生き方の話

正しい生き方や行動ができない理由は組織の意思が問題

 

どうも、コウスケです

正しく生きようと思ってもこの世界では
それが出来ないことが往々にしてある

それは組織と言う存在によって

個人的な正しさが歪められてしまうからです
どういうことかと言うと会社で働いている
時にどう考えても別のやり方の方が合理的だと

思うことがあっても上司の人柄によっては

意見するのが難しい時があるわけです
となると顔色を伺い働くことになるから

効率の良い働き方から離れて非合理な働き方を

取り入れてしまうことになってしまう。
意味のない会議をずっとやるのもまさにそう。

誰も意見が言えずにその状態が慢性化してしまうのです

学校のいじめの問題も同じようなもので
悪いとわかっていても自分がいじめられると
怖いから何も言えずにいじめに加担してしまう

ことは往々にしてあるわけです

つまり人は集団の意志に流されやすいのです

個人の意思とは別に集団の意思があり
組織の意志に従順に従ってしまうのが人間です
もしその組織が間違っていたら

正しい行いをすることは出来なくなる。

だって集団の意思に流されて行動するから。

人の顔色を伺い無駄な争いを避けようとするなら
組織の間違いを正すことは出来ないのです
例えばパワハラや体罰なんかは世の中でよく

問題になっていますがこれがひどい状態で

放置され続ける背景には集団の意思が隠れている。
個人の意思とは別に集団としての意思が

反映されてしまうためにパワハラや体罰を

見直すことがことが出来なくなってしまうのです

「体罰はダメだけど意見するのも・・・」
「もうここにいる限りしょうがないこと」
「時としてこれも必要だと思う」

こんな意見ばかりが目立つような組織になれば
その中でパワハラや体罰は日常化してしまう

「黙って見逃す」というのが集団の意志だから・・・

トップに立つものが意識的に正しい方向に

歩み寄ってくれれば問題ないのですが
トップがやりたいようにやるとそれはもう

組織の私物化になりそうなると

組織全体の歪みに発展してしまうわけです

要は人の顔色伺ってもめ事を避けようとすると
自分の意思を通すことが出来ないから
結果的に悪意ある人に流されて間違うということ。

そういう状態が人との関係性やコミュニティにはある。
自分の生きたいように生きられないとか

正しい行いが出来ないというのは所属するコミュニティ、

その集団の意思に流されてしまうからです
家族の意思を取り入れて自分の進路を決めるとか
上司の言うとおりに仕事して非合理な働き方を続けるとか

地域の無意味なイベントに参加させられるとか

全て集団としての意思が働くからです

集団はそれを必要としている。
でも個人的には不必要だと思っている

この時に個人の意思を通すなら進路は自分で決めれば
良いし合理的な働き方を取り入れても良いし

無駄なイベントには参加しなくて良いのです

でもそうしないのは集団の意思を取り入れてしまうから。

要は同調圧力みたいなものでこう言う場合は
その組織で力がある人間の意見が採用されてしまう。
となるとその人が間違っていると

組織全体も間違ってしまうということになるんです

つまり個人である自分も集団の意志によって間違う。

個人で正しいことや、やりたいことはすぐに見つかります
しかし集団との意思がずれている場合はやはり
集団側に流されるので個人の意思が反映されずに

抑圧されたような状態で生きることが余儀なくされる

これではあまりにも精神的な負担が大きいし
心に大きな闇を背負ってしまう・・・
生きることが辛いというのは自分の生きたいように

生きられないこの社会に身を置くのが辛いということで

もし自由に生きられるのなら人は人生を
謳歌したいと思うはずです
要は集団と言う同調圧力によって「こうあるべき!」と

決めつけられた範囲でしか生きられないから

それが堅苦しいと感じ自由のない生活に嫌気がさすのです
その社会に絶望し孤独に闇を背負ってしまうわけです

もっと自由で良いしもっと自分らしくて良い。

個性を認めて価値観を強要せずに
お互い認めあう人間関係になればどれだけ
生きやすい世界が生まれることか・・・

今の社会では年功序列が意識されて

年齢や立場が上の人の意見は絶対視される
抗うことが許されない環境でどれほどの若者が

苦痛を感じて心に傷を背負っていることか・・・

社会の在り方としてもっと適切な形が望まれる。
集団の意思を変えることは本当に難しいことで
トップが変わらないことには変化は生まれないと思います

なので自分に合っていない組織だと感じるなら

すぐにその場を離れるのが身のためです

それが家族であろうとも
ようやく入った一流企業でも
有名な大学でも

自分の居場所が無く生きづらさを感じるのなら

自由を求めて離れるという選択肢も考えるべきかなと。
そのコミュニティに所属している限り集団の
意志はあなたに制限をかけ続けてあなたの心は

ドンドン疲弊していくわけです・・・

間違っていると思うことを続けることほど
無意味なことはなく人は無意味なことを
続けるということに苦痛を感じてしまうわけです

なのであなたの意志が反映されているような

集団に身を置くことを考えると良いと思います
世界のどこかには自分に合っている場所も

あると思うのでそういう居場所を求めて飛び立つ

勇気が時に必要なことかもしれません
大事なのは一歩を踏み出す勇気だということです

ではこれで終わりです

一つの意見として参考にしてください

今回のまとめ

集団の意思は個人の意思とは別
人は集団の意思に流されやすい
自分にあっている集団を選ぶようにする

まあこんな感じの話です

会議をしたくないけど長い時間会議が続く
帰りたいけど恋人に気をつかい帰れない

こう言うことはよくあると思います

「もうそろそろ帰ろうか?」

この一言でどれだけ救われることか。
意外とそこにいる全員が同じ気持ちを
持っているというケースもあるわけです

でもそれは個別の意志であって集団になると別。

だって人は他人の顔色を伺うから。
同じ気持ちを持っていても共有している
価値観は集団の意志でありお互い何も言わず

ただ非合理な在り方のまま放置してしまうのです

だから人との関係性は難しい・・・
意見を言えば争いになる可能性があるからなるべく
過激な意見を言わないようにするわけですが

そうなると個人の意思が全く反映されず

集団としての意思だけが働き続けるのです

それによって個人が苦しい思いをする。
こういう時は誰かが立ち上がらないといけない。

集団の中で権力のある人間がもっと

その組織の在り方を考えていくようにしないといけない

合理的な判断から集団としての
正しい在り方を考えてもっと個人の
意見が反映されるような

組織作りが求められることだと思います

では今回は以上です
ありがとうございました。

今回の話をいいね!と思うことができたなら
ポチっと押して応援して頂ければ嬉しいです↓↓


人気ブログランキング

ピックアップ記事

  1. 武士道とは?武士の生き方から学ぶ人生哲学
  2. 今後の未来予想・これからの時代の生き方とは
  3. アニメ僕のヒーローアカデミアで轟焦凍のさりげない名言
  4. カズレーザーの名言・夢は叶わない?
  5. カイジ・利根川の名言「金は命より重い」

関連記事

  1. 生き方の話

    今の20代には夢がない人が多いのか?夢を持つ方法とは

    どうも、コウスケです子供の頃は自分の可能性…

  2. 生き方の話

    生き方がわからない20代はここを見ろ

    どうも、コウスケです「自分はどう生きていけばいいのか?」「…

  3. 生き方の話

    人生を変えるには習慣よりも名言よりも環境が大事

    どうも、コウスケです人生を変えるには何よりも環境が大事…

  4. 生き方の話

    武士道とは?武士の生き方から学ぶ人生哲学

    どうも、コウスケです武士道と言う本があり…

  5. 生き方の話

    自分探しの旅はバカで無意味なことなのか?

    どうも、コウスケです本当の自分を探すために自分探しの旅に出て…

  6. 生き方の話

    「楽に死ぬ方法」と検索する奴に向けて

    どうも、コウスケです以前、仕事で上司に口うるさく言われかな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

人気の記事

  1. 苦手な人と上手に付き合う方法は自分を無くすこと
  2. 哲学者ソクラテスの名言「無知の知」から学ぶ死生観とは
  3. どれだけ努力しても結果が出ない理由を考えてみた
  4. 一番エロい女は誰なのかを真剣に考えてみた
  5. 努力が必ず報われるとは限らないならどうする?
  1. 哲学の話

    幸せになれる人と幸せになれない人の違いとは何か
  2. エンタメの話

    アニメ・オーバーロードの個人的評価と感想と未来の話
  3. 仕事の話

    嫌な仕事ならすぐにやめたほうが良い理由
  4. 生き方の話

    否定せずに楽に生きろ!感情論の危険性!
  5. 生き方の話

    人生に絶望した瞬間に思い出してもらいたい名言とは
PAGE TOP