仕事の話

落合陽一の本「日本再興戦略」で語る次の時代に必要なこと

 

どうも、コウスケです

テレビなどに多く出演している落合陽一さん
と言う方がいますがこの人の本「日本再興戦略」を

読んだのでその話をシェアしたいなと思います

この本で書かれていた事の一つに

みんなと同じ標準的な人間は必要なくなる。

このようなことが書かれていました
何故ならAIがその人に代わって働くようになるから。
今までの日本、特に高度経済成長期の頃は
同じような商品を大量に作り販売するという

戦略が当たり同じ商品を同じように作れる人間が

求められていた背景があるようです
それで日本の経済は発展したとか。

つまりみんなと同じ人間が求められていたのです

トップからの命令を従順に聞いて
その命令通りに淡々とみんなと同じように
こなしていき同じ仕事をコツコツするのが

良いとされていた時代がありました

だからこそ学校教育では協調性を重視されて

みんなと同じような標準人間を作りあげてきた。
でも時代が変わり自動化の流れが加速し
ここ最近ではAIの発展が期待されるようになると

まずそういう標準的な人間は淘汰される

何故ならそういう人こそプラグラム化しやすいから

決まったことを決まったようにやるというのは
プログラム化しやすくそういう人間は
自動化や機械化の対象になるのでいなくなるそうです

そういう時代がもうすぐ来るというか
もうそこまで来ていると言われています。

ではそんな時代において次に必要な人間は誰か?

それは標準的な人間ではなく他と違う
オリジナル性の高い人間が必要になります

要は画一的な作業に従事する人間ではなくあらゆる
ジャンルを横断し専門性を身に着けるような人間が
これからの時代は特に必要になってくるわけで

今までのように会社に身を置きその会社で

生涯働くというのが考えられる時代ではないのです

会社は徐々に機械化の流れを導入するでしょうから
必然的にそこで働く人間は必要なくなります
特に単純作業など決まった作業を淡々とこなす場合は

機械化の対象になりやすいと言えます

だからこそ自分が次の時代に生き残るために大事なことは

他と同じような人間になるのではなく
自分だけのオリジナル性を身に着けることです
ある程度、勉強に励んで大学に行き

普通に就職してみんなと肩を並べて同じように働く。

このような人生に価値が無くなる時代が来ると言えます
そんな人生よりも子供のころからゲームに没頭して
家に引きこもりそしてゲームの世界では誰も敵わないくらいの

存在になるほうが価値がある時代になるんです

つまり標準的な「こうあるべき」と言う考え方が
どんどん通用しなくなる世界になっていき
もっと社会に多様性が生まれてくるという話です

これは標準的な人間には辛いこと。

だってみんなと同じになることを目指してきたから
今から自分だけのオリジナル性を作ろうと
言われれも自分の強みもわからなければやりたいことや
好きなことが見つからないという場合もあるからです

自分よりも他人に着眼手をおいてきたから
自分の強みや好きを見いだせない状態になるんです

だから一般的な考え方では今後、苦労する

逆に人と違う人生を歩みどこか偏った
人生を生きてきた人には大きなチャンスがあります

だってそんな人は機械で代替することができないから。

その人特有のオリジナル性はこれからの社会では
重宝されるわけでそういう人間がこれから
もっと輝けるそんな世界になっていくと言われています

昔の時代はみんなと同じことをすることで結果が出たし

そうせざる得なかったわけですよ
だって機会が代替してくれることが無かったから。
まだテクノロジーがそこまで発達してなかったので

人間がするしかなかったわけです

でもそれがどんどん機械化されていき自動化の
流れが加速すると人がその場所に必要なくなるのです

これからの時代はより顕著にそうなっていくでしょう

その時に自分たちはどのように働くのか?
どこに居場所を求めるのか?

それは自分の好きなことに特化して
専門性を身に着けることが大事でそして
あらゆるジャンルを横断するような人が必要になる

そうやってジャンルを横断していき自分の専門分野の

幅を利かせて機械では代替できない人間に
なっていくことで自分の居場所を作る事が求められます
今までの常識では考えられないような社会が

これから築き上げられると言えるので前を見据えて

その時代に合った適切な生き方を模索しましょう

ではこれで終わりです
一つの意見として参考にしてください

今回のまとめ

標準的な人間は必要なくなる
機械化の流れで人は代替される
専門性を身に着けてオリジナルになること

まあこんな感じの話です

会社と言う常識が変わる時代が来るようです
今までの会社はその支配下に入り

会社からの命令に従うような関係性でしたが

これから会社との関係性は横の関係性か
もしくは個人が上に立つ時代だと言えます
つまり会社に所属する従業員と言う形ではなく

個人事業主としてある会社から仕事の依頼を受ける。

こう言う時代が来るようでまさにこれからは
個人が輝く時代になるんじゃないかと感じます

能力があり自分を高める人間には良い時代になり

逆に会社の中で働き同じことばかりすることに
終始している人間には辛い時代になるでしょう・・・
なので今からでも個人のスキルを高めるというところに

着目しもっと自分のオリジナル性を磨きましょう

では今回は以上です
ありがとうございました。

今回の話をいいね!と思うことができたなら
ポチっと押して応援して頂ければ嬉しいです↓↓


人気ブログランキング

ピックアップ記事

  1. 今後の未来予想・これからの時代の生き方とは
  2. 暇つぶしにゲームして遊ぶくらいなら目標を持て
  3. 言ってはいけない残酷すぎる真実の評価と感想
  4. あなたの話を面白くして人気者になる方法
  5. 島田紳助さんの名言・XとYの法則とは

関連記事

  1. 仕事の話

    脳疲労を改善すると最高の結果を出す!

    どうも、コウスケです脳疲労っていう状態があ…

  2. 仕事の話

    仕事を辞めたいと言えない人のための対処法

    どうも、コウスケです仕事を辞めたいけど「辞める」と言う一言…

  3. 仕事の話

    失敗して落ち込むことがないための効果的な対処法

    どうも、コウスケです仕事で失敗して落ち込むことはよくあるこ…

  4. 仕事の話

    仕事でミスをして上手くいかない時の立ち直り方とは

    どうも、コウスケです生きていれば誰でもミス…

  5. 仕事の話

    後輩指導が疲れたと思うあなたに伝える思考法

    どうも、コウスケです「必死に後輩に仕事を教えているのに全く…

  6. 仕事の話

    仕事を辞めたいと思ってストレスがあるあなたへ

    どうも、コウスケです仕事を辞めたいけど辞めれずにストレスを…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

人気の記事

  1. 苦手な人と上手に付き合う方法は自分を無くすこと
  2. 哲学者ソクラテスの名言「無知の知」から学ぶ死生観とは
  3. どれだけ努力しても結果が出ない理由を考えてみた
  4. 一番エロい女は誰なのかを真剣に考えてみた
  5. 努力が必ず報われるとは限らないならどうする?
  1. 生き方の話

    夢が叶わず能力不足で落ち込んだ時に立ち直る方法とは
  2. 生き方の話

    人生の負け組・勝ち組の違いと負け組になる理由とは
  3. 知恵になる話

    効率よく結果を出すには正しいやり方が必要
  4. エンタメの話

    カリギュラ動画を見て個人的な評価をしてみた
  5. 人間関係の話

    2018年放送の石田さん家の大家族で親父が言った名言とは
PAGE TOP