人間関係の話

同性婚とは何か?認めるべき結婚の形を考えてみた

 

どうも、コウスケです

ここ最近LGBTに対して寛容になるように
訴えを起こす人が多くなってきていて

徐々に世間の考えが変わりつつありますが

まだまだLGBTに対して認められていないところがあり
今の法律では同性婚が出来ない状態です。

なぜ同性婚は認められていないのか?
一人一人が自由に結婚する権利をなぜ政府によって
侵害されてしまうのか?ここを今回は
考えていきたいと思います。

個人的には同性婚は認めるべきだと思います

反対派の意見では結婚とは家族を作ること。
こう言う意見が多いのですが家族を作るとは
要は子供を産むということで同性同士では

子どもを作ることが出来ないので家族を作るという

定義に当てはまらないから結婚は出来ないと。
こう言う見解があるようですがそもそも

一般の人もこの定義に当てはめて結婚しているかは疑問です
例えば意図的に子供を作らないと決めている
夫婦もいますし中には子供が欲しくても不妊によって

子どもを作ることが出来ない人もいるわけですよ

ならば「家族を作る」と言う定義に当てはめて
結婚を考えるならこう言う人たちにも結婚の権利は
ないわけで本来は結婚できないはずです

でも子どもを作らないと決めている人や不妊の人でも

結婚の権利は認められているわけで結婚とは
「家族を作ること」と言う定義に当てはめて一般の人たちが

結婚しているわけではないと言えます

一般の人たちがしている結婚は自由恋愛の末に
結ぶ婚姻契約が結婚なわけでそれは
好きな相手との契約的な儀式になっているわけですよ

ならばその好きな相手との婚姻契約をする権利を
なぜ政府の方で侵害されないといけないのか?

なぜ好きな相手と結婚してはいけないと規制がかかるのか?

ここには疑問が残るわけです・・・
仮に同性婚を認めたとしてデメリットは何か?

これを考えた時に思い当たる節が無いのです
結婚自体には多くのデメリットがあるので

結婚のデメリットを挙げることは出来ますが具体的に

「同性婚に関してのデメリット」と言われると
それは結婚のデメリットと同じだと思うのです。

だから結婚は良くても同性婚は良くないということは無い。
同性婚がダメなら結婚もダメなのではないかと。
もし同性婚を認めればこの日本で結婚したい
相手と結婚することができる人たちが増えるわけで

その方が良いし僕たちの生活に支障を来すことは無いのです

明日も明後日も10年後も20年後もこの日本で
自分たちの人生は普通に続くわけで
一般人の人生に対して同性婚を認めたことでの

大きな変化が生まれるとは考えずらい。

ただこの世界で幸せなる人が増えるだけ。
こう考えれば同性婚を認めるということが

いま政府に求められていることだと思うのです
同性婚に反対している人たちは高齢者がほとんどで
高齢者の価値観は絶対的に同性婚は反対です。

なぜダメなのかと言うと「ダメだからダメだ」という

意見であり要はそういう刷り込みがその昔の
世間にはありその偏った常識を大事にして生きている
だから高齢者のほとんどが同性婚に反対してしまう

僕たちが自由に生きるためには社会的な取り組みも

必要になるわけで多様性ある社会を築く
為には柔軟な発想が必要なので
その足掛かりとして同性婚を認めることは大きな

意義があり社会をより豊かにそしてより自由にしていく

工夫が政府の方に求められると言えます
しかしどうしてもこの国の多数派である高齢者に
目を向けて政策をしてしまうため未だに

少数派が淘汰されてしまうという現状が残されているのです

これは社会の課題として向き合うべきだと感じます
決して結婚=幸せと言う定義で語れる
ものではないので結婚と言うモノにそこまで

執着する必要はないと思いますがただ政府の方で

無意味な規制があるのはおかしい。

その規制は国民の権利への侵害がありそして
自由を奪われる人がいるわけです。

どんな人でも自分らしく自由に生きられる
社会を築き上げていくことが必要でそのためには
多様性ある価値観を認め社会のあり方を

改めて考えることが大事だと思うのです

政府の方で同性婚が認められていないからLGBTの人が
肩身の狭い思いをして生きているわけで
もっと社会的に性的マイノリティの人たちの存在を

認め多様性を認めていく試みが必要だと感じます

そういう試みの先に多様性が生まれその世界で
自由に自分らしく生きるという選択肢が
生まれてくるのではないでしょうか。

ではこれで終わりです

一つの意見として参考にしてください

今回のまとめ

同性婚を認めることは大事
認めれば多様性が生まれる
自由に生きるためには必要なこと

まあこんな感じの話です

男女で結婚することが当たり前。
こんな価値観があるから男性同士や女性同士の
恋愛が認められずに迫害されてしまうのです

こうなるとそれは差別にもつながる。

差別とは多数派の偏見といえる常識から作られる
わけで必要なことは多様性を認めもっと
幅広い価値観で物事を捉えていくことです

男女で結婚するのが当たり前だと考えずに

好きな人と結婚するのが当たり前だと思えば
その好きな人は同性でも問題ないのです

こう言う考えが浸透すれば差別だって無くなる。
多様性が無い固定化された価値観が少数派を苦しめ
そこに差別が生まれているならもっと

世界の在り方を考え直し多様性を認めることが

今の社会に求められる姿なのかもしれません。

では今回は以上です
ありがとうございました。

今回の話をいいね!と思うことができたなら
ポチっと押して応援して頂ければ嬉しいです↓↓


人気ブログランキング

ピックアップ記事

  1. どれだけ努力して勉強しても結果が出ない人の理由
  2. 生きるのがつらい・もう死にたいと思うあなたへ
  3. 今後の未来予想・これからの時代の生き方とは
  4. あなたの悩みを解決するための方法とは
  5. カズレーザーの名言・夢は叶わない?

関連記事

  1. 人間関係の話

    人を動かすためには価値を感じさせること

    どうも、コウスケです人を動かすというのは…

  2. 人間関係の話

    苦手な人と上手に付き合う方法は自分を無くすこと

    どうも、コウスケです社会に出るとどうしても…

  3. 人間関係の話

    主婦やサラリーマンに友達がいないのはダメなこと?

    どうも、コウスケです友達ってそれほど必要な…

  4. 人間関係の話

    サッカーW杯で本田圭佑への批判から学ぶ自分のやるべきこと

    どうも、コウスケです他人と自分を同一で考え…

  5. 人間関係の話

    虐待事件に巻き込まれる子供を救う方法はあるのか?

    どうも、コウスケです残酷な虐待が無くならな…

  6. 人間関係の話

    女性との正しい付き合い方が分からない人へ

    どうも、コウスケです「女生との付き合い方が分からなくて困る・・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

人気の記事

  1. 苦手な人と上手に付き合う方法は自分を無くすこと
  2. 哲学者ソクラテスの名言「無知の知」から学ぶ死生観とは
  3. どれだけ努力しても結果が出ない理由を考えてみた
  4. 一番エロい女は誰なのかを真剣に考えてみた
  5. 努力が必ず報われるとは限らないならどうする?
  1. 人間関係の話

    人から好かれる人間になるには相手の本質を見抜くこと
  2. 知恵になる話

    ツイッターやブログの炎上に流されず本質を掴むのが大事
  3. 知恵になる話

    理想の夢や未来を実現させて夢を叶える方法とは
  4. エンタメの話

    心に響くタモリさんの愛に関する深い名言とは
  5. 心の話

    愛されたい心理はムダ!真実の愛とは何か?
PAGE TOP