エンタメの話

面白い人と面白くない人の特徴とその違いとは何か?

 

どうも、コウスケです

ふと気が付いた事があるのですが面白い人と
面白くない人の違いにその人がまとっている

「空気感の違い」があるなって感じました

人は空気感で笑いにつなげている。

こう考えることができるなと思っていてお笑いに
正解がない以上、僕たちはただ何となく笑ってただ
なんとなく面白いとか面白くないという判断を

していることだと思います

そのなんとなくの要因で大きく結果が異なるのが

笑いでありそれが起こるきっかけがその人の空気感です

要は面白いと思わせておけば実際に面白くなくても
面白いように錯覚するしそれができていないのならどれだけ
高度な笑いをやっても誰も笑わないということです

例えばガキの使いやあらへんでと言う番組が
ありますがあれでおなじみの「絶対に笑ってはいけない」

と言う企画の真似事を素人がしても寒いだけで

そこに笑いは生まれないのです

あれはプロがやるから成立する笑いであり
素人が見た目の面白さを真似ても成立しないものです

笑いの難しいところは空気作りからする必要があり

それは表面的な真似事だけでは意味がないということです
空気作りから持っていき面白いという信用を勝ち取ってから
笑いにつなげていく必要があるわけです

その場の空気をまず笑いの空気にしてから

実際に面白いことをしないと誰も笑わないわけですよ
だから爆発の瞬間だけを真似ても笑いにはならない。

空気作りとは要は爆発までつなげるための

導火線のようもので火種がまず必要でその火種が導火線に
着火してそこから爆発までつなげるという一連の

流れで笑いにつなげていく必要があるわけです

これを素人は考えないから寒いことになる。
要は見た目の華やかさだけに憧れてプロの真似事を
しても同じようなことにはならずに

いきなり一発ギャグやものまねをしてもすべるだけなのです

もっと現場の空気作りから必要で笑いとは
笑う側の準備が整わないと笑いにはつながらないのです
だからこそ笑う側と笑わす側のチームプレーが必要であり

笑いとは常に団体芸みたいなものなのです

そうやって全員で笑いを作りあげる必要があるのです
そもそも僕たちはどのようにして笑いを判断しているのか?

面白い・面白くないという判断基準は何か?

これはただ幼いころに人が笑っているのを見てきた真似事です
つまり何も知らない頃に親が笑っているタイミングが
面白いことが起きた時だという錯覚に陥ってるわけで

テレビでタレントが笑っているタイミングで自分も笑うわけです

ただ人の真似事をしそれが染みついていてそれが
自分の笑いの価値観として絶対的になってるだけなのです
元々はなんとなくの人の真似事から入ってるだけで

笑いとは人の真似事であり人の価値観を享受しただけ。

ズバリ言うとこう言い切ることができます

これは笑いだけではなく全ての価値観で言えることですが
自分で作りあげた価値観と言うのは実は無く
誰かの価値観の受け売りを自分で大事にしているだけなのです

どんな出会いがあり何を体験してきたのか?

これによって価値観が作りあげられるわけです
だからこそ昔からテレビ番組を多く見てきてお笑いが
好きな人間ほど笑いのパターンを多く持ってるので

よく笑うし楽しめる価値観の幅が広いわけですよ

笑いには絶対的な答えがあるわけではなくなんとなく面白い
と思える空気感をまとうことが大事で後は笑う側と笑わす側が
いかに笑いにつながるかを考えて共に作りあげることが

必要になりそれが笑いなのです

そうやってチームプレーで作りあげる必要があり

これはガキの使いやめちゃイケなんかは
よくできたコンテンツだと思えます

全ての人がメインで笑かそうするならそれは
全体的にまとまりがない番組になり面白くない。

これも僕の勝手な価値観かもしれませんが全員がメインに

なろうとしている番組よりもそれぞれの役割があって

メインの人とサポートの人と別れている方が
番組としては面白みが増す傾向にあります
メインはダウンタウンでありナインティナインであるという
構図が必要だと言う事です

何もしないという美学もそこには必要で

面白いコンテンツを作りあげるには空気作りを
必死でするサポートメンバーが欠かせないわけです

つまり爆発の瞬間がメインになるのでそこは

ダウンタウンやナインティナインが務めるわけですが
そこまでにはちゃんと種火を作る人もいれば
導火線の役割をする人もいて爆発までのサポートを
する人たちの存在が必ず必要なのです

そうやってそれぞれが役割を全うするからまとまりがあり

それが笑いにつながっていくという事なのです
全員がメインになろうとする番組は全体のまとまりがなく
笑いに繋がりにくい番組になります

顕著なのは若手ばかりの番組では起こりがち。

やはりどこかで引く美学が必要であり
何もしないという存在の人も中には必要なのです
そうやってまとまりを意識するのも笑いの一つの要因だと言えます。

では、これで終わりです

一つの意見として参考にしてください

今回のまとめ

笑いとは空気感
なんとなくの価値観が染みついてる
何もしない事も必要

まあこんな感じの話です

要は楽しい空間を作りあげるには笑わす側と
笑う側の連携が必要で笑わす側だけが頑張っても
それは笑いにはつながらないという事です

全体の流れがめちゃくちゃ大事なわけです

だからクラスの人気者ばかりが集まってもしょうがない。

全員が笑わす側で一切そこに笑う人間が
いなければ何をしてもそれは笑いにはならないのです

だからこそ笑う側も必要であり面白くなくても

無理に笑うという事も時として大事なことです。
だからタレントはよく作り笑いをするしテレビの編集では
笑いをつけ足して放送することがあるわけです

これは空気作りと言う観点として大事なことです

ボケばかりでは当然、成立せずにそこはツッコミも
必要でありそしてそこには笑う人も大事だという事です

全体のチームプレが「笑い」なのです

わかりやすいのがAmazonビデオで見ることのできる
松本人志さんの番組「ドキュメンタル」は
笑いの作り方としては非常に勉強になるので一度

見てみるのも良いと思います

では今回は以上です
ありがとうございました。

今回の話をいいね!と思うことができたなら
ポチっと押して応援して頂ければ嬉しいです↓↓


人気ブログランキング

ピックアップ記事

  1. 島田紳助さんの名言・XとYの法則とは
  2. 生きるのがつらい・もう死にたいと思うあなたへ
  3. 仕事行きたくない時ストレスで吐き気もある人
  4. 劇的にあなたの集中力を高める方法とは
  5. 反省なくして成長なし!意見を変えるのは進歩!

関連記事

  1. エンタメの話

    テレビの視聴率はもう無視!CM不要説

    どうも、コウスケです僕はテレビが好きでテレ…

  2. エンタメの話

    一人で暇つぶしをする良い方法とは?

    どうも、コウスケです一人で遊ぶ相手がいない…

  3. エンタメの話

    平昌オリンピック・羽生結弦が金メダル獲得!結果を出すには?

    どうも、コウスケです先ほどオリンピック系の…

  4. エンタメの話

    ネト充のススメを見た個人的な評価と感想

    どうも、コウスケですここ最近「ネト充のスス…

  5. エンタメの話

    僕のヒーローアカデミアの漫画7巻から学ぶ仲間の作り方とは

    どうも、コウスケです僕のヒーローアカデミア…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

人気の記事

  1. 苦手な人と上手に付き合う方法は自分を無くすこと
  2. 哲学者ソクラテスの名言「無知の知」から学ぶ死生観とは
  3. どれだけ努力しても結果が出ない理由を考えてみた
  4. 一番エロい女は誰なのかを真剣に考えてみた
  5. 努力が必ず報われるとは限らないならどうする?
  1. エンタメの話

    上西小百合議員のツイッター炎上騒動について
  2. 生き方の話

    これからの時代を生き抜くために必要な思考
  3. 知恵になる話

    意味のない誹謗中傷をすると自分にとって損をする理由
  4. 妄想の話

    もし手に入るならどんな能力がいいのか?その2
  5. 生き方の話

    洗脳されて生きることは悪いことなのか?
PAGE TOP