人間関係の話

彼氏・彼女から突然嫌われてしまう原因はどこにあるのか?

 

どうも、コウスケです

彼氏または彼女から突然、別れを切り出された。
何故か最近、冷たくなって昔は仲良かったのに

ここ最近、急に嫌われだした・・・

その理由がわからないし原因はどこにあるのか?
なぜ嫌われるようなことになったのか?

こんな悩みを持っている人はいると思います
この悩みに対して僕なりの見解を述べていこうと
思いますがまず人は常に二重人格であるという

前提を知っておく必要があると思うのです

彼氏・彼女が自分のことを好きだと思って
くれていると同時に実はその裏には「嫌い」と言う
感情も潜んでいるのですよ

「優しい」裏には「冷たい」ところがあり
「好き」の裏には「嫌い」があり
「明るい」裏には「暗い」があるんです

人のことを判断するときには表層的に見えるところ

だけを見るのではなく潜在的に隠れている
感情の部分も把握しないと
適切にその人の性格を見ることは出来ないのです

常に人は2重人格でありどちらかの

顔を表に出しているだけだと知っておくことです
理性と感情があるように人は悪と正義を

持ち合わせていてどちらか一つだけと言うことは無い。

例えば彼女・彼氏とデートをしましょうと
なった時に楽しみの反面どこかめんどくさい気持ちに
なったり行きたくない気持ちになることも

時にはあるはずです

でもこの気持ちを前面に出してしまうと相手に
不快な気持ちをさせることになるのでそれを

ひた隠しにするわけですよ

そうやって一方の気持ちを押し殺して
表面的な感情で相手と接するのです

その表面性を相手自身だと思うとそこには誤解がある

自分とのデートを楽しんでくれて笑顔で
ずっと一緒いてくれたからこのデートは良い
デートになったと思うならそこには

間違いもあるわけですよ。

だって相手はその時に無理して付き合っていたから。
好きだから我慢していただけで確実に相手の

中ではストレスが溜まる行為があったわけです

確かに楽しい気持ちもあったのかもしれないけど
でもそれは楽しいだけではなくめんどくさいとか
辛いとかそういう感情も同時に存在していたんです

そして負の感情は押し殺して隠すようにするから

相手に見えずにその存在に気づかない
相手の中にいるもう一人の相手の存在を
気にしないせいでどこかでトラブルになるわけですよ

「実は俺、お前のこと好きじゃないんだ・・」
「私あなたと一緒にいても楽しくないの」

何てことを急に言われるようになってしまったり
するのですがこれは好きと言う感情がいきなり
嫌いに変わったわけではなく元々、存在していた

「嫌い」と言う感情が表に出てきただけなのです

つまり好き→嫌いに変化したのではなく
好きが薄れて嫌いが浮かんできただけで

急に嫌いになったとかそんな話ではないんです
元々、嫌いだったんだよと言うこと。

優しい人が突然、冷たくなるのも同じようなもので
元々どこかで冷たい感情を持ち合わせている
のが人であり相手のことが好きという気持ちが強いから

優しく接するように心がけるわけですよ

でもその人が完全に優しい人間なのか?と言われると

決してそんな人間ではなくそれは一面的に
優しさが見えるだけで根本的な部分で
その人は冷たさを持っているわけです

好きな気持ちが弱まれば冷たい部分が
前面に浮かび上がってくるようになるわけです

表面的な部分に浮かび上がってくると

その人は急に冷たい人間になったように感じる。
でも優しい人から冷たい人に変わったわけではなく
冷たい人もその人の中にいて優しい部分が薄れて

冷たさが浮かび上がってきたというだけの話です

元々その人の中にあった感情だという
ことを理解することが大事です

どこかで人は反対の気持ちを持っているもので
白黒で物事をはっきり語れるようなものではなく
感情とは常にグレーゾーンなのです

好きな気持ちもあるけど嫌いな部分もあるし

でも好きの方が大きいから一緒にいたい。
こう言う気持ちでお付き合いが続く。

嫌いが増えれば嫌いになるのは簡単に理解できますが

好きが減っても嫌いになるわけですよ
要は人はより大きい割合を占める感情を
表に出すということで小さな割合の

感情は心の中に隠してしまうのです

だから別の感情に対して気づくことがなかなかできない。

でもそこにはちゃんと感情があってどこかで
表層的なところまで浮かび上がる可能性があるわけです
そこには気を付けないといけないし人は
常に2重人格だと理解して人のことを一面的なところだけで

判断しないということが重要です

「昔はそんな人じゃなかった・・・」

と言う言葉には間違いがあるわけで昔から
そういう人だったんだよと言うこと。
ただ表には出してなかったからそういう人だと

気付けなかっただけなんですよ

2重人格どころか3重人格、4重人格と言えるくらい
人の性格には多面的なところがあり
人の性格を正しく判断することは難しいものです

だからこそ完全に把握できなくてもまずは

潜在的な感情があるという理解をすること。
こう考えればまた相手への気遣いに変化が生まれます

「あいつはこれが好きだからな」
「あの人はこれさえあれば良いのよ」

と言う感覚でプレゼントを渡したり
相手に何かをしてあげることがあると

思いますがこれはまさに一面的なところだけで

判断している行為なのです
その行為が相手にとって負担になることもある

「たまには別のものが欲しいな」
「こればかり続くと嫌になるな・・・」

と思うことも正直あるわけです

「仕事が好きだからバリバリ働きたい!」

こんなやる気を見せる従業員も中にはいるでしょうが
同時に「働きたくない」気持ちも持っている。
こんな人に対してバリバリ働きたいという言葉だけを

信じてめちゃめちゃ働かせるならその人は

仕事が嫌いになってしまう可能性もあるわけです
だから適度に休ませることも大事。

こういう潜在的な感情にも気をつかうようにして
所々で探りを入れていくことが大事かなと。
全く別の感情を相手にするということは
全く違う相手と接するようなモノなので

難しいところがあるわけですがそういう部分も

意識を向けることによってまた人付き合いの
仕方も変わるでしょうしより深く

相手のことを理解できるようになると思います

ではこれで終わりです
一つの意見として参考にしてください

今回のまとめ

人は常に2重人格
潜在的な感情に目を向けること
より大きい割合の感情が表にでる

まあこんな感じの話です

好きだからと言ってずっと近くにいると
嫌いな部分が見えてしまうリスクが高まり

好きが薄れて嫌いが浮かび上がる可能性があるわけです

だからこそ近くに居続けることを改めて
程よい距離感を保つのも大事なこと。
そうやって適度なお付き合いの形を考えるべきかなと

常に表面には見せない感情がどこかにあると思い

その潜在的な感情を考慮することが
長く良いお付き合いの形だと思うのです

では今回は以上です
ありがとうございました。

今回の話をいいね!と思うことができたなら
ポチっと押して応援して頂ければ嬉しいです↓↓


人気ブログランキング

ピックアップ記事

  1. カイジ・利根川の名言「金は命より重い」
  2. 武士道とは?武士の生き方から学ぶ人生哲学
  3. アニメ僕のヒーローアカデミアで轟焦凍のさりげない名言
  4. もしも願いが叶うなら何を願うか?
  5. 幸せになるために必要なことは気づくこと

関連記事

  1. 人間関係の話

    女性との正しい付き合い方が分からない人へ

    どうも、コウスケです「女生との付き合い方が分からなくて困る・・…

  2. 人間関係の話

    恋愛は見た目が大事で中身はどうでもいいのか?

    どうも、コウスケですTwitterのあるつ…

  3. 人間関係の話

    嫌いな母親との上手な付き合い方の方法とは

    どうも、コウスケです母親と上手くかみ合わずに親子関係がギク…

  4. 人間関係の話

    親から子、上司から部下への正しい教育法と関係性の話

    どうも、コウスケです先ほど「バケモノの子」…

  5. 人間関係の話

    恋愛の仕方が分からない?恋の悩みを解決する方法とは

    どうも、コウスケです恋愛の悩みは世の中的に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

人気の記事

  1. 苦手な人と上手に付き合う方法は自分を無くすこと
  2. 哲学者ソクラテスの名言「無知の知」から学ぶ死生観とは
  3. どれだけ努力しても結果が出ない理由を考えてみた
  4. 一番エロい女は誰なのかを真剣に考えてみた
  5. 努力が必ず報われるとは限らないならどうする?
  1. 心の話

    努力すれば成功できると思わないほうが良い理由
  2. 心の話

    楽しくない人生に疲れた時に元気を出す方法とは・後編
  3. 仕事の話

    仕事のストレスを解消するための方法とコツとは
  4. 人間関係の話

    目障りな人と上手く接するための対処法とは
  5. 知恵になる話

    教育においての体罰は全く意味がない
PAGE TOP