仕事の話

癖が強いのを直せない理由とバカな人の特徴と危険性

 

どうも、コウスケです

人間には2つのタイプがあると言われていて
脳科学的なタイプ分けで言うなら

人間脳と動物脳の違いがあると言われています

これは分かりやすく言うなら理性と本能であり
論理と感情と言う言い方でもいいでしょう
2つのタイプに分かれているというよりこの

2つのタイプを人間は持ち合わせていると考えられます

人間脳は理性の部分なので論理的に
物事を考えているときに発動する部分であり

動物脳は反射的に発動する部分です

要は動物脳は突発的な感情だと言っていいです。

最初の時点で反射的に感情が表れて後から
論理的に理性で自分を制御するようなものです
こういう反応が人間にはあるわけです

それで最初の反応は動物脳であり感情なのです

つまり最初に感情が働いて後から論理で制御するわけです

例えばダイエットをしているときに美味しそうな
物を見るとつい食べたくなりますがそれを
食べないようにするのは論理の部分で制御を働かせているからなのです

食べたい!と最初に思う

まだダメだ!と制御する

こう言う順番があるという事です
ですがつい食べてしまう人はいますよね?
これは感情がだけが働いて論理が働いてないパターンです

つまり動物的な本能だけで動いてる。

食べたい!と思う

だから食べる

これだけなのです
こうやって論理が抜け落ちると

感情的に動いてしまい自分を制御できないのです
わかっちゃいるけど辞めらない。

こう言う状態になるのは基本的に感情が強すぎるからです

要は論理的な人間脳が機能していない。
わかりやすくハッキリ言ってしまうなら
バカな脳になってしまってるという事なのです

つまり論理的な人ほど自分をコントロールできますが
感情的な人は自分をコントロールできずに

間違った行動をとりやすくなるという事なのです

これは日ごろから考える習慣があるかどうかで決まります。
例えばセクハラの問題もそうですが少し考えれば
やっていはいけないという事は分かるのですが

それがわからずに過度な女性のへのアピールによって

セクハラになってしまうわけです

財務省の官僚やジャニーズのメンバーなどは
この問題よって社会的制裁を受けました。

こうなってしまった理由は、感情が先ばしり
論理的な部分が機能していなかったから起きたわけです
要は考えずに動いてしまい自分のしたいことしかしてなかった。

世の中にはやりたいこと・やりたくないことがあります
そして世の中にはやって良いこと・やったらまずいことが

ありセクハラなどの問題はやりたいけど
やったらまずいことに分類されるわけです

やりたい・やりたくないは感情の部分で判断することで

やって良い・やったらまずいは論理で判断することです

好き嫌いは感情ですが善悪は論理なのです。
この善悪が抜け落ちると、とんでもないことになるわけです
だから論理は大事だし考えることは習慣にしないといけない

感情で生きるならそれは教養のない子供と一緒です

ご飯の前にお菓子を食べたいと駄々をこねる。
そんな手のかかる子供と一緒なわけです

子供は基本的に好き嫌いの判断が強いのです

だから大人たちが社会の善悪を教える教育が必要で
大人になれば徐々にそれが芽生えてくるので
やって良いこと・やったらまずいことがわかるわけです

基本的に犯罪を犯す人はこう言うのが抜け落ちています

だから簡単に犯罪を犯すし
犯罪を犯すような人間は大人であっても
中身は子供のような人なわけです

そこに善悪を考えるフィルターが無い。

だからやってはいけないことをやってしまうのです

さすがにいい歳して子供と同じような習慣で
大人が生きるのはまずいわけですよ
いつかはそのまずいルーティーンを抜け出さないといけない。

そうしないといつまで経ってもバカな人間のままです

自分をコントロールできないという事は嫌なことから
逃げつづけて自堕落な人生を送るという事です
それはつまりクズな人生であり社会的にゴミなわけです。

こんな人間に陥るともう抜け出すことが出来ない。

ラクをするのは人間は好きなのです
基本的には頑張りたくないし何もしたくない。
こう言う発想を持っているわけです

だから感情に従って生きると基本的には落ちぶれます

僕のブログは「クズの哲学」と言うタイトルを
付けていて別にクズでもいいじゃんと言う考えが
ありますがあくまで能力的な話です
つまり前は向いてクズなりに努力して生きれば

それでいいじゃん!と言う発想が僕の考えであり

性格的に腐って良いという話ではないのです。

頑張りすぎると辛いからクズだと理解したほうが
気持ち的にはラクになるよ!と言う提案であり
社会的なゴミとしてダメ人間の人生を送ろう!と言う

提案ではありません。

だからやるべきことはしないといけないし
人として間違ったことはしてはいけないと思ってます

感情がコントロールできないとマジでやばいです

大人は力がある分何をするかわからない
子供ならお菓子を食べすぎるとか少し暴力的で
手のかかる子供で済むかもしれませんが

大人になるとこれは暴走の領域になるのです

酒、ギャンブル、SEXなど狂ったようにのめりこみます
酒に酔って暴れることはあるかもしれないし
ギャンブルによって借金をして破産するかもしれない

性欲を抑えることが出来ずにレイプに走るかもしれない

大きな犯罪につながる可能性もあるわけです
だから自分を制御する必要があり
豊かな人生や社会を作るうえで論理的な人間は

必要不可欠と言うことです

なので日ごろから考える習慣を身につけて
知識を多く手に入れて論理性を高めることが大事なのです

一つの提案として参考にしてください

今回のまとめ

人間には動物脳と人間脳がある
感情を抑えて論理的に生きることが大事
感情だけが先走ると暴走になる

まあこんな感じの話です

論理性を高めるためにとにかく頭を使うこと。
これが大事でとにかく日ごろから考える習慣を
身に着けて後はどんな分野でもいいから

学びと思って知識を身に着けていくことが大事です

賢い人は論理的でバカな人は感情的な
人が多いので論理性を高めようと思うなら何かと
勉強する必要があるという事です

結局、知識を持ってる賢い人間が

良い人生を送りやすいので自分の人生を豊かにする
上でも賢い人間になる必要があると思います

では今回は以上です
ありがとうございました。

今回の話をいいね!と思って頂けたのなら
ポチっと押して応援して頂ければ嬉しいです↓↓


人気ブログランキング

ピックアップ記事

  1. 楽で楽しい仕事なんてないのか考えてみた
  2. アニメ僕のヒーローアカデミアで轟焦凍のさりげない名言
  3. 生きる力を育むために必要なことは何か?
  4. 相手を取り込み口げんかで勝つ最強の方法
  5. 楽に生きるための豊かさとは何かを考えよう

関連記事

  1. 仕事の話

    部下の指導は難しいことではない?有効な部下の育成方法とは

    どうも、コウスケです部下の指導で困ることは…

  2. 仕事の話

    ミスを無くし効率よく結果を出す方法とは

    どうも、コウスケです効率よく結果を出そうと…

  3. 仕事の話

    脳疲労を改善すると最高の結果を出す!

    どうも、コウスケです脳疲労っていう状態があ…

  4. 仕事の話

    ラクに仕事をこなして余裕を生み出す方法

    どうも、コウスケです自分の基準で生きるってことが大事だなっ…

  5. 仕事の話

    仕事をサボる人間にならないようにする方法とは

    どうも、コウスケです仕事をサボる人間ってい…

  6. 仕事の話

    職場の人間関係が最悪で疲れた時の改善法とは

    どうも、コウスケです職場での人間関係が最悪…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

人気の記事

  1. 苦手な人と上手に付き合う方法は自分を無くすこと
  2. 哲学者ソクラテスの名言「無知の知」から学ぶ死生観とは
  3. どれだけ努力しても結果が出ない理由を考えてみた
  4. 一番エロい女は誰なのかを真剣に考えてみた
  5. 努力が必ず報われるとは限らないならどうする?
  1. 人間関係の話

    キラキラネームだと学力が低くなるのか?
  2. 仕事の話

    趣味がない人の悩みは無意味?つまらない方が良い理由とは
  3. 生き方の話

    あなたの努力が報われない、成功できない理由
  4. 生き方の話

    瀬戸内寂聴がする人生相談の名言で涙を流す前に
  5. 生き方の話

    楽に生きるための豊かさとは何かを考えよう
PAGE TOP