると思います
ではどうすれば幸せに生きることが出来るのか?

これを考えた時に一つの大切な思考に

行き着いたのですがそれは幸せの幅を
広げて多様な幸せの形を考えることが
大切なことではないかと思うのです

どういうことかと言うと人はどこかで幸せの形を

固定化してしまってるところがあります
「こうあれば幸せ」と言うように
幸せをある一定条件、満たさないと達成できないような

そういう思考で考えているわけです

でもこれは逆に言うなら不幸を招く思考であり
そこにはリスクもあるわけです
何故ならその幸せに到達できなければそれは

不幸になってしまうからです。

例えば結婚すれば幸せだと思っている
人はこの世の中に多いと思います

これもある種の幸せの固定化でありこれを

逆に言うと結婚できないと不幸だということになります

となると結婚したら幸せだと固定化した
価値観によって結婚できない不幸を生んでしまった
わけでここには多様性が無いのです

だから幸せになることが難しいんですよ

なぜならこの場合は結婚したくても出来ない人は
全然、幸せになることが出来ないから。

もしも幸せの形に多様性を持たすことが出来れば
結婚してもできなくてもどちらでも幸せと
思うことが出来、幸せの幅が広がるわけです

「こうあれば幸せ」と思うよりも
「どうあっても幸せ」と思える方が

よっぽど幸せに近くなるということなんです

つまりプラスの出来事とマイナスの出来事と言う
価値観を無くしていくことが大切だと
言うことでプラスになれば幸せでマイナスになれば

不幸だと思わないようにすることが大事です

プラスが無くても幸せでありそして
マイナスになっても幸せで
プラスがあるならそれもまた幸せと言える方が

人生の充実感は圧倒的に違います

友達がディズニーランドに行ったり
彼氏・彼女とデートしたり
お金があったり結婚していたりする人を

うらやましく思うことがあるでしょう。
そんなうらやましいことを繰り返している友達と

比べて自分は何もないことに絶望し
不幸だと決めつけてしまうことがあるんです

でもその不幸は自分の思考から生まれた不幸で
あってその状況で楽しめるならそれは
不幸ではなくシンプルな「幸せ」なんですよ

問題は自分の思考の問題です

遊びに行ったりデートに行ったりすれば
自分一人の時間が無くなるわけで
家にいながら一人で本を読みながら時間を
使うのもまた良いものだと思うんです

どこかで他人とのつながりを必要以上に求めたり

表面的な姿かたちを求めてしまうことが
あるわけですがデートに行って楽しめないなら

それはまた不幸なことだと思います

一番重要な本質の話をするならそれは

心の中の充実感が必要なわけでそれを
作るために必要な思考とは

幸せの多様化を図るように考えることなんです

要は強い執着を持たないようにすることが大事で
夢や憧れや希望など抱いた時にそれぞれの幸せの形が
生まれるのでしょうがそれを大事にしすぎるのも

また問題だということです

なぜなら希望は絶望に移り変わる可能性があるからです

だから程よく手放すことが大事でどれだけ夢のために
努力しても夢が叶わないことは往々にして
あるし誰かに憧れてもその人みたいに生きられないのが

現実だということは理解するべきです

それによって絶望を感じ不幸の扉を開いてしまうので

「こうあるべき」と決めるよりも
「どうあっても良い」と思うほうが

より自分をラクにさせてくれます
人生の目的は幸せになることだと冒頭でも
言いましたがこれは裏を返すなら

不幸にならないことだとも言えるわけです

だからこそ、その不幸を避けるような考えも大事で

幸せを追い求めるならそこには不幸と言う
落とし穴にハマってしまう危険性が
あるというのをちゃんと認識しておいてください

その認識を持ち強い執着を抱かずに

適度なバランスで生きることが出来れば
世界はもっと明るく見えるでしょうし
日常にあるなんでもないような幸せを享受できる

体質へと変わっていくことだと思います

環境も大切だと思いますが表面的な姿かたちだけに

幸せを求めるのではなくもっと多様化した
幸せの形を考えていくことが
生きていくうえで必要なことかも知れません

ではこれで終わりです

一つの意見として参考にしてください

今回のまとめ

幸せの形を多様化する
不幸にならないことが大切
どうあっても良いと思うこと

まあこんな感じの話です

世の中の一般大衆に合わして物事を
考えるならそこには必ず固定化された

価値観で悩まされることがあります

だから大衆に合わさないというスタイルが時に

必要であなたはあなたなりの幸せの形を
模索していくことが必要だということです
人に合わさないというのは勇気のいることですが

決して他人の生き方を否定せずに

自分は自分で他人は他人と割り切れば
そこまで他人の考えを気にしなくて良くなります

ニートだろうと
未婚だろうと
中卒だろうと
童貞や処女だろうと

どうあっても良いと思うことが出来れば
また違った生き方が出来るようになると思います

「ニートで良い」と思うとそれはニートを
肯定しそれこそが幸せなんだという価値観になり
それもまた固定化された幸せになるので

「ニートでも良い」と思うことが大事なんです

「働こうがニートだろうが何でも良いよね」

こう思えることが幸せの多様化だということです

では今回は以上です
ありがとうございました。

今回の話をいいね!と思うことができたなら
ポチっと押して応援して頂ければ嬉しいです↓↓


人気ブログランキング

ピックアップ記事

  1. スピードワゴン小沢の甘いセリフが名言ばりに深い話
  2. アニメ僕のヒーローアカデミアで轟焦凍のさりげない名言
  3. 成功者の共通点とは中毒のようにのめり込むこと
  4. 今後の未来予想・これからの時代の生き方とは
  5. 生きるのがつらい・もう死にたいと思うあなたへ

関連記事

  1. 哲学の話

    少子化の問題点と改善策はどこにあるのかを考えてみた

    どうも、コウスケです少子化の問題点とは何か…

  2. 哲学の話

    日本人の奴隷的思考の危険性と常識を疑う必要性

    どうも、コウスケです自由とは何か?こう考え…

  3. 哲学の話

    幸せになれる人と幸せになれない人の違いとは何か

    どうも、コウスケです今回は幸せになれる人と…

  4. 哲学の話

    結婚して幸せな人生を送ることは本当に可能か?

    どうも、コウスケですこの世の中では価値観が…

  5. 哲学の話

    哲学者、ソクラテスの「無知の知」から考える正しい生き方

    どうも、コウスケです昔の偉人で哲学者として…

  6. 哲学の話

    嫌なことでも頑張れる人と頑張れない人の違いとは何か?

    どうも、コウスケです頑張らなければならない…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

人気の記事

  1. 苦手な人と上手に付き合う方法は自分を無くすこと
  2. 哲学者ソクラテスの名言「無知の知」から学ぶ死生観とは
  3. どれだけ努力しても結果が出ない理由を考えてみた
  4. 一番エロい女は誰なのかを真剣に考えてみた
  5. 努力が必ず報われるとは限らないならどうする?
  1. 生き方の話

    人生が上手くいかない人と上手くいく人の特徴とは
  2. 知恵になる話

    何もできないダメ人間ができる人間に変わる方法
  3. 知恵になる話

    和佐大輔のメルマガの評判はどうなのか?
  4. エンタメの話

    面白いアニメにはある共通点があった
  5. エンタメの話

    2017年キングオブコント優勝者はかまいたち!
PAGE TOP