人間関係の話

不登校の子どもが学校に行く方法と人が動く理由とは

 

どうも、コウスケです

Twitterである話が話題になっていて
その話と言うのが不登校の子供が学校に

行くようになった理由です

=====================

その昔、不登校の子のところにプリントを
持っていった子がいてその家から
スマブラの音が聞こえてきたとか。

「あ、スマブラだ!」

と思わず口にするとその家のお母さんが

「良かったら遊んでいく?」

と聞いてきたらしくそこから10分ほど待つと
不登校のT君も納得してくれて一緒に
スマブラをすることになったとか。
そして一緒にスマブラをやるわけですがそのT君が

あまりにも強くしかも使うキャラクターはプリンと言う

ポケモンの地味目のキャラクターだったらしい。
誰もつかいたがらないキャラを巧みに使いこなし
あまりも上手いのでその日は一回も勝てずに

帰ることになったそうです。

その日の出来事があまりにも衝撃的だったので
次の日に学校の友達に話すとそこまで
強いのなら全員で挑戦してみよう!と言うことになり

次の日は友達6人で不登校の子のところに遊びに行ったとか。

そしてその6人が誰も勝てずに
あまりにも強いためプリン師匠となずけて
全員が不登校の子を尊敬するような形になったらしい。

結局、その日は盛り上がりすぎて家に帰るのは
21時くらいになり親にこっぴどく
怒られたそうですが、それからというもの

度々プリン師匠の家に行っては一緒に遊んだとか。

そんな状態が続いたある日、担任の先生が
朝のホームルームで

「今日はみんなにお知らせがあります」
「不登校だったT君が今日から登校します」

と言う報告があったそうでそこには
プリン師匠が教室にいる姿があったとか。

「あ、プリン師匠だ!!」

と言ってその存在を知っている
クラスメイトは全員でプリン師匠の登校を
祝福しそのプリン師匠と言う異名は

クラスを超えて学年中に響き渡ったとか

そこから多くの友達ができたプリン師匠は
不登校になることなく卒業するまで
学校に行き続けたそうです

=====================

こう言う話がTwitterで話題になりました。
ゲームと言うほんの小さな価値が子供たちとの
関係性を作りそこから友達から友達へと

繋がりを見せて大きな価値を作りあげたわけです

この話からはなぜプリン師匠が不登校になったのか?
その原因がわかりませんがただ学校に行かなかった
理由は行くだけの理由が無かったからだと思います

つまり学校に意味を感じなかった

どこかで居場所が無かったのかもしれません
だから家に引きこもりスマブラばかりやることに
なってしまったのではないかと思うのです

でもそれでよかった。

それをやったからこそスマブラの実力が身につき
クラスメイトから尊敬されるような存在になったわけです
嫌々、学校に行って馴染めない中で孤独に
学校生活を送るほうがよっぽど意味がないですからね

勉強だけなら引きこもっても出来るわけで

学校に行くなら友達を作ったり
コミュニティの中で自分の居場所を見つけるような

そういう体験が求められると思うのです
つまり学校とは人付き合いを学ぶような場でもある。

だからこそコミュニティでの居場所を作るための
価値が必要になるわけでこのケースにおいては
それがゲームのスマブラだったという事です

スマブラが価値を生みだしスマブラが友達を作り

スマブラが居場所を作り学校に登校する
だけの意味をもたらしてくれたわけです

居場所がありそこに行く意味があるかどうか?

これが大事なわけで居場所もなく行く意味も
無いところに人はいかないと言えます。
「今から部族のところに行って1年間過ごしてください」と
言われてもそこに行く意味を感じないから

そんな行動をとる人間は誰もいないわけです
でも条件付けが違えば話が変わるわけで

「今から部族のところに行き一年間過ごせば
3億円あなたに差し上げます!」と言うことなら

無理してでも行こうと思いますよね?

そうなるにはそれだけの理由があるからです
だから意味を持たせることは重要で
今回のケースでは居場所があり友達がいる学校には
登校するだけの意味があったので登校したのではないかと。

居場所がなく友達がいない学校には意味がない。

だから学校に行かないというのが不登校の子供の
理由なのかもしれません・・・

全てそうだとは限りませんがそこに自分の居場所があり
友達もいて楽しい学校生活をわざわざ捨てて
家に引きこもるほうが意味がなくそこに理由は無いわけです

つまりより強い意味があるほうに人の行動が伴う。

だからこそ意味を持たせることが大事であり
行動に値する理由が必ず必要になるのです

人が動く時にはそれなりの理由が必要だと言うことです

ゲーム一つでも世の中には大きな価値があるという
ことがわかる話だと思うのであらゆる価値に
目を向けて個性を活かすことは必要なことだと感じます

ではこれで終わりです

一つの意見として参考にしてください

今回のまとめ

スマブラで友達ができた
学校に居場所があれば登校できる
人が動く時には理由が必要

まあこんな感じの話です

勉強のできる人やスポーツの出来る人が
価値がありそういう人は学校に居場所を作る

ことができるわけですがゲームが上手いというのは

今のところ評価の対象になっていないですよね。
ですがこの話を聞いて本当にゲームには価値が無いのか?
これを考える必要があるようにも感じます

今ではプロゲーマーと言う仕事が確立されているわけで

ゲーム自体を学校に持ち込んでも良いとなると
恐らく子供たちの価値観は変わるのではないでしょうか。
今までの勉強ができる・スポーツができるに
付け加えてゲームができるにも価値が生まれるなら

新たな付加価値の創出でありこれは価値の多様性を

生み出すことにつながると思うのです
今までの画一的な教育だけを答えにするのでなく
新たな発展を生み出すためにも今までにない

アプローチが教育の現場に求められることだと思います

その一つがゲームの価値を認めること。

これができればゲームの上手い人間が認められて
抑圧された社会に変化を促すことができると思うのです
そうなれば個性的で多様性のある社会が生まれ

その先には一人一人が自由に生きていける

そんな理想の社会もあるのではないかと思います

では今回は以上です
ありがとうございました。

今回の話をいいね!と思うことができたなら
ポチっと押して応援して頂ければ嬉しいです↓↓


人気ブログランキング

ピックアップ記事

  1. カズレーザーの名言・夢は叶わない?
  2. 日大のアメフト部のタックル問題に見る監督としての在り方とは
  3. もしも願いが叶うなら何を願うか?
  4. どれだけ努力して勉強しても結果が出ない人の理由
  5. 成功者の共通点とは中毒のようにのめり込むこと

関連記事

  1. 人間関係の話

    女性との正しい付き合い方が分からない人へ・パート2

    どうも、コウスケです昨日の記事で女性との正しい付き合い方がわか…

  2. 人間関係の話

    サッカーW杯で本田圭佑への批判から学ぶ自分のやるべきこと

    どうも、コウスケです他人と自分を同一で考え…

  3. 人間関係の話

    インターネット上で友達や仲間を作る方法・その2

    どうも、コウスケです前回の記事でオンライン…

  4. 人間関係の話

    騙されない人になる方法・騙されない技術

    どうも、コウスケです騙されない人になるため…

  5. 人間関係の話

    親子関係の問題点を修復する方法とは3

    どうも、コウスケです前々回から親子関係の問…

  6. 人間関係の話

    苦手な人と上手に付き合う方法は自分を無くすこと

    どうも、コウスケです社会に出るとどうしても…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

人気の記事

  1. 苦手な人と上手に付き合う方法は自分を無くすこと
  2. 哲学者ソクラテスの名言「無知の知」から学ぶ死生観とは
  3. どれだけ努力しても結果が出ない理由を考えてみた
  4. 一番エロい女は誰なのかを真剣に考えてみた
  5. 努力が必ず報われるとは限らないならどうする?
  1. 仕事の話

    好きな事が全く出来ずに嫌な仕事ばかりする人生の地獄
  2. 心の話

    楽しくない人生に疲れた時に元気を出す方法とは
  3. 妄想の話

    ユーチューバーになるには・収入を得るには
  4. 人間関係の話

    最高のオンラインコミュニティを作る方法とは・パート2
  5. 人間関係の話

    友達といて居場所がない時や楽しくない時の対策とは
PAGE TOP