エンタメの話

僕のヒーローアカデミアの漫画7巻から学ぶ仲間の作り方とは

 

どうも、コウスケです

僕のヒーローアカデミアと言う漫画を
読んでいるのですがここで仲間作りにおいて

すごく参考になる話があるのでシェアしたいと思います

この漫画はヒーローが悪を倒すという
漫画でシンプルな設定なのですが悪側の
背景をちゃんと描いているため

世界観の作りこみがしっかりしています
なので単純な勧善懲悪と言う形ではない漫画です

だからこそ読んでいて深みを感じる。

おすすめの漫画でもあるので是非、読んで
見てほしいのですがこの漫画の中で
敵役のステインと言う悪者が出てきます

こいつはヒーローを殺して回る犯罪者で

「ヒーロー殺し」で有名になるのですがこいつは
こいつでヒーロを殺すことに対しての大義があり

悪いことをしてもそこに共感ができる部分もあるのです

そのステインの大義と言うのが

「ヒーローとは何か?」

この問いかけを世の中に投げかけるわけです
ヒーローとは何か?正義とは何か?
ヒーローは無償で人を助けるものでありヒーロー活動に
より対価を得るのならそれは本物のヒーローではないんじゃないか?

これがステインの問いかけです。

ヒーロと言う職業が人気になりヒーロー活動が
盛んになっている世界が僕のヒーローアカデミアでは

描かれているわけですがその人気によって

ヒーローの本質を失ってしまってる背景があるわけです
本来は人助けのためにヒーローが動くべきなのですが
実態は人気を得るためのヒーローと言う形になってしまっていて

欲求を満たすばかりのヒーローが多くいると。

だからヒーローの本質を訴えるために
世の中に問いかけて偽物のヒーローたちに
罰を与え殺していったのです

やっていることは人殺しであり犯罪なので
認めることが出来ないわけですがこの活動によって

ステインは大きな波紋を呼び世の中の一部の

人間に大きな影響力を与えました
その一部の人間と言うのがヴィラン(悪)です。

それまでのヴィラン達は犯罪をするなら単独で自分の
個性(能力)を使って悪行をしていましたが
ステインの問いかけに対して共感した人間たちが

集まり仲間になって協力し合うようになるのです

一人一人では大したことないヴィラン達でも
それぞれが集まることで大きな力に発展しその
力は何倍、何百倍、時には何万倍にも膨れ上がるのです

そして巨大な悪の組織が誕生する。

これがヴィラン連合と言うものでこうやって
ヒーローたちを追い込んでいくのです

世界に疑問を持って抑圧された環境で不満を抱いてる
人間たちに問いかけることで共感を呼び
バラバラになってる価値を一繋ぎにしたという事です

これは仲間作りにおいてすごく大事なこと。

ある組織を作るときにカリスマ的なリーダーが
必要になるのですがまずその前提には共感できて

心が動くかどうかが必要になるわけです

その方法が信念や理念を語ること。

その組織は自分にとってどんな存在になるのか?
これが気になるところですよね?

会社に入るときもそうだしコミュニティに

所属するときにもどういう属性の人たちがいて

その場では何が行われているのか?これがすごく気になるはずです

だからこそそこを具体的に説明する必要があり
仲間づくりにおいて熱いメッセージを投げかけることは
とても重要なことなのです

ステインの場合は「正義とは何か?」と言う

問いかけをしたことで仲間を集めました
まあ実際はステインの投げかけを利用して
ヴィラン連合のリーダーが仲間を集めたわけですが

これによって多くの仲間が集まってきたのです

もちろんステインの活動が世間の大半は認めないし
ほとんどの人間にはその熱いメッセージは届かなかった
わけですが個性を持て余している人間たちには

とてつもなく響くメッセージになりそれがきっかけで

巨悪を作りあげることになったわけです
悪役のやったことだとはいえこの一連の流れは

かなり参考になる部分があり仲間作りにおいて必要なことは

信念や理念の一致がかなり重要だと言えます
だからまずはぶれないくらいの信念を持った方が良い。

ただ自分の欲望を満たすためだけに人を集めようと

するのならそこに人が集まってくるわけでもなく
もし集まってきたとしても価値のない薄い
人間たちが集まってくるだけなのです

ヴィラン連合を例に挙げるなら力のある人間ではなく

どこにでもいるようなチンピラしか集まらないのです
だから信念や理念を投げかけることが大事で
そこに深く共感した人間だけを仲間にすることが大事です

その仲間たちなら困難を超えることもできる。

何故なら深い信念に基づいて行動する人間たちなので
こう言う人たちはすぐに折れない心があるわけです

世界の在り方や、自分たちの取るべき行動を
明確に理解していてそこには達成すべき目標を
見据えているため前に進む強さが

信念のない人間たちとは全く異なるわけです

だからそういう人たちを集めて強い仲間を
加えていくことが大事。

そうすれば偉大な組織を作りあげることが出来るわけです

だからこそまずは深い信念をもつこと。

これが第一に必要であり成し遂げたい「何か」があり
そのために仲間が必要なのであれば自分の
やりたいことばかりではなく世界の在り方や
人々が疑問に抱いている事柄を口にするようにしましょう

そうすれば深い共感が得られるはずです

ではこれで終わりです

一つの意見として参考にしてください

今回のまとめ

熱い信念を語ることが必要
仲間を集めるときには共感を呼ぶこと
人々の疑問や世界の在り方を訴える

まあこんな感じの話です

多くの人を巻き込むと言っても世界中の
全ての人に共感する話はできないわけでそれは

一部の属性の人たちへのメッセージにしかなりません

しかし一部の人たちにそのメッセージを
届けることでその一部の人たちが動き出しそれは
小さな価値と価値のつながりが大きな

結晶を生み出すことにつながりその一部人間たちが

世界を変えていくことができるわけです

だから小さなグループだろうと世界だろうと
まずは信念を共有しあって芯のある仲間を作るべきです

折れない仲間たちが中心にいればそれは組織として

強さを示すことにつながりその中心メンバーから
数珠つなぎで多くの人たちのつながりが生まれるわけです
そうやって巨大な組織が誕生していく。

だからこそまずは「信念」が何より重要だということ。

それがあれば共感を呼び勝手に仲間となる
人々が集まってくることが予想できます

では今回は以上です
ありがとうございました。

今回の話をいいね!と思うことができたなら
ポチっと押して応援して頂ければ嬉しいです↓↓


人気ブログランキング

ピックアップ記事

  1. 武士道とは?武士の生き方から学ぶ人生哲学
  2. もしも願いが叶うなら何を願うか?
  3. 生きるのがつらい・もう死にたいと思うあなたへ
  4. アニメ僕のヒーローアカデミアで轟焦凍のさりげない名言
  5. 日大のアメフト部のタックル問題に見る監督としての在り方とは

関連記事

  1. エンタメの話

    アニメのいぬやしきを見ての個人的評価と感想

    どうも、コウスケですいぬやしきというアニメ…

  2. エンタメの話

    小林麻央さん死去・ブログで語る深い話

    どうも、コウスケです先日、小林麻央さんがガンのため亡くなら…

  3. エンタメの話

    アニメ・オーバーロードの個人的評価と感想と未来の話

    どうも、コウスケですオーバーロードと言うア…

  4. エンタメの話

    レクリエイターズまがねのセリフが名言に感じた話

    どうも、コウスケですレクリエイターズと言う…

  5. エンタメの話

    乙武洋匡さんが語るパラリンピックの魅力について

    どうも、コウスケですたまたま乙武洋匡さんが…

  6. エンタメの話

    モンスターハンターワールド2017年発売か!?

    どうもコウスケですモンスターハンターの最新ゲームモンスター…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

人気の記事

  1. 苦手な人と上手に付き合う方法は自分を無くすこと
  2. 哲学者ソクラテスの名言「無知の知」から学ぶ死生観とは
  3. どれだけ努力しても結果が出ない理由を考えてみた
  4. 一番エロい女は誰なのかを真剣に考えてみた
  5. 努力が必ず報われるとは限らないならどうする?
  1. 生き方の話

    武士道とは?武士の生き方から学ぶ人生哲学
  2. 生き方の話

    生き方がわからない20代はここを見ろ
  3. 人間関係の話

    うざい人や面倒臭い人の特徴とその付き合い方とは
  4. 妄想の話

    お金がなくてもヒモ男になれば生きていける理由とは
  5. 体の話

    仕事の疲れが取れない原因は精神的な事が問題かも
PAGE TOP