ニュースの話

憲法9条の改正案に基づくメリットとデメリットとは何か?

 

どうも、コウスケです

憲法9条を改正して自衛隊を明記するかどうかで
議論されているようですが今回はそれに基づいて

個人とっても大事な話をしたいと思います
まずザックリ憲法9条の改正の話をしますが

まず始めに僕はこの分野に対してあまり詳しくはありません。

なので全く知らない人がちょっと知ってる
人に教わるくらいの感じで話を聞いてくれればと思います
話したい本題は別のところなので入り口の部分は

ザックリと話させてもらいますね

それで、憲法9条の改正なのですがこれは憲法9条には
現状として日本は武力を持たないと記載されており

本来は自衛隊は認められない存在なのです。

「でも実際、自衛隊あるし必要性って感じるよね?」

と言われると確かにそうで自衛隊は日本を守るためにも
必要でしかも災害救助の時には自衛隊の存在は欠かせません

なので日本にとって無くすことのできない存在なのですが

自衛隊は言わば軍隊に等しい存在なので武力を放棄すると
記載されている憲法9条とは矛盾点が生じるわけです

「だからこの矛盾を解消しようよ!」

と言うことになり今の自民党は憲法9条の
改正をして自衛隊が違憲であると
言われない状態にしようとしているわけです

ここで問題なのが

「武力を認めてしまうと戦争に
なるリスクって一気に増えるじゃねえ?」

という不安が押し寄せてくるので反対派の人が猛反発しているのです

誰だって戦争は嫌ですしね。
過去には戦争によって大きな過ちがあったのは事実です
同じ失敗を繰り返すわけにはいかないのです

だから猛反発して憲法改正に反対する人たちが
多いのですがでもそうなると自衛隊は違憲と言われる

存在のままでこの矛盾点を抱えて日本は時を過ごすわけです

つまり国にとって必要な自衛隊が違憲である。

この状態がずっと続くわけでこれもこれで問題なのです
まあ今までもこの状態でなんとなくやってきたのだから今更
わざわざややこしいことしなくてもいいのに。
と言う意見もあるのですがやはりそこには明確さが必要と

言われる部分もあるわけです

さて話がややこしくなってきたので簡単にまとめると

_________________________

自衛隊って日本には必要だよね。でも今の自衛隊は
憲法から見たら違憲らしいから憲法変えないとダメみたい。

ただそうすると戦争になる可能性もあるんだよな~
どっちがいいんだろうね?

___________________________

と言う感じの話になるわけです。
ある案においては自衛隊の存在は認めて
権利の部分は法律で定めれば良いという話があります

つまり憲法には自衛隊だけを明記してその自衛隊が

実際にどこまでできるのか?
この権力の部分においては法律でしっかり
定めればとりあえず憲法改正については問題ないと。

こう言う意見を聞いたことがあってそれはなるほどーと思いました

さてさて、話がどんどんややこしくなってきたので
憲法9条の話はこれくらいでやめておきましょう。

ここからが大事な本題であって

あるネットの調査によると今の安倍政権を支持するか?
憲法9条の改正に反対か賛成か?と言う
アンケート結果を見たのですがどちらも9割以上が

安倍政権を支持する
憲法9条に賛成と答えていたのです

めっちゃ賛成が多かったわけです!

アンケートではどちらも数千件の結果から割合を
示していたのでまあまあ数は多い分

信用できるデータでもあるのかな?と思えたの
ですがここからが大事なことでそのデータは
本当に信用性のあるデータで単純にこれで安倍政権が

正しくて憲法9条は改正したほうが良いとなるのか?と

言われると疑問に思うところもあるのですよ。
ネットではよくネトウヨと呼ばれることがあり
ネットは右翼的な人が多いという傾向があるのです

ならばそれは世間全体の声ではない可能性もあるわけです

だって日本の全体を見るとネットに馴染みのない50代以上が
大半なわけですからここの意見が左翼的なら
結果は真逆になる可能性があるわけですよ。

わかりやすい話をするとネットには4000万人がいて
その人たちは9割が賛成なら3600万人は賛成で400万人は反対です

じゃあネット以外では6000万にいて9割が反対なら
5400万人が反対で600万人が賛成なわけです

これを計算すると賛成派が3600+600=4200万人で
反対派が5400+400=5800万人となるのです

賛成派4200万人に対して反対派5800万人いると過半数は

反対派と言う結論に至るわけですよ。
世間全体を見ると意外と反対派が多かった~となるかもしれない。

あくまでこれは仮の話ですがこうなるケースも考慮して
データと向きあわないといけないということで
あるデータには数字の偏りなどが存在する可能性があるわけです

つまり正確に反映されたデータなのかどうかがわからない。

こう言う認識が僕たちには必要でこれは政治と言う
側面だけではなくありとあらゆる場面において必要なのです

統計的なデータを参考にするというのはもちろん大事です

これはちゃんと見るべきところだとは思いますが

ただ表面的なデータだけを見て判断するのが危ういのです

例えばいじめの問題を取りあげてみるとある時から
一気にいじめの認知件数が増えた事があるのです

これはいじめが原因で自殺したことが世間で問題になり小さな問題でも

ちゃんと報告するという義務が学校教育の中で発生したため
いじめの認知件数が一気に上昇したわけです

つまり隠れていた部分が表面化しただけの話であって

いじめ自体が増えたわけではないのです
元々、根本的な問題としてそこにいじめはあったのです

ただ気づかなかっただけ。

でもそれを知らなければいじめの増加を見て

「今の子は自分を抑制することが出来ない」
「暴力的な子供が増えているから道徳的教育が必要」
「昔の詰め込み教育を復活させればいじめは減る」

などと間違った判断をしてしまうわけです
ただ表面化しただけなら今の子も昔の子も変わらないわけで
暴力的な子が増えたという発想には至らないわけです

昔からある根本的な問題を見つけないと本当の

解決なんて出来ないわけですよ。

つまりデータの分析を誤れば何の意味もなくなり
適切な解決策を講じれないまま無意味な事ばかりしてしまうわけです

だからそこの見極めはちゃんとしないといけない。

例えば世間でうつ病が増えているという話があります
これも実態として数が増えたというよりも
昔と比べて認知件数が増加したという話があるのです

今の日本では抗うつ剤などが処方されるようになっているため

それを処方したい製薬会社や医師がどんどん
うつ病と診断しているという話があります

つまり昔はうつ病と言われなかった人でも今の時代は
うつ病と診断されるようになったのでうつ病患者が増えた。

こう言う背景がありこの背景から考えると

「若者が精神的に弱くなっている」

などと言うことは言えなくなるわけですよ
これを言ってしまうのはこの背景を知らないからか
もしくは単純に若者批判をしたい人なのです

「そうじゃないでしょ」
「ただの認知件数の増加で実態は変わらない」

と言うことでデータにどういう背景があるかを考えるのが重要です

世の中にはあらゆるデータを使い信用させようと
して僕たち個人を誘導する人がいますが
どんなことにも完璧なことは無くデメリットは存在するし

そしてデータと言うのを適切に判断しないと
間違った行動に移ってしまうリスクが常にあるのです

毎度、自分で調べて完璧にすべてのデータを考慮するというのは

まず不可能ですがただある程度、疑って見ることが
大事で表面的なところだけで判断しないことが大事なのです

要はデータで翻弄されて騙されないようにしよう。と

こう言うことで自分で吟味することが必要と言う話です
簡単に騙されて損をしないように常に考える癖が必要です

一つの提案として参考にしてください

今回のまとめ

憲法9条改正が議論されている
ネットのアンケートでは賛成派が9割
ただデータを疑う必要性はある

まあこんな感じの話です

例えばお酒を全く飲まない人よりも少したしなむ
程度の人の方が死亡率が低いという話があるのですが

これは間違っているデータです

全く飲まない人の中にはすでに体を悪くしていて
ドクターストップによって飲めない人が含まれていたのです

つまり飲まないのではなく飲めない人がいた。と言う
事実の認識が必要でドクターストップにかかるくらいの
人ですからそういう人は死が近い人なわけですよ

これが健康体の人だけで判断するとどうなるか?

それはお酒を飲む量と比例して死亡率が上がるそうです

つまり全く飲まない人が一番、死亡率が低くなる。

こう言う見解になったそうでそのデータ自体が
間違っているという可能性はいくらでもあるわけです
だからデータは一参考にしかならないし常に何かしらの

デメリットがあるという理解が僕たち個人に必要だという事です

悪徳セールスマンたちが
あらゆる話を持ってきてそれらしい
データを見せるわけですが

そのデータを疑い騙されない対策も必要だという事です

基本的には怪しい話には乗らないという事が前提で世の中に
甘い話は無いという理解は大事なことだと思います

なので自分を守るためにも何事にも疑問を持って考えるようにしましょう

では今回は以上です
ありがとうございました。

今回の話をいいね!と思うことができたなら
ポチっと押して応援して頂ければ嬉しいです↓↓


人気ブログランキング

ピックアップ記事

  1. 友達といて居場所がない時や楽しくない時の対策とは
  2. 日大のアメフト部のタックル問題に見る監督としての在り方とは
  3. もしも願いが叶うなら何を願うか?
  4. アランの幸福論から考える人生において必要なことは
  5. どれだけ努力して勉強しても結果が出ない人の理由

関連記事

  1. ニュースの話

    ボクシング協会の山根会長から考えるトップの在り方とは?

    どうも、コウスケですレスリングの栄監督をは…

  2. ニュースの話

    金足農業高校の吉田選手の熱闘から考える甲子園の意義その②

    どうも、コウスケです前回の記事で「甲子園」…

  3. ニュースの話

    戦場ジャーナリスト安田さんの事件から考える自己責任論

    どうも、コウスケです戦場ジャーナリストであ…

  4. ニュースの話

    はあちゅうをブログで叩いていたHagex氏が殺された理由

    どうも、コウスケです少し前になりますがネッ…

  5. ニュースの話

    金足農業高校の吉田選手の熱闘から考える甲子園の意義

    どうも、コウスケです今年の甲子園はかなり盛…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

人気の記事

  1. 苦手な人と上手に付き合う方法は自分を無くすこと
  2. 哲学者ソクラテスの名言「無知の知」から学ぶ死生観とは
  3. どれだけ努力しても結果が出ない理由を考えてみた
  4. 一番エロい女は誰なのかを真剣に考えてみた
  5. 努力が必ず報われるとは限らないならどうする?
  1. エンタメの話

    アニメ・東京グールから学ぶ本当の優しとは何か?
  2. 人間関係の話

    インターネット上で友達や仲間を作る方法・その2
  3. 心の話

    夢も希望もない絶望の日々を過ごす20代・30代の人に向けて
  4. 心の話

    ネットの声は世論ではない!コメントの批判は気にするな
  5. 心の話

    楽しくない人生に疲れた時に元気を出す方法とは
PAGE TOP