哲学の話

死刑制度には賛成・反対?死刑について考えてみよう

 

どうも、コウスケです

今回は「死刑制度」について考えたいなと
思うのですが現状この日本には死刑と言う制度の

必要性を感じる人は多くいます

世の中の大半は死刑制度に賛成派であり
犯罪を犯した人なら法律で人を殺しても良いという
判断がまかり通っている状態があります

ただ世界的に見ると死刑と言うのは無くなっている

現状があるわけで世界から見た時に
日本の死刑制度は古いと言われるものかもしれない

さて、これからの社会を築いていくうえで

果たして本当に死刑制度は必要なのでしょうか?
ここは深く議論されるべきところだと思いますが
ここでリーガルハイと言うドラマで死刑について
このような名言があるので紹介します

================

生命はそのものに与えられた権利です
それを奪うものは例え国家であっても人殺しです

目には目を歯には歯を殺人には殺人を。
立派な制度だ。ただ人知れずこっそり始末することが

卑劣だと言っているのです

青空の元、市中引き回しの上張りつけ
火やぶりにした上でみんなで一刺しずつ刺し
首を晒し万歳三唱したほうが遥かに健全だ。

だが我が国の愚かな国民は自らの手で

人殺しになる覚悟がないんです。
自分たちは明るいところにいて誰かが
暗闇で社会から消し去ってくれるのを待つ。

そうすればそれ以上、死刑について考えずに済み

この世界は健全だと思えるからだ。

違いますか?

===============

このような言葉がありました
死刑ついて深く考えさせられる言葉です

「人が生きる権利を奪ったのだから
その人が生きる権利を奪われても当然だ」

こう言う意見に納得がいく部分もあります
世界では凶悪犯は現場で銃殺されてその場で
殺されますが日本の場合は生け捕りにするしかないと。

だから法律によって死刑が求められると。

死刑があるからこそ抑止力が働き
犯罪を未然に防ぐこともできているわけで
それがないなら社会はもっと荒れる。

賛成派の意見はこのようなモノでしょう

そして反対派の意見としては
それでも法律によって人を殺すのはおかしい。
犯罪者にも生きる権利があるではないか?

人を殺したからと言ってその人の生きる権利を
奪うことが許されるのかと。
それなら国家も同じような罪に囚われるのではないか?

もし仮に冤罪で死刑にしてしまうと取り戻しが出来ない。

最高刑が死刑だからその刑を執行されなくて
悲しむ被害者いるわけでもし最高刑が
無期懲役や終身刑ならその判決で納得がいくのではと。

つまり死刑が判決されずに

無期懲役でも最高刑がそれなら被害者
遺族の気持ちは配慮されているのではないかと。

ここまで行くと、どちらが良いのか?と問われても
明確な答えにたどり着かないわけで
死刑制度に答えを見出すのはすごく難しいです

しかし僕たち一人一人が考えておくべきことでもあり

死刑制度の問題に直面するときは生きていれば
どこかであるかもしれない。
それは自分で人を殺すことでなくても被害者として

そういう場面に遭遇するかもしれない。

こう言う社会の問題はまた個人の問題でもあるわけです
そして個人的な問題として捉えて自分なりでも
答えを持つことが前向きに生きることにもつながり

それは自分の人生も含めて社会全体の

問題を解決していく姿勢へとつながっていくのです
だからこそこう言う社会問題も考えるべきことで
ありそして個人の課題として見るべき事柄なのです

もちろんここに明確な正解は無い。

だた正解を模索していくことが大事なのです。

例えば終身刑にして一生、刑務所から
出ることが許されずに奴隷のようにこき使われる
と言う話ならその方が抑止力としては

働くかもしれないわけですよ

例えば意図的に殺人を犯す人間の中には
人生に絶望して死刑判決を望んで殺人を犯すような
野蛮な殺人犯も中にはいるわけです

「人を殺せば死刑になると思った・・・」

こんな人間が殺人犯の中にいるわけで
つまり死刑を望み殺人を犯す人間がいるなら

死刑があることで殺人を誘発しているのではないかと。

ならば人を殺せば一生、刑務所から出れずに
地獄ような人生を生きることになる。
と思えたほうが殺人を抑止できるかもしれないわけです

もちろんそこに人権の話を持ち込むと

地獄のような苦痛を殺人犯でも与えることは
出来ないわけですが仮に死刑が無くなり
無期懲役として一生、刑務所暮らしと言われると

「どうせ死ぬから最後に人を殺そう」

なんて考えるヤバい奴は生まれない。
首をくくり死ぬ瞬間なんてせいぜい数十秒から
数分の間と思います

つまり苦しい時間はほんの一瞬であり後は

楽に死んで行けるというのが死刑なのです
死刑にはそういう面もあり殺人を犯した人間が
ラクに死んでいくのはどうなの?と言う意見もあり

もっと苦しみを与えてもいいのではないかと。

そう思えるところもあるわけですよ
終身刑で一生、刑務所暮らしとなるほうが
殺人事件の抑止力になるかもしれないわけで

そんな視点も必要なのかもしれない。

やはりどれだけ考えても答えが出そうに
ない課題ですがただ感情論だけで考えるのでなく
もっと論理的に最も正しいと思えるあり方を

考えていくことが大事だと思うのです

ではこれで終わりです
一つの意見として参考にしてください

今回のまとめ

死刑について考えることが大事
社会の問題は個人の課題でもある
論理的に正しい答えを模索すること

まあこんな感じの話です

国家の権力を使い人の命を奪いそれが
冤罪であるというのは許しがたいことです

もしこう言う事件が連発すなら死刑制度は無くなるでしょう

日本では今のところ死刑における冤罪が
連発するということもありませんが死刑制度自体を
維持するのにも費用が掛かるらしく

慎重な裁判を繰り返すための裁判費用などを考慮すると

死刑制度の維持には多くの負担があるようです
その間に被告人は生産性のある活動が出来ないので

それなら無期懲役をすぐに言い渡し

生産性のある活動に従事させた方が良いのではないか?
と言う声も上がっている事実があるようです

死刑には賛成が多いのであえて否定的な意見を

多めに出しましたがこれを機会にフラットな
目線で死刑制度に対して、改めて考えることが
この国に住む一国民として必要な在り方かもしれません

では今回は以上です
ありがとうございました。

今回の話をいいね!と思うことができたなら
ポチっと押して応援して頂ければ嬉しいです↓↓


人気ブログランキング

ピックアップ記事

  1. カズレーザーの名言・夢は叶わない?
  2. 楽に生きるためのストレスを溜めない思考法
  3. 楽に生きるための豊かさとは何かを考えよう
  4. カイジ・利根川の名言「金は命より重い」
  5. 日大のアメフト部のタックル問題に見る監督としての在り方とは

関連記事

  1. 哲学の話

    この国はどうあるべきか?個人の自由とは何か?

    どうも、コウスケですこの国はどうあるべきか…

  2. 哲学の話

    哲学者、ソクラテスの「無知の知」から考える正しい生き方

    どうも、コウスケです昔の偉人で哲学者として…

  3. 哲学の話

    頑張る気力がなくなり何もする気が起きない時に考えること

    どうも、コウスケです頑張る気力が無くなった…

  4. 哲学の話

    事実と真実の違いとは何か?上岡龍太郎の名言と共に考える

    どうも、コウスケですある言葉を聞いてなかな…

  5. 哲学の話

    これからの日本を住みやすい国にするために必要な考えとは?

    どうも、コウスケですこれからのことを考える…

  6. 哲学の話

    資本主義とは何か?生きる上で考えなくてはならないこと

    どうも、コウスケです「真面目に働くことは良…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

人気の記事

  1. 苦手な人と上手に付き合う方法は自分を無くすこと
  2. 哲学者ソクラテスの名言「無知の知」から学ぶ死生観とは
  3. どれだけ努力しても結果が出ない理由を考えてみた
  4. 一番エロい女は誰なのかを真剣に考えてみた
  5. 努力が必ず報われるとは限らないならどうする?
  1. 知恵になる話

    ツイッターやブログの炎上に流されず本質を掴むのが大事
  2. 人間関係の話

    虐待事件に巻き込まれる子供を救う方法はあるのか?
  3. お金の話

    サラリーマンでも主婦でもスマホ1つでお金を稼ぐ方法
  4. エンタメの話

    好きか嫌いか言う時間でのニートの発言が深い
  5. お金の話

    楽にお金を稼ぐ方法なんてない・投資詐欺に注意
PAGE TOP