哲学の話

少子化の問題点と改善策はどこにあるのかを考えてみた

 

どうも、コウスケです

少子化の問題点とは何か?
これを自分なりに考えてみたのですが

問題点は少子化と言うよりも「高齢化」の方が

問題ではないかと思うのです
要は子供の数が減ったことによって
「社会保障どうするのか問題」が生まれたことが

少子化問題なのではないかと。

子供の数が減ると言うことは現役世代で働き
税金を納める人が減ると言うことで
そうなると税収が減る分、手厚い社会保障の充実が

できなくなるわけですよ

となると健康保険の適用できる範囲が狭くなったり
年金でもらえる受給額が減るという事が予想できます

現役世代はまだ働くことで給料が入ってくるので

国に頼らず自立して生きていくことができますが
高齢者世代は仕事を辞めて給料が無いので社会保障に
頼って生きていくためにどうしても年金などの

充実が必要になってくるわけですよ

だからこそ多くの税収が必要で多くの税金を
集めるためには多くの国民が必要だという事です

つまりこの少子化問題の本質は子供の数の減少ではなく

高齢者の生活が問題になってるわけです
現役世代が税金を納めて高齢者を養うのが
今までの社会保障の仕組みだったのですが

人口減少によってそれが不可能になった・・・
だからこそ年金の受給額は年々減り続け

そして支払金額は増していくという悪循環が生まれたわけです

だからその問題点を改善しようと
子供の数を増やし何とか元の形に戻そうと
少子化対策をしているのですが

その少子化に歯止めがかからない。

少子化は今や日本だけではなく先進国の全てで
同じような問題を抱えているわけです
どうやら豊かになればなるほど子供の数は減るようで

今のところ有効な対策は無いと言えます

さてこう言う社会の歪みを認識し本質を理解した上で
必要なことは最適な解決策を探ることです

子供の数の減少と言うのはさほど問題ではないのです。

経済的な側面から見たら労働人口の減少によって
生産性が減るという話もあるのですがそれは
昔の時代の話であって今の時代、特にこれからの時代においては

その限りではないと思えます

だってAIが労働を代替してくれるから。
昔の生産性は労働力でまかなっていたわけですよ

つまり働く人の数が多ければ多いほど生産性があった。

それで企業は儲かりその儲けが給料に反映され
そして経済が回るという仕組みがあったのです

ですが今の時代ではどうか?

労働力のメインとなるのは人ではなく機械です。

つまり自動化や機械化と言う波が押し寄せて
テクノロジーが生産性を持つようになったのです
これからの時代では特にAIが仕事を代替するようになると

言われていますからAIによって生産性が生まれ

経済はまわるというと言うことが予想できます
その時代において人でまかなう労働力は必要なのか?

と言う疑問が生まれるわけで昔の制度や価値観に合わして

子供を多く作るよりもこれからの時代に合わせて
適切な人口をコントロールするほうが
日本にとっても良いことなのではないかと思うのです

つまりこれからの経済のメインは「人」ではなく「AI」になる。

AIが発達しAI大国日本が生まれれば
今この国が抱えている問題はかなり解決します

例えばAIは最適化が得意だと言われています。
となると人の個性を見出し小さな価値を生むことができれば

そこから多くの収入が期待できるわけですよ
例えばけん玉の達人がいたとして今の時代はどこに
いるかもわからないようなけん玉達人には
何の生産性もない状態でしょう

しかしAIが最適化をしてくれるのならけん玉を教わりたい人と

繋ぎ合わしてけん玉教室なんかも
できるようになるわけです
となるとそこには生産性が生まれる。

他にも定年を迎えて技術や知識はあるけど働き場所が無いという

高齢者も日本のどこかの企業は必要としているわけです
でもその必要としてくれる企業がどこにあるかわからないと
そこで働くことも出来ないわけですが

企業と個人のマッチングアプリみたいなものがあり

そこに高度なAIがいれば最適な
マッチングが生まれお金が稼げなかった
高齢者でも稼げるようになると予想できます

つまりAIの最適化と言うのは潜在的に隠れていた

生産性を表面化させてそこで上手く経済を
まわしてくれる潤滑油的な存在になるという話です

こう言う未来が訪れるならAIには期待したいなと。

今までの常識で考えるとこういう抜本的な解決は
出来ないわけですがあらたなテクノロジーを
利用することによって世の中の社会問題を

抜本的に解決できる可能性があるわけですよ

今では大阪の造幣局は無人で動いているという話があり
Amazonの倉庫作業もほぼロボットだと話があります

つまり技術的に今の時代でもかなり

機械の生産性がある時代だという事です
そしてこれからはテクノロジーがもっと進化するわけで

必要なのは「人」か「機械」か?

これが問われる社会になってくるのではないかと。
人をそこまで必要としない社会がもう
目の前に来ている状態で本当に少子化対策として

子供をたくさん産むことが適切なのか?

これは議論の余地があるところではないでしょうか
これからの日本の話をするのであれば
今の時代はテクノロジーの存在は無視できない

状態になっていると思えます

ではこれで終わりです
一つの意見として参考にしてください

今回のまとめ

少子化はさほど問題ではない
高齢化が一番の問題
テクノロジーで経済をまわすこと

まあこんな感じの話です

全ての人の個性を活かしそこに価値が
生まれる社会になれば社会保障の問題も

改善していくことが期待できます

だってみんなラクにお金が稼げるようになるから。

自分の個性を活かしてそれなりにお金が
稼げる時代になればそんなに
国に依存する必要もなくなるわけで

子供も高齢者ですらも生産性が生まれるなら

そこには豊かな経済大国があると思えます
そういう時代がテクノロジーの発達によって

生まれる可能性があるわけですから僕たちが期待する

べきところは次に生まれてくる子供ではなく
新しく誕生してくる最新型のAIなのではないかと。

なのでもっとAIやロボット産業に投資を
するのが政府の役目だと個人的には思うのです

なので便利そうな技術があればいち早く

利用して行くようにする方がいいのかもしれません

では今回は以上です
ありがとうございました。

今回の話をいいね!と思うことができたなら
ポチっと押して応援して頂ければ嬉しいです↓↓


人気ブログランキング

ピックアップ記事

  1. 暇つぶしにゲームして遊ぶくらいなら目標を持て
  2. 島田紳助さんの名言・XとYの法則とは
  3. 反省なくして成長なし!意見を変えるのは進歩!
  4. あなたの悩みを解決するための方法とは
  5. アニメ僕のヒーローアカデミアで轟焦凍のさりげない名言

関連記事

  1. 哲学の話

    哲学者、ソクラテスの「無知の知」から考える正しい生き方

    どうも、コウスケです昔の偉人で哲学者として…

  2. 哲学の話

    これからの日本を住みやすい国にするために必要な考えとは?

    どうも、コウスケですこれからのことを考える…

  3. 哲学の話

    資本主義とは何か?生きる上で考えなくてはならないこと

    どうも、コウスケです「真面目に働くことは良…

  4. 哲学の話

    なぜ差別は無くならないのか?社会の正しい在り方とは?

    どうも、コウスケですこの世界からなぜ差別が…

  5. 哲学の話

    この国はどうあるべきか?個人の自由とは何か?

    どうも、コウスケですこの国はどうあるべきか…

  6. 哲学の話

    事実と真実の違いとは何か?上岡龍太郎の名言と共に考える

    どうも、コウスケですある言葉を聞いてなかな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

人気の記事

  1. 苦手な人と上手に付き合う方法は自分を無くすこと
  2. 哲学者ソクラテスの名言「無知の知」から学ぶ死生観とは
  3. どれだけ努力しても結果が出ない理由を考えてみた
  4. 一番エロい女は誰なのかを真剣に考えてみた
  5. 努力が必ず報われるとは限らないならどうする?
  1. 体の話

    疲労回復には最適な睡眠が不可欠!!
  2. 生き方の話

    人見知りをしないように克服する必要はあるのか?
  3. 心の話

    自分を好きになるために理想の自分に変わる方法を知ろう
  4. 人間関係の話

    体罰について個人的な意見と考えを話します
  5. 知恵になる話

    良い文章を書くために上達する方法を学ぶのは逆効果!?
PAGE TOP