エンタメの話

EXILEのATSUSHIが何気なく動画で語った名言とは

 

どうも、コウスケです

ある動画にEXILEのATSUSHIさんが出ていて
そこで深い話をしていました

その動画がこちらです↓↓

この動画で僕なりに響いた言葉が

====================

仕組みはやっぱり知っておいた方が良い

後輩にも言ってることがあってまるで自分だけの
力で何かを掴んだような気になるんだけど
そこには必ずいろんな人が関わっているから

その仕組みを知らないと感謝する対象がわからない

なんか感謝してますと言うのは簡単なんだけど

CDが売れて例えば俺の歌が世の中に認められたのも
マネージャーが一番近い人で支えてくれて

レコード会社の人が自分を売ってくれて

レコード会社の人がテレビの関係者に
一日何時間も宣伝のためにまわってくれて
CDショップに対しても宣伝で回ってくれる

俺らの知りえないところで努力してくれる人がいて

その人がCMをとって来てくれたりする
だから仕組みを知って感謝することは大事

====================

こんな言葉が自分には響きました

人は一人で生きているのではなく
誰かに支えられて生かされているんだと。

こんな感じのは話に聞こえます

自分一人で何かを成し遂げるというのは無理があるわけです

プロ野球選手になるのならスカウトに
認められる必要があり野球を上手くなるために
環境を整えてくれる親や監督の存在が必要です

自分の実力だけではプロにはなれず

スカウトの存在や監督、親の存在が必要なんです

アーティストや女優として売れるためには

事務所が必死になってプロデュースしてくれるから
ようやく売れるわけで個人の力だけで
夢を掴むというのはかなり無理がある。

もっと言えば敗者がいるから勝者になれるのであって
自分一人では勝者になることは出来ない。

つまり誰かの支えによって自分が存在できると
言う話であって他の誰かの存在は
自分という存在を明確にするためには欠かせないのです

名将といわれた元プロ野球選手の星野仙一さんが

昔テレビ番組でこんなことを言ってましたが

「王、長嶋をスターしたのは
打たれたピッチャーがいたからだ!」

こんな発言をされていました
まさに敗者の存在により勝者が輝くという事で

打たれたピッチャーがいなければ勝者にはなれない
王貞治も長嶋茂雄もスターにはなれない
そこには打たれてマウンドにうずくまるピッチャーの

存在が必要不可欠だったわけです

輝くスターになるには闇を背負う誰かが必要ということ。

だから他の誰かがいるから自分もいれるわけで
この世で生きていくためにも
夢を叶えるためにも他力に頼るしかないのです

他力本願と言ってしまうとどこかで情けない
感じがしてしまうのですが世の中は
他力で構成されているわけで周りの人間がいるから

自分の人生を切り開いてくことができるわけですよ

周りがいなければ何もできない。
自分一人の存在なんてそんなもんです

今この瞬間で生きている人もどこかで
誰かに支えられて生きている。
大家が家を貸してくれるからその家に住むことができて

そもそも大工さんがいたから家を建てて
くれる人がいたわけで何気なく食べている食品も
この世界の誰かが調達してくれたもの。

今お金がもらえて稼げてるのも誰かが払ってくれているから

自分にお金が回ってくるわけで

そうやって世の中の他の人に支えられて
自分たちはそこに気付かず生かされているのです

親や友達や会社や国に支えられて生かされている。

自立して生きているというよりも他の誰かが
構築してくれた仕組みの上で生かしてもらっている

だからこそ、そこに感謝が必要なのではないかと。

もちろん自力で生きているところもあるだろうし
自分たちも誰かの支えにはなっている

この世の中でお金持ちが重宝されるのは

一般人や貧乏人がいるからお金持ちが
重宝されるわけで皆が資産3000億もあれば
資産1億の人間なんて大したことないそんな

存在になってしまうわけですよ

資産1億がすごいのはそれを持っていない多くの人が
いるからそこに希少性が出て価値が生まれるんです

だから他の誰かの存在は必ず必要。
自分が輝くためにも生きていくためにも
他の存在は必ず必要になるんです

なのでもっと感謝しようと。

そこに感謝を向けることが大事であり
深く考えないとこう言う仕組みは見えてこない。
なかなか気付かないところなので意識する必要があり

自分の力だけで成し遂げたように勘違いしないことが

生きていくうえで必要なことだと思います
大切なことを見失わないようにしたいですね

ではこれで終わりです
一つの意見として参考にしてください

今回のまとめ

世の中はいろんな存在で成り立つ
自分一人では成立しない
感謝する気持ちを持つこと

まあこんな感じの話です

敗者の上に勝者がいて不幸の上に幸福がある
敗者がいなければ勝者もいないし

不幸が無ければ幸福もないのです

だから勝者や幸福になるには必ず対立する

存在が必要になるという話です。
自分が敗者や不幸になるのは確かに辛いことですが
それによって勝者が幸福を感じて生きていける

わけでそこには存在価値があるということ。

こう考えると不幸を背負ったどうしようもない
人生にも生きる意義があると思えます
だってそんな人生も世界には必要な存在だから。

確かに自分ごとになれば相当負荷のかかる人生も

あるかもしれないけどそういう人生体験が
世の中にあるからこそ自分たちの幸せは何か?

この問いに答えらしきものが見つかるわけです

要は世の中は相対的なもので相互に
関係性を持ち成り立っていると言うこと。

悪があるから善があり
不幸があるから幸福があり
死があるから生がある

善の行いをし幸福を感じ生きていくためには
悪と不幸と死の概念が必要なんです

だからこそ負の側面にも目を向けて

そこにも感謝の気持ちを持つことが大事だと思います

では今回は以上です
ありがとうございました。

今回の話をいいね!と思うことができたなら
ポチっと押して応援して頂ければ嬉しいです↓↓


人気ブログランキング

ピックアップ記事

  1. 楽に生きるためのストレスを溜めない思考法
  2. 劇的にあなたの集中力を高める方法とは
  3. 日大のアメフト部のタックル問題に見る監督としての在り方とは
  4. 今後の未来予想・これからの時代の生き方とは
  5. あなたの話を面白くして人気者になる方法

関連記事

  1. エンタメの話

    アニメ・東京グールから学ぶ本当の優しとは何か?

    どうも、コウスケです東京グールと言うアニメ…

  2. エンタメの話

    カズレーザーの名言・夢は叶わない?

    どうも、コウスケですメイプル超合金のカズレ…

  3. エンタメの話

    島田紳助の名言・いじめの解決法がすごい

    どうも、コウスケですついさっきYouTub…

  4. エンタメの話

    好きか嫌いかいう時間のゴミ屋敷救済企画②

    どうも、コウスケです前回の記事でゴミ屋敷の住人が抱えている…

  5. エンタメの話

    ワンピースの感動シーンから学ぶ感動の作り方とは

    どうも、コウスケです人を説得したり動かそう…

  6. エンタメの話

    島田紳助さんの名言・5×5の法則とは?

    どうも、コウスケです以前の記事で島田紳助さんが過去に言って…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

人気の記事

  1. 苦手な人と上手に付き合う方法は自分を無くすこと
  2. 哲学者ソクラテスの名言「無知の知」から学ぶ死生観とは
  3. どれだけ努力しても結果が出ない理由を考えてみた
  4. 一番エロい女は誰なのかを真剣に考えてみた
  5. 努力が必ず報われるとは限らないならどうする?
  1. 人間関係の話

    他人の批判ばかりする人の心理とその対処法とは
  2. 仕事の話

    仕事のストレス・絶望的な悪循環の話
  3. エンタメの話

    乙武洋匡さんが語るパラリンピックの魅力について
  4. エンタメの話

    アニメ僕のヒーローアカデミアで轟焦凍のさりげない名言
  5. 心の話

    人生の壁にぶつかり悩みを解決できない時の逃げ道を提案
PAGE TOP