エンタメの話

心に響くタモリさんの愛に関する深い名言とは

 

どうも、コウスケです

たまたまYouTube動画でタモリさんの
名言動画を見たのですがこれが深かった。

なので今回はそのタモリさんの名言について

深堀していきたいなと思うのですがまずは
タモリさんの名言をお聞きください↓

「戦争が無くならない理由は何だと思う?
それはな人間の中に「好き」と言う感情があるからだ

そんなものがあるから好きなものを
他人から奪ってしまう。

また、好きなものを奪ったやつを憎んでしまう

ホラ、自分の恋人をレイプした奴を
「殺したい」と思うだろ?

でも恋人のことを好きじゃなかったら
攻撃に転じることなんてないんだよ
残念だけど人間の中に「好き」と言う感情がある以上
この連鎖は止められないんだよ。

「LOVE&PEACE」

と言う言葉があるけど
LOVEさえなければPEACEなんだよ

その生き方は限りなく動物や植物に近いな。

ただ「好き」がない世界と言うのもつまらないだろ?
難し問題だよ、これは・・・

どうしたものかね?」

これがタモリさんの名言として紹介されていた内容です
好きが無ければ憎しみが生まれずに争いにはならないと。
こう言う見解なのですがこれは納得できる話です

確かに僕たちの悲しみや憎しみと言うのは

自分の強い思い入れから来ているわけで
その感情への執着が負の連鎖を生むわけです

大好きで愛おしい人との別れが辛いのは
自分がそこに強い思い入れを持ってるからで
近所に住んでる無関係の人の死が悲しくないのは

そこに強い思いが無いからだと思うのです

僕たちの負の感情は愛とか恋とか
好きと言う感情が発端として生まれているわけで
そこに思い入れが無ければ流れていく事実だけで終わります

そう、事実があるだけで感情の揺らぎが無いわけです

そこに愛が無ければ。

だから愛するという行為をどこまで持つのか?
これが問われるわけで争いをもたらすほどの愛を
生むのは良くないし強い思いは時に
誰もが予想できないほどの狂気さを生んでしまうのです

好きだからこそ相手にもっと自分の存在を知ってほしくて

歪んだ心で人を殺してしまう人もいるわけです
例えば自分の存在を好きな人に認識てほしいから大統領の
殺害を企てる人が実際にいたりするんです

日本でも好きすぎるがゆえに相手から冷たくされたことが

許せなくて殺害に及ぶ人が過去にいたました
全て愛と言う光の感情から来ているわけで
その強い光が大きな闇を生んでしまったということです

だから「好き」と言う感情を簡単に良いことだと

割り切ることは実は難しいことで僕たちが
その「好き」と言う感情を程よく手放すことが出来れば

社会のあらゆる問題を解決していくことが可能なのです

論理的に正しいけど感情が許さないこと。

こう言うことって結構あるわけですよね?
例えば昔の時代は厳しい指導が当たり前だったから
ついその指導方針をとってしまいそれが激しい体罰になったり

日大のタックル問題などを併発させてしまったわけです

こういう問題の根本は昔の価値観に対して
それが「好き」だという感情があるせいです

つまり昔なじみの価値観が好きなんです

それを手放し合理性をもって今の日本の若者に
最適化する指導方針を取り入れたほうがこう言う
問題は無くなっていくわけです

実際に青山学院の箱根駅伝を4連覇に導いた

原監督は今の若者たちの傾向を捉えて彼らにあった
指導方針を取り入れ4連覇と言う快挙を成し遂げました

大事なのは昔の価値観を引きずることではなく
新しい時代に適用して生きることであり最も最適な
正解を模索していくことが大事なんです

でも「好き」と言う感情があるせいで冷静に判断できくなる。

感情が論理に対して邪魔をするわけです
事実を捻じ曲げて自分に都合の良いように解釈
するならそこには必ず歪みが生じる。

ダイエット中なのにも関わらずカロリーの高いものを食べて

「少しくらいなら問題ないよね?
無理してストレスを溜めるほうが体に悪いし」

なんて言う言い訳をするようになるわけです
これは、おいしい食べ物が「好き」と言う感情が
邪魔をして冷静な正しい判断が出来なくなってる状況です

もちろん感情を加味することも人間社会では大事なことです

そこを加味して踏まえて乗り越えていくことが
僕たちに課せられている試練でありその世界の中で
最適化を施してより良い人生や社会を築くことが必要です

しかし感情さえなければもっと社会は合理性を保てて

もっと豊かにもっと効果的な世界が訪れるのです
それが出来ないのが人間の感情があるからなんですよ

だから感情と言うのは恐ろしいもので自分たちは

「愛」だの「勇気」だのと語ることを
美徳にしているわけですが愛は憎しみを抱えて
勇気には常に失敗を抱えているわけです

人を愛せばその愛が憎しみに変わり負の感情を呼び起こし

勇気ある決断は時に大きな失敗を招くわけです

だから美徳としている感情も時に「悪」になるわけで
大きな光が差し込むところには大きな闇が生まれるんです

だからこそ「最も適切な在り方」は何か?

この問いに対して考える必要があり
世の中はそんなにシンプルではないとも言えます

難しい問題ですが考えていくことが大事だと思います

ではこれで終わりです

一つの意見として参考にしてください

今回のまとめ

愛があるから憎しみが生まれる
感情が人を狂わしてしまう
最適な答えを模索するのが大事

まあこんな感じの話です

光の差し込むところには大きな闇が
出来るという事は逆に言うと大きな闇が
生まれるところには光があるという事です

つまり自分が闇の世界に引きずり込まれて

何も見えない絶望の世界に行ったとしても必ず

その反対側に光がありその先に希望があるわけです
光と闇、希望と絶望はコインの裏と表のような関係で
これは同一の存在だと極端な言い方では言えます

だからこそたまには都合の良い解釈をすることも

大事で絶望を味わってもその近くに希望が
あるというのならまだ明るく生きていけますよね?
絶望を体験しない人間は前に進むことがない。

絶望を知った人間だからこそ何かに気付き

新たな希望へと近づくことが出来るわけです

こう言う考えがあれば自分の頑張りは無駄にならないし
時には自分の都合の良い解釈も生きていくうえで必要なのです
言い訳ばかりではダメですがその辺は適度な

バランスを保って肯定と否定を程よく取り入れましょう

では今回は以上です
ありがとうございました。

今回の話をいいね!と思うことができたなら
ポチっと押して応援して頂ければ嬉しいです↓↓


人気ブログランキング

ピックアップ記事

  1. 生きる力を育むために必要なことは何か?
  2. あなたの悩みを解決するための方法とは
  3. カイジ・利根川の名言「金は命より重い」
  4. もしも願いが叶うなら何を願うか?
  5. 成功者の共通点とは中毒のようにのめり込むこと

関連記事

  1. エンタメの話

    レクリエイターズまがねのセリフが名言に感じた話

    どうも、コウスケですレクリエイターズと言う…

  2. エンタメの話

    ツイッターの批判コメントは意味がない!得する使い方とは

    どうも、コウスケですツイッターを利用すると…

  3. エンタメの話

    「この世界の片隅に」を見た個人的な感想

    どうも、コウスケですここ最近、話題になって…

  4. エンタメの話

    乙武洋匡さんが語るパラリンピックの魅力について

    どうも、コウスケですたまたま乙武洋匡さんが…

  5. エンタメの話

    エロいYouTube動画をアップするユーチューバー

    どうも、コウスケですたまたまYouTube…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

人気の記事

  1. 苦手な人と上手に付き合う方法は自分を無くすこと
  2. 哲学者ソクラテスの名言「無知の知」から学ぶ死生観とは
  3. どれだけ努力しても結果が出ない理由を考えてみた
  4. 一番エロい女は誰なのかを真剣に考えてみた
  5. 努力が必ず報われるとは限らないならどうする?
  1. 体の話

    記憶力を高める方法!これで勉強はバッチリ!
  2. ニュースの話

    はあちゅうをブログで叩いていたHagex氏が殺された理由
  3. 生き方の話

    何もない普通の人生はつまらないものか?特別になる方法とは
  4. ニュースの話

    TOKIO山口達也の謝罪会見から考える「責任」の在り方とは
  5. お金の話

    会社から貰う給料が上がらない理由と給料アップの方法
PAGE TOP