仕事の話

今の仕事を続けるか辞めるかで悩んでいるときに大事なこと

 

どうも、コウスケです

今の仕事を続けるかもしくは辞めるかで
悩んでいる場合にある一つの有効な考え方が

あると思っているのですがそれは

「どちらでもいい」と思うこと。

こう思うことが悩みを減らすきっかけになると思ってます
どちらか一つが絶対的な正解だという事ではなく
どの方法をとっても正解であると考えるほうが悩みは減ります

仕事を辞めるかどうかで悩んでいる場合は今の仕事に
どこかで不満があるから悩んでいることでしょう

でも仕事を辞めたところで結局、もっと厳しい現状に

なる可能性があるわけでそれはそれで辛いことです
それなら仕事を辞めないほうがいいわけですよね?
だから仕事を辞めないという選択も時として大事

もちろ最悪なブラック企業もあるから辞めることも大事。

仕事を辞めるというのはリスクのある行為であり

それで悩むわけですがどうあっても一番大事な本質は
この先、自分が満足いく仕事ができるかどうか?が一番
重要なところであり仕事を辞めるかどうかは

方法論であって本質的ではないわけです

つまり仕事を変えて満足いく職場で働くか?
職場を変えずに満足いく仕事ができるように工夫をするか?

このどちらかの選択が必要になるわけで

そこに自分の満足感があれば何の問題もないわけです
そしてどの道を見てもそこにはリスクはある。

仕事を辞めずに満足いく仕事ができれば問題ないですが
仕事を辞めて自分で起業したらそれ相応の負担がのしかかるわけです
職場を変えてもっと劣悪な環境の職場になることもある。

逆に起業して成功する可能性もあるし
最高の職場に出会い充実感をもって働くことができるかもしれない。

だからこそ「どっちでも良いと」思える方が良くて

要は環境を整えるか?
それとも心を整えるかの問題だという事です

職場を変えたり自分で起業したりして働く環境を変えれば
満足いく仕事が出来るかもしれませんがそれにもリスクがあって
職場を変えた先でもっと劣悪な環境が待ってるかもしれないし
起業して失敗する可能性だってあるわけです

ある情報によると起業した人の9割が

5年以内に廃業するという話があり起業には
それなりのリスクと負担がのしかかるわけですよ

だから今の仕事で満足いくような心の持ちようも大事だと言うこと。

転職がダメ!とか起業がダメ!と言うことではなく
今の仕事でも満足のいく形も考えようと言うことで

その道の幸せの形も考えておいた方がラクだという話です

だからこそ人生の分かれ道で分岐する
二つの道があった時にどっちに行っても
正解だという選択肢を作るんです

「今の仕事は先が見込めないから職場からなれないとヤバい」

こう言う危機感があると人は余計に疲れるし
ただしんどいことの繰り返しなわけです
だって実際に自分が働いてる職場をヤバいと感じてる

わけでその職場にいる状況は変わらないから。

そうなるとヤバい職場で働いていて抜け出さないと行けないのに
何も出来ていない自分がそこにいるという矛盾を抱えるわけで
それは自分で自分を苦しめることになるわけです

だからこそ今の職場でも満足いく形を模索して

何事もリスクがあるという認識が前提で必要なんです
転職も起業もリスクがあり今の仕事もリスクがある。

そう、何事にも同じくらいのリスクがある。

この前提に立ってそれぞれの道での幸せを模索するほうが
まだ可能性は広がっているわけでそれが

「どっちでもいいよね(笑)」

と言う価値観なのです
今の仕事をしながら副業で自分のやりたいことをやると
言う発想もあるだろうし今の仕事でも十分にやりがいがある
と言う感覚を養うことが出来ればそれはそれで幸せなことです

結局どこかで理想の未来を考えていて

それが実現するように勘違いするわけですが
夢をもって起業するから借金して破産する人が
現れるわけで何事にもリスクがあるという認識は

当然のように必要だと思うのです

だからこそどの道に進もうとも間違いはなく
それぞれの道のゴール地点には幸せな形があると
考えれる方が未来は明るいじゃないかと。

こう言いたいし、こう思ってほしいなと思います

「今の仕事は辞めないといけない!」
「仕事は我慢して続けないといけない」

○○しないといけないという考えは自分に制限を付け加える
事でありこれは抑圧された感覚を持ってしまう。

自由がなく他の可能性を潰されるそんな恐怖がそこにあるわけです

だからこそもっと広い視野で考えて何事にも

「リスクはあるし良いこと・悪いことそれぞれあるよ」

と考えておく方が良くてその方がどの道に行っても
先に続く明るい未来が見える分まだ気持ち的にラクなのです

何が正解なのかはわからないのが世の中なので

自分がありたいようにあればそれで良いし
無理に自分のあるべき姿を固めなくても良いと思います

もっとあらゆる形を想定してそれぞれの道の先の

幸せを考えることでどの道に選んでも間違いはないと
思えるようになればそれが肩の荷が降りるきっけかになり
気持ちはすごくラクになるわけです

無駄に自分を追い込まずにあらゆる可能性を持って生きましょう

ではこれで終わりです
一つの意見として参考にしてください

今回のまとめ

仕事を辞めても続けても良い
どちらでも良いと思うこと
何事にも同じくらいのリスクはある

まあこんな感じです

僕たちが何かを選択するときには

「どの道が正解なのか?」

こう考えてしまいがちですが何が正解かは
未来の結果が決めることで今を生きる現在の僕たちには
明確な答えと言うのは持っていないのです

結果論から考えるなら結果さえ良ければ全て良しに

なるわけでそれがわかるのは未来だけなのです
だから今はどうあるべきかは分からない。

だからこそどうあっても良いと思うし

そう考えるほうが心が自由で無駄に自分を追い込まずに
自然体で無理せずに生きることが出来るわけです

何かを選択すれば必ず何かは失うというのが基本原理であり

変化を付けるならどこかで負担があるわけです
どの道に行っても大変な思いをするわけでどの道に行っても
楽しいことはあったりするわけですよ

だからこそ一つの答えに絞るのではなく

どの道でもいいよね(笑)

と思えるくらいのスタンスも時に必要な考えだと思います
特に悩んで答えが出ない場合はあらゆる道の先につながる
幸せを想定することで気持ちがかなりラクになることだと思います

なので複数ある分かれ道の先にあるそれぞれの

幸せと言う形を考えることも良いことだと言えます

では今回は以上です
ありがとうございました。

今回の話をいいね!と思うことができたなら
ポチっと押して応援して頂ければ嬉しいです↓↓


人気ブログランキング

ピックアップ記事

  1. アランの幸福論から考える人生において必要なことは
  2. 日大のアメフト部のタックル問題に見る監督としての在り方とは
  3. スピードワゴン小沢の甘いセリフが名言ばりに深い話
  4. どれだけ努力して勉強しても結果が出ない人の理由
  5. 生きるのがつらい・もう死にたいと思うあなたへ

関連記事

  1. 仕事の話

    仕事を辞めたいと言えない人のための対処法

    どうも、コウスケです仕事を辞めたいけど「辞める」と言う一言…

  2. 仕事の話

    仕事のストレス・絶望的な悪循環の話

    どうも、コウスケです仕事をしているとどうし…

  3. 仕事の話

    嫌な上司に使えるずるい対策法

    どうも、コウスケです仕事場に行くだけで気持ちが病んで毎日、…

  4. 仕事の話

    仕事でミスをして上手くいかない時の立ち直り方とは

    どうも、コウスケです生きていれば誰でもミス…

  5. 仕事の話

    後輩指導が疲れたと思うあなたに伝える思考法

    どうも、コウスケです「必死に後輩に仕事を教えているのに全く…

  6. 仕事の話

    仕事をサボる人間にならないようにする方法とは

    どうも、コウスケです仕事をサボる人間ってい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

人気の記事

  1. 苦手な人と上手に付き合う方法は自分を無くすこと
  2. 哲学者ソクラテスの名言「無知の知」から学ぶ死生観とは
  3. どれだけ努力しても結果が出ない理由を考えてみた
  4. 一番エロい女は誰なのかを真剣に考えてみた
  5. 努力が必ず報われるとは限らないならどうする?
  1. 生き方の話

    ラクに生きる方法は他人と比べることを辞める
  2. 哲学の話

    資本主義とは何か?生きる上で考えなくてはならないこと
  3. 人間関係の話

    嫌いな上司や教師に怒られないようにする方法
  4. プロフィール

    このブログに初めて来られた方へ
  5. エンタメの話

    「この世界の片隅に」を見た個人的な感想
PAGE TOP