人間関係の話

ヤクザの鉄砲玉が親分に忠義を尽くす理由とは何か?

 

どうも、コウスケです

自分たちが考える正しさとか道徳的な
答えと言うのは今まで受けてきた社会的な

常識によって作られていると思うのです

つまり誤解を恐れずに行ってしまうと
洗脳によって何かしらの答えを出していると言うこと。

例えば自分が思う「良いこと」や「正しさ」。

人にやさしくするのは大事だとか
挨拶をちゃんとすること
真面目に働き税金を納めること

こう言うことが美徳としてあるわけですがこれは

ひょっとすると他の誰かが都合よく作りあげた
洗脳的な教育によって、できたものかもしれない。

優しくしてほしい誰かがいて
挨拶をちゃんとしてほしい人間がいて
真面目に働き税金を納めてほしい誰かが

僕たちを洗脳しての美徳の心を作りあげることで

意図的にコントロールされてしまう存在になって
いるのではないかと思うのです

これはあまりにも偏見が強いかもしれませんが
おそらくそういう側面を持ち合わせている
そんな事実もあるのではないかと思います

他の誰かが教えてきた常識を僕たちは当たり前だと思い

その常識の範疇の中で行動するように
巧みに作られた存在が僕たちだという事です

つまりは誰かに都合の良い存在となり
自分のためではなく他の誰かのために必死で
働き続けているだけではないかと。

自分たちをコントロールしてる偉い奴らがいて

僕たちは無意識にその偉い奴らのために働き
その働きから生まれた利益をタダ同然で手に入れて

あぐらをかいて蜜を吸ってる奴がいるかもしれない
そのためだけに必死で働き生きてるかもしれない。
そしてそんな人生や社会を無意識で受け入れてそれを
僕たちは「美徳」と呼んでいるかもしれない

今持ってる自分たちの常識や答えと言うのはたぶん

誰かに教わってきた教育から芽生えたものであり

それを正しい答えだと信じて生きてる。
でも本当にそれは正しいことなのだろうか?

つまり自分で導き出しだした答えを持ってる
わけではなく単純に誰かの教えを大事にしていると言うことで
それによって自分たちの生き方が出来上がってるわけです

その生き方は自分が幸せになれる生き方なのだろうか?

例えばヤクザの鉄砲玉がまさにそんな感じ。

なぜヤクザは命をささげるほど忠義を尽くすのか?
あれほどの忠義が生まれる理由は恐らく
身寄りのない子供を引き取り居場所を与えて
その子供にヤクザの親分が教育をほどこすから

忠義が生まれそこから鉄砲玉が生まれるのだと思うのです

つまり身寄りのない自分を引き取ってくれた
人に対して命をささげることを美徳に感じるような

教育がヤクザの世界ではあるんじゃないかと。

親分のために命を捧げるのがヤクザの常識なら
その常識は親分が作りあげた洗脳的な教育から
来ている可能性もあるわけですよ

もしくはヤクザと言う文化や伝統からくる常識か。

どちらにせよ与えられた答えによって
自分たちの行動が決められるわけで命を捧げて
忠義を尽くす美徳が自分の頭の中で

常識になってるのでそこまでのことができるわけです

「与えられたらその恩を返さないといけない」

どこかで僕たちの意識の中には
こう言う感覚があるわけです
そしてこの感覚によって行動してしまう

だからヤクザは身寄りのない子供を引き取り可愛がり

恩を与えてそれを返す意識を刷り込むのです
自分に居場所を与えてくれて人のために何でもするという
ことを考えてしまうのはそういう環境によって
作りこまれた価値観からくる行動です

これが本当に自分を幸せにすることなのか?
たぶんここまで考えることなくヤクザの親分に
忠義を尽くすという常識よって

命を投げ出してしまうことができてしまうのです
でもこれは自分の幸せから程遠いかもしれない

だからこそもう少し

自分の頭で考えることも必要なのではないかと。

自分で考えて自分で行動を決めていくこと。
これも人生の中で必要であり今までの常識の
中で生きるなら都合よく搾取されるだけの

存在になってしまってる可能性があるわけですよ

例えば暴力をふるう彼氏と付き合い続ける女性。
こう言う人がいるわけですがこの関係性が続くのは
相手が自分を必要としてくるからその必要性に
負けてなかなか関係性を断ち切れないでいるわけです

今まで付き合ってきた中で作りあげた思い出や

「お前しか頼れないんだよ・・」
「俺と一緒にいてくれ!」

なんて言葉で懇願されたことによって必要性を感じ
その関係性を続けてしまうことがあるのです

でもそれは本当に自分がそうしたくてしてるのか?

と言うことで彼氏がその女性に根付かせた
洗脳的な価値観かもしれないと言うことです
要はただの都合の良い女として作りあげられたと言うこと。

こう言う側面があり自分に対してあまりにも

負荷が大きい場合はその洗脳から解き放たれて
時には自分の考えで答えを出しその
自分の答えに寄り添って行動することも大事なこと。

そうしないとずっと固められた苦しい常識の中で
生き続ける人生になってしまう・・・
それはあまりにも無残なこと。

だからこそ今の自分を疑うことも時には必要であり

培ってきた常識は本当に正しいことなのか?
これを考える時間を作ることも大事だと思うのです

そうやって最も最適な生き方を選ぶことも

人生を送るうえで必要なことだと思う。
洗脳的な教育により生き方が定められてしまい
制限の中で生きるのならそこに自由は無い

もっと豊さや自由があることに気付けるし
自分らしく生きることもあっていいんじゃないかと感じる

その答えは自分を疑うことで見つかると思う。

忠義や教育的な考えがダメだと言うことでないし
それも大切なものだけどそこに歩みより過ぎるなら

それは「自己犠牲」につながる危険性があるという事です

だからこそ自分を守るという視点を持ち
自然にしている行動や常識的な考えに疑いを持ち
何が一番最適な行為なのか?

これを考えるのも良いんじゃないかと思います

ではこれで終わりです
一つの意見として参考にしてください

今回のまとめ

常識と言う洗脳によって生きている
時には自分で考えることも必要
何が最適なのかを考える

まあこんな感じの話です

人の権利を奪うような横暴な考えは認められないけど
ある程度の自由は認められるべきで僕たちは

もっと自由に生きられるのではないかと思うのです

ただ常識や教育よって自分の自由と
向き合うことを避けてしまっているだけ。
だからこそ向き合う時間がどうしても必要。

その上で今の生き方を選ぶのならそれでも良いし

人生の選択肢をもっと増やすことにが意義がある。
考えた先にもっと最適な生き方を見いだすことが

できるのなら勇気をもってそこに歩み寄ることも

自分らしい良い人生だと感じます

では今回は以上です
ありがとうございました。

今回の話をいいね!と思うことができたなら
ポチっと押して応援して頂ければ嬉しいです↓↓


人気ブログランキング

ピックアップ記事

  1. 武士道とは?武士の生き方から学ぶ人生哲学
  2. あなたの悩みを解決するための方法とは
  3. どれだけ努力して勉強しても結果が出ない人の理由
  4. 成功者の共通点とは中毒のようにのめり込むこと
  5. アニメ僕のヒーローアカデミアで轟焦凍のさりげない名言

関連記事

  1. 人間関係の話

    自分の印象を良くする方法は最初に相手の心を掴むこと

    どうも、コウスケです人との関係性を良くした…

  2. 人間関係の話

    サッカーW杯で本田圭佑への批判から学ぶ自分のやるべきこと

    どうも、コウスケです他人と自分を同一で考え…

  3. 人間関係の話

    目障りな人と上手く接するための対処法とは

    どうも、コウスケです世の中にはどうしても肌…

  4. 人間関係の話

    うざい人や面倒臭い人の特徴とその付き合い方とは・後編

    どうも、コウスケです前回の記事でうざい人や…

  5. 人間関係の話

    嫌いな母親との上手な付き合い方の方法とは・後編

    どうも、コウスケです前回の記事で母親との上手な付き合い方の…

  6. 人間関係の話

    友人関係でうまくいかない悩みを解決するには

    どうも、コウスケです友人関係がうまく言って…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

人気の記事

  1. 苦手な人と上手に付き合う方法は自分を無くすこと
  2. 哲学者ソクラテスの名言「無知の知」から学ぶ死生観とは
  3. どれだけ努力しても結果が出ない理由を考えてみた
  4. 一番エロい女は誰なのかを真剣に考えてみた
  5. 努力が必ず報われるとは限らないならどうする?
  1. 生き方の話

    もう少し楽になる方法は過程至上主義になること
  2. 妄想の話

    クズみたいなダメ人間が成功する方法
  3. 生き方の話

    武士道とは?武士の生き方から学ぶ人生哲学
  4. 生き方の話

    自堕落な生活から抜け出す方法はあるのか?
  5. ニュースの話

    憲法9条の改正案に基づくメリットとデメリットとは何か?
PAGE TOP