心の話

休みの日の予定に遊ぶことだけを考えるなら退屈になる

 

どうも、コウスケです

休みの日の予定は何を入れていますか?
もし休みの日にすることが無く遊びをメインに

考えているなら退屈な人生になるのではないか?

こう思うところがあります。
何故なら「遊び」と言うのは暇だから

他にすることが無く仕方なく遊びを選んでいる。
こう言う一つの側面があるからです

もし遊ぶことを絶対的な目標にしていたら
誰と遊び?どこに行き?どんなことをして?
どのような楽しい時間を過ごすのか?などここまで
考えて目的を持って遊びに歩み寄っているはずです

もしそうだとするなら何も言いませんし

それは退屈からは程遠いものになるでしょう
何故ならそれは「遊び」と言う目標を達成する
ことに必死にコミットするからです。

でも遊びを暇つぶしと同一で考えているなら

それはいずれ退屈が訪れる・・・
だって大した目標が無いから。

目標を持たずに生きるなら暇を持て余しそして
空いた時間をなんとか遊んで埋めるしかないのですよ

要は他にすることが見いだせない人間が

遊びに歩み寄っているということ。
遊ぶことを人生の意義にしてそれこそが
何よりも大事なものだというのならそれ自体が

目標なのでそれでいいとは思います

しかし遊ぶということは時間やお金を消費します
その消費の積み重ねが後悔につながらないか?
これをもう少し真面目に考えるべきではないかと。

例えば受験を控えている人間が遊びに行くのか?

と問われたときにたぶん遊びに行かないですよね。
それは合格と言う目標があるからこそ、そこを
一番に考えているため遊びよりも勉強を優先するわけです

例えば仕事が好きな人や社会を変えたいと思っている人も

同じように遊ぶことをしないと思うのです
遊ぶことよりも働くことに意義を感じていて
そこに何かしらの目標があるから

遊びの優先順位は下がるわけです

決して遊ぶことを否定しているつもりはないですが
考えてほしいのは退屈と言う悪魔から逃れる
為には自分たちはどうすればいいのか?

これを考えるべきなのではないかと思うのです

誰だって退屈な時間は過ごしたくないでしょう。
出来るなら有意義な時間を過ごしたいと思うでしょうし
人生を楽しんで生きたいと思うはずです

しかしその楽しみを「遊び」に見出していると

実は暇になってしまうという悪循環があるのです
ストレス解消のためにタバコを吸うのと一緒で

「それをすると体を悪くし余計にストレスが溜まるよ」

と言える話であって遊ぶことばかり
考えて生きるなら実は満たされない人生になる。
友達とキャンプに言ったり、ディズニーランドに言ったり
ゲームをしたりカラオケに足を運んだりと

遊んでばかりの人生は実はむなしいものなんです

それは暇の裏返しでもあるから。

「遊びまくってめちゃくちゃ充実しています」

と言う人間は裏を返すと遊ぶことしか出来ず
遊んでいないと暇な時間があまりにも
多いからその時間を埋めるために遊びの予定を

無理やりにでも入れているということです

こう言う一面があるという理解が必要かなと。

何度も言うように決して遊ぶこと自体を
否定しているつもりはありません
ただ目標が無く他にすることが無いから暇つぶし

感覚で遊んでいるなら目標を見つけたほうがいいのでは?

と思う話で遊ぶことが決して悪いことではなく
退屈になることが悪いことなのです
そして遊ぶことで退屈から離れようとしても

実際はそこまで離れることが出来ないということ。

常に遊びの予定を入れていないとダメなのですが
遊びも同じことばかりしているとすぐに
飽きてしまうし次から次へと別の遊びに移行

していく必要があるわけですよ
そしてやがては何をしても楽しくない感覚に陥る。

こうなると誰と、どこで、何をしても退屈なんです

遊んでばかりでいると満たされない気持ちになってくる。

人は好きなことばかりしているとなぜか
満たされにくい体質になってしまうのです・・・
好きな人と遊んでもその人と毎回、一緒にいれば

その人自身の価値が薄れるのと一緒であり

同じゲームを一生できないのと同じようなことです。
好きなことはすぐに飽きるし満たされるのが
早いがゆえにすぐに退屈が襲ってくるのです

だからこそ人生の中で何かしらの目標が必要で

目標があればそれは暇から遠ざかることになるわけです
受験を控えた学生が合格と言う目標を目指すように
高校球児が甲子園を目指すように、また起業家が

社会に新たなイノベーションを生み出すことを

目指すように何かしらの目標があれば
わざわざ遊びに歩み寄らなくてもいいんです
遊び以外のことでも退屈から遠ざかることが出来

それは目標を持つことで可能になる。

だから目標を持つことは大事かなと。

例えば僕の場合は毎日、記事を1記事アップする。
と言う目標がありブログを続ける意味は
世界のたった一人でも誰かにとって有益な情報を届けること。

こう言う目標を持っているからなかなか

退屈と言う感覚に陥らないんです
何故なら有益なブログ記事を書くという
目標が自分の中にあるから。

だからそこに時間を費やすことが出来る。

そして遊びと言う娯楽も自分の中にあるので
ブログの更新で疲れた時には息抜きとして
少し遊びの方に歩み寄ってみる。

こう言う循環があれば自分の目標と息抜きの遊びを

行ったり来たりするので退屈にはほぼならないんです
実際、ここ数年でほとんど学生時代のような
遊びは経験していないのですがそれでも僕に

退屈と言う感覚はありません

常に何かやることがあれば退屈には
ならないし目標を持つことで忙しくなるんです
それは充実感にもつながる話でもあり

人生を楽しむためには遊ぶことばかり考えるのではなく

何かを乗り越えるような目標を持つほうが
より人生は楽しめるのではないかと思います。

ではこれで終わりです

一つの意見として参考にしてください

今回のまとめ

遊んでばかりいては退屈になる
目標を持つことが大事
目標は充実感を呼ぶ

まあこんな感じの話です

人生には多少の負荷は必要だと思います
その方がより充実感を感じます

苦労した先の目標達成の時の喜びが計り知れないのと

一緒で負荷をかけることでより
充実感や喜びを人は感じ取るわけです

例えば部屋の掃除一つにしてもそうですが

掃除をするまではすごく面倒くさいし出来れば
やりたくないと思うわけですよ
でも実際に掃除することを決断し掃除が終わり部屋が

綺麗になったのを見ればそれは至福の喜びになる

さっぱりした部屋を見るのは気持ちが良い。
そうやって困難の先の幸せを追い求めたほうが実は
多くの充実感はあるのではないかと。

そう感じるのでやはり人生に目標は必要だと思います

遊び自体を目標にすることでも良いと
思いますが空いた時間があるから誰かと
遊ぼうと思うのではなく空いた時間は

自分の目標を達成するための時間にしましょう

そうすれば退屈とは無縁の人生になるはずです

では今回は以上です
ありがとうございました。

今回の話をいいね!と思うことができたなら
ポチっと押して応援して頂ければ嬉しいです↓↓


人気ブログランキング

ピックアップ記事

  1. どれだけ努力して勉強しても結果が出ない人の理由
  2. もしも願いが叶うなら何を願うか?
  3. カイジ・利根川の名言「金は命より重い」
  4. アニメ僕のヒーローアカデミアで轟焦凍のさりげない名言
  5. アランの幸福論から考える人生において必要なことは

関連記事

  1. 心の話

    ストレス体験を何度も経験すればストレスは解消される

    どうも、コウスケですストレスを解消するには…

  2. 心の話

    嫌な思い出や記憶を忘れることは自分にとって損なこと

    どうも、コウスケです生きていれば必ずどこか…

  3. 心の話

    嫌な出来事やストレスを無くすための大事な考え方とは

    どうも、コウスケですついここ最近ツイッター…

  4. 心の話

    楽しくない人生に疲れた時に元気を出す方法とは

    どうも、コウスケです何をやっても上手くいか…

  5. 心の話

    ソフトバンク川崎宗則が病気で退団!引退はあるのか?

    どうも、コウスケですソフトバンクの川崎宗則…

  6. 心の話

    ルサンチマンとは何か?ニーチェの言葉の名言とは

    どうも、コウスケです過去の偉人として有名な…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

人気の記事

  1. 苦手な人と上手に付き合う方法は自分を無くすこと
  2. 哲学者ソクラテスの名言「無知の知」から学ぶ死生観とは
  3. どれだけ努力しても結果が出ない理由を考えてみた
  4. 一番エロい女は誰なのかを真剣に考えてみた
  5. 努力が必ず報われるとは限らないならどうする?
  1. お金の話

    サラリーマンでも主婦でもスマホ1つでお金を稼ぐ方法
  2. お金の話

    iPhoneやFacebookが成功できた理由とお金稼ぎの極意とは
  3. 知恵になる話

    プロパガンダとは情報操作のような怖いこと
  4. 仕事の話

    結果を出すには腹を決める覚悟が必要
  5. 体の話

    スポーツで結果を出すための考え方とは?
PAGE TOP