生き方の話

社会人になって人生が楽しくない時の乗り越え方とは

 

どうも、コウスケです

社会人になると仕事のストレスにさらされて
学生時代のように自由を謳歌できなくなります

当然、学生時代の価値観で生きているのなら

それは辛いことが続く毎日になるわけで
社会人になれば社会人の価値観で生きていくことが
求められるようになるわけです

ただここで言う社会人の価値観と言うのは大人たちの

「仕事は我慢しながらするものだ!」
「ストレスを抱えて乗り越えるのが社会だ」

と言う抑圧的な価値観ではなくてあくまで
自分が充実感を感じるための価値観が必要だという事です

つまり自分なりの「幸せの形」を作ろうと言うこと。

周りの価値観なんて言いうのはただの偏見なわけで
その価値観に合わして辛くなるのなら

そんな価値観は不要なので捨てても問題ないのです
無理に周りの人に合わせる必要はないと言うことであって

大事なので自分が充実できるかどうか?

ここがすごく大事で正直、社会人になり働き始めると

自由がないし年配の人たちは理不尽だし
社会の不条理を押し付けられることだらけです
そういう時に自分が充実感を感じるために大事なのは

成長に目を向けること。

ここが重要で学生時代の価値観を言葉に置き換えるなら
多くの友達と多くの時間、遊ぶことが大事で
彼氏や彼女を作ることがステータスになってるわけです

要は恋人がいて友達も多くいて

いろんなところに行って遊びまわってるリア充が良い。
こう言う価値観で生きているわけですがこれは
社会人になると必然的に環境によって制限がかかるわけです

やっぱり社会人になると遊ぶ暇もなく
友達を作るという価値観もなくなってしまう。

「ああ~俺、全然遊んでないわ・・・」

なんて思う日々が多くなるわけです
これは仕事をしているかぎりしょうがないわけで
遊びに充実感を置いてる限り学生時代と比べて

社会人の方が充実感が無い生活が必然的に訪れます

だからこそ遊びとか、友達の数とかそういうところで
自分の充実感を見出すのではなく自分自身の
成長と言う側面で充実感を感じるほうが効率が良いわけです

だって成長することはどこでもいつでもできるから。

仕事を覚えることも成長で知識を身に着けるのも成長で
スキルを磨くことも成長につながるわけです
暇な時にニュースアプリを見て知らないことを知るだけで

そこに成長はあるわけです

つまりそれだけの充実感は手に入る。

だからこそこの価値観にシフトしていくことが必要なのです

学生時代は学生時代の価値観で
社会人には社会人の価値観で

生きるほうがラクなわけですよ。
社会人なのに学生の価値観だから辛くなるのです

郷に入っては郷に従えと言う言葉がありますがまさに
この通りでその場の環境に合わすのも大事なのです
別にこれは悪いことでもないし要は人生を楽しむための

一つの考え方なわけです

そもそも学生時代の多くの友達と多くの時間、遊ぶことが

良かったり恋人がいるからすごい奴と言うのは
単に表面的な形でしかないわけですよ

要はみんなそこに向かって生きているから自分も合わせているだけ。

これはこれで大変だなって思うわけです
だってしんどい思いして無理に友達を作らないといけないし無理に
オールして遊び続けないといけないわけです
それが良いこととなっているからそこを目指すわけですが

あまり親しくない友人と楽しくないカラオケを朝までやって

本当にそれって楽しいのですか?

と思うわけで見せかけのリア充なら辞めたほうがいいわけです
一番大事なのは他人よりも優れていることではなく

自分が豊かさを感じて本当に心から充実感を感じることが
一番、人生にとって大事なことなわけで見せかけのリア充感や

表面的なステータスはぶっちゃけ必要ないのです
テストの点数が低くても良いし、友達がいなくても良いし
恋人がいなくても良いし、遊んでなくても良い。

心が充実していて豊かであればどんな形でもいい。

極論言うとこう言うことで標準的な価値観に合わして
そこで数の勝負を仕掛けてもしんどいだけなのです

自分が勝ちあがるならそれでも良いでしょうが

そこで負ければ不幸せになるわけです

友達の数が少なくそんなに友達とも遊んでない。
彼女や彼氏だっていないし基本は引きこもってオンラインゲーム。

こう言う人を寂しい負け組の人だと思ってしまうわけです

でも標準的な価値観で照らし合せれば確かに負け組ですが
図る物差しが違えばこの人生も尊重できるわけですよ

友達に合わせてリア充感を出すのに成功したけど
全く楽しくない日常を送り自分を良く見せるだけの人生と
自分らしくあることを目指した結果、他人からは

評価されないけど自分らしく楽しく生きている人間と

どちらかがより幸せなのか?
僕はこの場合において後者の方だと思うのです

一般の大衆と同じであることの何が良いのか?
人と違っていて何が悪いのか?

ここに明確な答えなんてあるわけないのです

ただ世の中の人がみんなと同じであることに安心感を覚えている
だけで大衆と同じでありたいと望んでいるだけなのです

でもあなたはあなたであって他の誰かではないわけです。
人に合わして生きるというのは全体の協調性や
社会の秩序を保つためには必要なことなのかもしれませんが

個人の娯楽の部分においても自分の感性を押し殺して

見たいものを見れずにやりたいことがやれずにそれでも
他人に合わしていかないといけないのか?となると
それは違うと思うしそこまで周りに合わせる必要はないわけです

だって他人に合わせすぎと自由がないじゃないですか。

だから他人に危害を加えない程度に自由を行使すればいいわけで

僕たちはもっと個性的な人生を歩めばいいわけです
そうやって自分らしく自分の楽しみを見いだして生きれば良いのです
その上で一つのヒントになるのが遊びよりも学びを

重視する生き方で学びを重視し成長していくこと目指すのが

一つの豊かさでもあるという事なのです

一つの提案として参考にしてください

今回のまとめ

社会人は学生のような生活は出来ない
成長を目指すことが大事
周りの価値観を捨てて自分らしく生きる

まあこんな感じの話です

別に学生時代の価値感や大衆の価値観が
間違ってるという事を言ってるわけではありません

この価値観にも正しさはあるのでしょうがそこには

大きなデメリットが潜んでいるのでそれなら
無理にその価値観に合わす必要が無いという事です
誰が決めたかわからない当たり前の価値観に合わして

自分で自分の首を絞めるようなことは避けましょう。と
言う提案であって楽に生きる道はあるわけです

考え方を変えるだけでかなり気持ちがラクになる場合も
あるでしょうし大衆にも間違った部分があるわけですから

大衆の意見が常に正しいという誤解には気づくべきだと思います

当たり前だと思っていることは
当たり前ではなく自分たちの常識は
第三者から見た時に非常識なのです

無意味なことはたくさんあって合理性に欠く判断は多くあるわけです

そこに気付き自分の正しい在り方を自分なりに
模索していくことがこれから必要になると思います

では今回は以上です
ありがとうございました。

今回の話をいいね!と思うことができたなら
ポチっと押して応援して頂ければ嬉しいです↓↓


人気ブログランキング

ピックアップ記事

  1. アランの幸福論から考える人生において必要なことは
  2. 今後の未来予想・これからの時代の生き方とは
  3. カイジ・利根川の名言「金は命より重い」
  4. どれだけ努力して勉強しても結果が出ない人の理由
  5. あなたの悩みを解決するための方法とは

関連記事

  1. 生き方の話

    夢が叶わず能力不足で落ち込んだ時に立ち直る方法とは

    どうも、コウスケです夢が叶わずに壁にぶつか…

  2. 生き方の話

    アランの幸福論から考える人生において必要なことは

    どうも、コウスケですアランと言う哲学者が唱…

  3. 生き方の話

    自分らしく生きるための名言を紹介します

    どうも、コウスケです自分らしく生きる人生には憧れがあります…

  4. 生き方の話

    永瀬正敏・映画「光」の主演俳優の生き方

    どうも、コウスケですついさっき情熱大陸を見て永瀬正敏さんってい…

  5. 生き方の話

    自分らしく生きるということはどういうことなのか?

    どうも、コウスケです自分らしく生きるとはど…

  6. 生き方の話

    人との差で落ち込んだり悲しんだりしない方法とは

    どうも、コウスケです昔の同級生が自分よりも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

人気の記事

  1. 苦手な人と上手に付き合う方法は自分を無くすこと
  2. 哲学者ソクラテスの名言「無知の知」から学ぶ死生観とは
  3. どれだけ努力しても結果が出ない理由を考えてみた
  4. 一番エロい女は誰なのかを真剣に考えてみた
  5. 努力が必ず報われるとは限らないならどうする?
  1. 知恵になる話

    本気の努力をすることで成功することが出来るのか?
  2. おススメ本

    言ってはいけない残酷すぎる真実の評価と感想
  3. 人間関係の話

    嫌いな人間との上手な接し方や付き合い方とは
  4. 生き方の話

    バカで頭が悪い人間の特徴とバカでも賢い人生を送る方法
  5. 生き方の話

    人生の負け組・勝ち組の違いと負け組になる理由とは
PAGE TOP