哲学の話

浄土真宗の開祖・親鸞の唱えた他力本願の本質とは

 

どうも、コウスケです

仏教の世界で他力本願と言う言葉がありますが

これは浄土真宗の開祖である親鸞が
唱えた言葉だそうです

他力本願とは分かりやすく言うと「他人を頼る」と
言うことで自分の力で何とかしようと
せずに全て他人に身をゆだねるようなことです

一見、情けないような言葉でもあり

あまり良い意味に聞こえないのですが意外と
この他力本願と言う言葉は現実世界の

本質を捉えているような気がします

何故なら人は自分一人では何もできないからです
残念なことに一人の力なんてたかが
知れていて意外と人は無力なんですよ

力のある人もいるでしょがそれは他の人の

存在がいるからその力が成り立っている
だけでその力もまた他人を頼ったものなんです
例えば会社の上司は権力があり
力がある人のように思いますよね?

でもそれは部下と言う存在がいるから初めて

上司と言う立場が成り立つのであって会社と言う
場所が無ければその人は上司として

その力をふるうことが出来ないわけですよ

それは政治家も一緒です

応援してくれる有権者がいて国家と言う
土台の上で政治家が存在しているだけなんです

となるとその力はその人だけで
成り立っている力ではないということになります
必要なものは自分以外の他の存在です

例えばサッカー日本代表に絶対的な
エースストライカーがいたとしましょう

サッカー界の最高峰でもあるクラブチーム
レアルマドリードでプレイしてそこでエース
ストライカーとして活躍しその選手さえ

いればどんなチームも優勝できると言われるくらいの

サッカー選手がいたとしても実際は
その人、一人では何もできないんです

サッカーは結局チームスポーツであり
他の10人の選手がそれぞれの力を発揮しないと
どれだけ優秀選手が一人いても

それは試合には勝てないんですよ

みんなが何もせずに試合を諦めてただ
棒立ちでいるならエースストライカーが
どれだけ頑張っても勝てないということです

そこにはチームの協力が必要であり

エースストライカーとして活躍できるのは
他の選手が力を貸してくれるからなんです

他の選手が必死で守ってくれて良いパスを

エースにつなげてくれるからその
絶対的なエースが活躍できるわけですよ

それこそ延長戦でも決着つかずに

PKになれば自分の出番はごくわずかであり
後は他の選手の活躍を祈ることしか
出来ないわけです・・・

これが現実であり世の中の本質は

他力本願なのではないかと思います
要は他力本願と言うのは他人の存在が欠かせない
のは明白なんだから自分の力だけで

なんとかしようとするのは意味がないよ。

と言う話であって世の中は自分と他人が
関係しあって成り立っているわけです
自分を生かすも殺すもそれは他人次第なんです

だからこそ他人の力を頼ることが大切であり

最後には頼らざる得ない状況があるんです
芸能界で成功しようと思っても
個人で活動していくのは限界があります

個人で活躍できるのはよほど才能のある人であり

基本的には力のある事務所に入り
その事務所からのバックアップが必要になります

そうやって事務所の協力があるから

芸能界で売れるわけでそこには自分の
力だけではなく事務所の人や
テレビ局の人や応援してくれるファンなどの

存在が必要不可欠なわけですよ

だからこそ冒頭でも言ったように自分一人の
力なんてたかが知れているんです
他の存在が結果を補ってくれているという事実に

目を向けるべきだと思います

そしてより大切なのはこの事実を踏まえた上で

自分の出来る範囲でベストを尽くすこと。
この考えがすごく大切で

「結局、世の中は他力本願で
自分一人の力なんて大したことないから

頑張らなくても良いか。」

となってしまうならそれは問題です
何故ならあなたも世の中の一部だからです

あなたも全体の結果に反映される存在なんですよ

どれだけ他の選手が努力しても
エースが点を取らなければ試合には
勝てないしどれだけ事務所の人が努力しても

自分の個性を磨かないと芸能界では

売れないのと一緒です。
あなたも結果を出すために必要な存在であり

あなた自身の努力も必要になるわけです
ただあなただけの努力で何とかなるという
問題ではないということです

だから僕たちが考えていかないといけないことは

努力しても自分の力だけではどうにもならないという
現実を踏まえながらその世界で自分の出来る
ベストの努力を費やしていくことが大切なのです

その努力が他の誰かと上手くかみ合ったときに

ひょっとしたら良い結果が出るかも
知れないと思いながら日々、精進していくことが
求められているのではないかと思います

自分の人生も結局は他人が大きく関わっている

わけで「人生を変える」と意気込んでも
自分一人の力だけで何も変わらないかもしれません
しかし自分の人生に自分が大きく関わっている
事実もあるわけですから自分の努力もやはり

必要なものなのです。

自分と他人の関係性が上手くかみ合うことが
大切であり全体を作りあげている一部が
それぞれ上手くかみ合って回り始めることで

大きな変化が生まれてくるんです

全体を作るのは細部の一部なわけで
その小さな一つの存在を良いものにすることには
大きな意義はあるんです

それぞれが良くなれば必然的に

全体も良くなっていくことが期待できるからです

ではこれで終わりです
一つの意見として参考にしてください

今回のまとめ

世の中の本質は他力本願
一人の力なんてたかが知れている
ただ自分の努力も大切

まあこんな感じの話です

要は人事を尽くして天命を待つという
ような感覚が必要だということで

やることやったら後は結果に身をゆだねて

訪れる事実を受けいれることが大切です
それは自分の思いとは裏腹に
悪いものになってしまうかも知れませんが

それは他の何かの影響が悪かっただけです

そうなってしまってはそれはもうしょうがないと
割り切ることが大切なのではないでしょうか。

その結果を自分でコントロールすることは

出来ないわけで世界を自分の思い通りに
することは出来ないので世界の事実を受けいれた
上で自分の出来ることに没頭するのが

あるべき姿だと思います

では今回は以上です
ありがとうございました。

今回の話をいいね!と思うことができたなら
ポチっと押して応援して頂ければ嬉しいです↓↓


人気ブログランキング

ピックアップ記事

  1. 幸せになるために必要なことは気づくこと
  2. 成功者の共通点とは中毒のようにのめり込むこと
  3. スピードワゴン小沢の甘いセリフが名言ばりに深い話
  4. 日大のアメフト部のタックル問題に見る監督としての在り方とは
  5. どれだけ努力して勉強しても結果が出ない人の理由

関連記事

  1. 哲学の話

    偉い人から教わっても体感で理解できないと意味がない

    どうも、コウスケです何かを学ぶときに大切な…

  2. 哲学の話

    資本主義とは何か?生きる上で考えなくてはならないこと

    どうも、コウスケです「真面目に働くことは良…

  3. 哲学の話

    嫌なことでも頑張れる人と頑張れない人の違いとは何か?

    どうも、コウスケです頑張らなければならない…

  4. 哲学の話

    正義とは何か?悪とは何か?正しさとは

    どうも、コウスケです今回は少し難しく深い話…

  5. 哲学の話

    現実に絶望して夢も希望もない人が輝ける世界はあるのか?

    どうも、コウスケです嫌な仕事をやり続けたり…

  6. 哲学の話

    幸せに生きるために必要なことは答えをもつこと

    どうも、コウスケです幸せに生きるために必要…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

人気の記事

  1. 苦手な人と上手に付き合う方法は自分を無くすこと
  2. 哲学者ソクラテスの名言「無知の知」から学ぶ死生観とは
  3. どれだけ努力しても結果が出ない理由を考えてみた
  4. 一番エロい女は誰なのかを真剣に考えてみた
  5. 努力が必ず報われるとは限らないならどうする?
  1. 仕事の話

    脳疲労を改善すると最高の結果を出す!
  2. エンタメの話

    島田紳助さんの名言・XとYの法則とは
  3. 生き方の話

    人生が上手くいかない人と上手くいく人の特徴とは
  4. エンタメの話

    面白い人が好きなあなたに紹介する2人の人物
  5. お金の話

    FXで稼ぐには10年はかかるから辞めろ
PAGE TOP