哲学の話

愛国心は必要なのか?愛国心を持つことは悪なのか?

 

どうも、コウスケです

「あなたはこの国を愛してますか?」

こう聞かれると愛していると言える人は
今のこの日本では少ないでしょう

「愛国心」と言うフレーズを聞くと嫌悪感が
走る人も中にいるでしょうし右翼的な
イメージが強くあまり良い感じがしないものです

確かに過去の戦争ではお国のために死んでいくという

思想が強く今の時代ではそれは間違いだと
言う否定的な意見が主流なので愛国心と言う
フレーズに違和感を覚えるのも仕方ないことでしょう

天皇陛下に忠義を尽くしてお国のために命を落とす。

これを良しとしていた時代が戦争時代にはあり
その思想により多くの人間が犠牲になりました

だから今の日本では愛国心は良くないモノ。

こう言う価値観が強く根付いているのです
ただこの愛国心を国に忠義を尽くして自己犠牲の
果てに成り立つ国家を目指すという定義から
改めもっとシンプルに自分の国のことを誇りに思い

社会をもっと良くしていこうという気持ちを持つこと。

これを愛国心と呼ぶならその愛国心は
個人が前向きに生きてくためにも必要だと思うのです

生きる上ではどこかで目的が必要で

何のために生きるのか?この問いかけがあるわけですから
この問いに答えられような人生の目的は
どこかであったほうが良いと言えます

その時に社会をもっと良くしていくためにとか

もっと日本が良い国になるためにと言う
気持があればそれが生きる原動力になる。
だから愛国心を持つことは生きる上でも必要だと

言える部分もあるわけですよ。

もっと前向きで今の時代に合った愛国心を持つなら

決して悪いことではないしそれで前向きになり
個人や社会の課題を解消していこうという姿勢に
繋がるのなら愛国心には必要性すら感じます

だから愛国心を持つというのは決して

悪いことではないんです
過激な思想につながらなければ

愛国心とは良いものでもあるんですね

そして愛国心の定義を、他者を思いやり
社会をもっと良くしていくことにコミットすることや

この国を誇りに思うことだと定義するなら

既に日本人には愛国心があるではないか?
こう言う疑問が生まれてくるんです

だってこの国のことを思って活動している
人たちは多くいるし他の国よりも日本の国の方が好きで

「日本人の誇りにかけて」なんて言葉を言われると

どこかで共感してその意見に賛同できるわけです
こう言う気持ちは愛国心から来ているのではないかと。

僕たちは言葉に置き換えて

「この国を愛しています」
「日本を誇りに思っています」

と言う言葉を発することは無いけど行動で
現れているメッセージには確かに愛国心はあると言えます
潜在的な部分で愛国心的なものが存在するわけです

例えば規範意識が高くルールを守り全体の
秩序を大事にする意識はまさに愛国心に近いです

何故なら個人よりも集団を大事にする精神がそこにあり

それは個人よりも全体を大事にしているという
側面が日本人にはあるからです
そしてそれは決して自己犠牲で終わる悪いものでもなく
人々が法律を守り違法なことをしないから他国に比べ

治安の良い国が生まれているわけでこの国には

立派な秩序が存在し多くの人間が生きやすい
社会が誕生していると言えます
皆がちゃんとルールに従って行動するから一人一人も

生きやすい秩序ある世界が生まれるわけで

無秩序な国家ほど怖いモノは無いのです
世界ではスラム街が存在し
無法地帯と言えるような混沌とした場所は存在します

そこには個人のことしか考えない

自分勝手な人間たちばかりでいつ自分が
危害を加えられるかわからないそういう世界です
こんな世界で穏やかに生きられますか?

と言う話でいつ人殺しにあうかわからないし

いつ自分の大事なものが奪われるかわからない
混沌とした世界で生きたいとは思わないでしょう

この国は治安が良く秩序があるから

すごく住みやすい良い社会が生まれるわけで
それは個人が他者のことをちゃんと思いやる精神が
行動に反映されて全体の平和につながるのです

これは良い国を作るためにルールを守ろう!と言う

意識が潜在的に組み込まれているため
僕たちは無意識でそのような行動がとれるのです

だからこそ日本人は国際社会でかなり信用度が高い。
愛国心に近い行動により日本の信用が増して
日本人のパスポートがあるだけでいろんな国への

海外旅行を楽しむことが出来るわけですよ

だから決して愛国心があることは悪いことではないのです。

中国人が自分勝手に行動し日本の空港で暴れたり
行列の間を割って入ったりルールを守らずに
国際社会で評価を落とすような行為をするなら

それは愛国心とは程遠いものになるでしょう。

アメリカの治安の悪さを考えるなら日本よりも

アメリカの方が愛国心は希薄なのかもしれない。
自分の国のことを考えるならルールを守り
評価される方が良いし治安だって良い方がいいのに

個人の自由を訴えて横柄な態度をとる人たちがいるわけです

それでドンドン国の評価を落としてしまう
そういう無秩序の世界に行きたいとは思わないし
行動に反映されている側面も考慮するなら

どれだけ中国人やアメリカ人が愛国心を語ろうと

それは上っ面の言葉にしかならないのです。
決して他国を批判するつもりはないですが
今の日本人が他国に比べて愛国心が希薄なのか?

と言われると決してそうではないし

行動に反映されている言葉にしない側面も考慮するなら

そこには立派な愛国心が存在する。
僕たちの潜在的意識には立派な愛国心はあるのです

自己犠牲の果てに集団を大事にするとか
国に忠義を尽くして死んでいくとか

そんな話ではなくもっとシンプルな発想で

「みんな住みやすい世界の方が良いよね」
「この国で楽しく生きられる方が良いよね」

と言うことも愛国心でありそこには
国や、その国で生きている他の人たちを
思いやる気持ちがちゃんとあるわけですよ

だから治安が良くてモラルがあり信用性の高い

国民性が成り立っていると言えるのです。

ではこれで終わりです
一つの意見として参考にしてください

今回のまとめ

愛国心とは国を良くしていく前向きな気持ち
日本人は潜在意識の中に愛国心がある
それは個人が生きていくためにも必要なモノ

まあこんな感じの話です

他者のために生きるという気持ちは
ある種、生きる原動力につながります

母親が自分の自由を失っても子供のために必死に

家事や育児をするのと一緒で他人の為に
生きるという行為にはやりがいや生きがいを
見出すこともできるわけですよ

だから決して愛国心は悪いものではない。

愛国心とはもっと美しいモノであり
生きていくために必要なものだと思うのです
そして僕たちの中にそれがしっかりと染みついています

だからもっと胸を張って日本人として

生きていくということを誇りに思っても
いいのではないかと、そう思います

では今回は以上です
ありがとうございました。

今回の話をいいね!と思うことができたなら
ポチっと押して応援して頂ければ嬉しいです↓↓


人気ブログランキング

ピックアップ記事

  1. スピードワゴン小沢の甘いセリフが名言ばりに深い話
  2. アランの幸福論から考える人生において必要なことは
  3. 成功者の共通点とは中毒のようにのめり込むこと
  4. もしも願いが叶うなら何を願うか?
  5. 今後の未来予想・これからの時代の生き方とは

関連記事

  1. 哲学の話

    少子化の問題点と改善策はどこにあるのかを考えてみた

    どうも、コウスケです少子化の問題点とは何か…

  2. 哲学の話

    哲学者、ソクラテスの「無知の知」から考える正しい生き方

    どうも、コウスケです昔の偉人で哲学者として…

  3. 哲学の話

    日本人の奴隷的思考の危険性と常識を疑う必要性

    どうも、コウスケです自由とは何か?こう考え…

  4. 哲学の話

    なぜ差別は無くならないのか?社会の正しい在り方とは?

    どうも、コウスケですこの世界からなぜ差別が…

  5. 哲学の話

    現実に絶望して夢も希望もない人が輝ける世界はあるのか?

    どうも、コウスケです嫌な仕事をやり続けたり…

  6. 哲学の話

    偉い人から教わっても体感で理解できないと意味がない

    どうも、コウスケです何かを学ぶときに大切な…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

人気の記事

  1. 苦手な人と上手に付き合う方法は自分を無くすこと
  2. 哲学者ソクラテスの名言「無知の知」から学ぶ死生観とは
  3. どれだけ努力しても結果が出ない理由を考えてみた
  4. 一番エロい女は誰なのかを真剣に考えてみた
  5. 努力が必ず報われるとは限らないならどうする?
  1. 心の話

    嫌な思い出や記憶を忘れることは自分にとって損なこと
  2. 知恵になる話

    悩みが解決しないならとにかく検索しまくる
  3. ニュースの話

    憲法9条の改正案に基づくメリットとデメリットとは何か?
  4. エンタメの話

    モニタリングで見た小杉の母親の深い愛情
  5. 知恵になる話

    相手を思い通り操り信頼を作る簡単な方法
PAGE TOP