体の話

疲れが取れない理由はストレスなのか?ストレスの対処法とは

 

どうも、コウスケです

なかなか疲れが取れない時に疑ったほうが
良い理由の一つとしてストレスがあります

ストレスがあると精神的だけではなく肉体的にも

疲弊していくのでストレスは出来るだけ
取り除くことが理想だと言えます
例えば普段よりも緊張する場面や意識することが
多い時にはより多くの精神的負荷をかけることになり

これがストレスの原因になるわけです

こうなると筋肉が固くなりそれが疲れの原因になって
そこからストレスが溜まり自律神経がおかしくなり
あらゆる部分に弊害が出てしまいます

自律神経がおかしくなれば倦怠感などを感じやすくなり

鼻の奥の粘膜を出す機能がうまく機能しなくなるので
それが鼻詰まりの原因になり睡眠障害を引き起こします
そうすると悪循環が生まれて疲れ過ぎると

自律神経の乱れによって回復が遅れるという事があるのです

この場合、少し長めの休暇が必要になるわけですが
何かと忙しいこの現代に休める暇はない。

だから疲れを溜め続けストレスが無くならないわけです

ストレスがあらゆる病気を併発させます

ストレスが原因で起こるデメリットには

自律神経の不調
論理的思考力の低下
脳疲労による認識の不具合
肉体的な不調

等々、様々な不調をきたすためストレスを
緩和する対策はあったほうが良いわけです

ただストレスが完璧にダメなのか?と言うと実は

そうでもないと言えます

例えばボクサーがリングの上に立って臨戦態勢に
入ってる時は確かにストレスを感じる瞬間はあるのですが
それは必要なストレスであり良いストレスなわけです

つまり世の中には良いストレスと悪いストレスがあり

悪いストレスを恒常的に溜め続けるのが良くないという事です
だからこそ適度なストレスを保つ必要があり

適度に諦めたり適度に手放すことが重要です。

一言で言うなら執着を捨てること。

これさえできれば悩みの大半は解決できます
人の悩みは大抵、執着から来ているので
それを捨てることが出来れば悩みは無くなりストレスを

感じることがかなり減るわけです

じゃあそんなこと実際できるのか?と言われると
残念なことにこれがすごく難しいことです

執着を捨てることで悩みが無くなりストレスが減る。

頭ではわかってるしとてもシンプルで言葉に
置き換えれば簡単なことだけどこれを実践するのは
至難の業でなかなかうまくはいかない。

だって人間は論理ではなく感情で動くから。

最初に感情が反応して論理で自分を制御しているだけなのです
例えば人から殴られたとき、もしくは人から嫌がらせに
あったときに瞬発的に反応してしまいますよね

「クソ~この野郎!」
「なんでこんなこと言うんだ!」
「殴り返してやる」

こんな負の感情が突発的に沸き起こるわけです
つまり反射レベルで負の感情が沸き起こり
瞬間的なストレスが必ず生じるという事です

これは人間である以上はしょうがない。

これが無いように生きようと思うならそもそも人とあまり
関わらないという方法くらいしかないわけです

しかしこの社会で全く人と関わらずに生きるのも難しい。
だからこの現代社会で生きていく上でどこかで
必ずストレスを感じる瞬間はあるという事です

だからこれはしょうがない。

でも反射レベルで負の感情が現れストレスを
抱えるとわかっていてもそれは論理的な思考によって
そのストレスを手放すことが出来るわけです

つまり何か知識があるだけでストレスは緩和できると言うこと。

例えばいきなり人から殴られたときに
仲の良い友達の悪ふざけだと許せますよね?

これが全く知らない人間や嫌いな人間なら許せないわけです

起きた状況は全く一緒で突発的なストレスを
感じる瞬間までは同じだったとしてもその後の判断に
よってはストレスを抱え続けるかどうかは変わるのです

だからストレスを瞬間的に感じることは避けられないけど
その後の判断や解釈によってストレスは緩和するという事です

だから執着を捨てるという理屈を知るだけで効果はある。

どこかでストレスを感じる瞬間があったときに

「この負の感情は執着があるから芽生えているだけで
執着を捨てることが出来ればこのストレスは緩和するんだ」

と思うことが出来れば心の逃げ道は出来る。

だから知っているだけでも効果はアリ知ることは大事なのです

知識を詰め込むといのはラクに生きるということに
繋がっていてそれは充実した人生を送るうえで必要な工程です

なのでストレスが多い人はあらゆる知識を身に着けて
心の逃げ道を複数持つことが大事だと思います

一つの提案として参考にしてください

今回のまとめ

疲れはストレスから来る
ストレスを無くすには執着を捨てる
知識があるだけで効果はある

まあこんな感じの話です

最後に大事な話としてこれだけはしておきます

僕たちが生きてるこの現代において大事なものとは何か?
それが見えにくくなっていてわからなくなってます

ただ何となく生きて豊かさゆえに気づかないことが多いのです

世間の常識とはどこから来たものなのか?
僕たちが培っている価値観は世間の常識から
形成されていてその世界を当たり前のように生きているわけです

今の生活は外から見るとおかしな生活に見えることもあるわけです

つまり自分の信じているものを疑うことが大事で

あなたの常識があなたの人生を苦しめていませんか?

といことをここで問いかけたないと思います
自分で自分の首を絞めているのならそれは辞めるべきで
もっとラクに生きていく道を模索しましょうという事です

世間の常識が自分の価値観になっているのなら

それは他人の価値観を享受しただけで
自分で考えで生きているわけではないのです
あなたの価値観であなたが苦しむというのは

あまりにも非合理的で無意味なことなのです
例えば僕たちは真面目に働くことが良いことだと思って

何よりも仕事を第一にする感覚があるわけですが
これはヨーロッパの人から考えると不思議なことで

「なぜ日本人はそこまで働くのか?」

意味がわからないというところがあるわけです
つまりヨーロッパの人たちは家族や自分を大事にしていて

社会全体の豊さよりも個人の豊かさを大事にするわけです
それもある種、正しい判断であり個人の集まりが

社会なわけですから個人が幸せではないと社会は豊かにならないのです

不幸な経済大国、日本。

個人犠牲の後に見せかけの豊かな社会を作る日本。

こういう側面がこの国にはあるという事です
社会全体は豊かになっているのかもしれないし便利で
快適な生活はできるのかもしれない

でも本当に幸せな生活をしている人はごく一部の人間だけであって

それ以外の人は結構しんどい思いをしているわけです

それは常識と言うストレスが襲い掛かってくるからです
本当にしなければならないことなんてシンプルなことであって
こうあるべきと言うのは最低限のルールだけで良いのです

しかしモラルを大事にするこの国ではみんなに合わせて

同じようにしなければならないことがあまりにも
多いためそれがストレスになりそれが疲労につながるわけです
日本の常識は世界の非常識と言う言葉がありますが

自分の大事なものは何か?

これを意識する必要があり見るべきところは
ちゃんと見ないとダメだという事です

そうやってなりたいものをちゃんと見て前に進むこと。

これが大事で余計な感情や社会の常識に振り回されずに
シンプルに本質的なことに気付いて自分の在り方を

考えてほしいなって思います。

では今回は以上です
ありがとうございました。

今回の話をいいね!と思うことができたなら
ポチっと押して応援して頂ければ嬉しいです↓↓


人気ブログランキング

ピックアップ記事

  1. あなたの悩みを解決するための方法とは
  2. 島田紳助さんの名言・XとYの法則とは
  3. もしも願いが叶うなら何を願うか?
  4. 日大のアメフト部のタックル問題に見る監督としての在り方とは
  5. 生きる力を育むために必要なことは何か?

関連記事

  1. 体の話

    障がい者との正しい接し方とは何なのか?

    どうも、コウスケですついさっき24時間テレビの障がい者の特…

  2. 体の話

    疲れずに平日はずっと元気でいる方法

    どうも、コウスケです疲れていると仕事の生産…

  3. 体の話

    睡眠負債の対策をしていないと事故を起こすかも!?

    どうも、コウスケです睡眠負債と言う言葉を知…

  4. 体の話

    口内炎の痛みをなくすための工夫

    どうも、コウスケですついここ最近、口内炎になったので僕の中…

  5. 体の話

    睡眠負債の有効な対策とは?ショートスリーパーにはなれない?

    どうも、コウスケです体の調子がずっと悪かっ…

  6. 体の話

    子供のアトピーを治す魔法の薬はあるのか?

    どうも、コウスケです子供のアトピーで苦しんでいる親は結構いると…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

人気の記事

  1. 苦手な人と上手に付き合う方法は自分を無くすこと
  2. 哲学者ソクラテスの名言「無知の知」から学ぶ死生観とは
  3. どれだけ努力しても結果が出ない理由を考えてみた
  4. 一番エロい女は誰なのかを真剣に考えてみた
  5. 努力が必ず報われるとは限らないならどうする?
  1. 生き方の話

    生きるのが辛い時には「生きる理由」を持てば明るくなれる
  2. 知恵になる話

    仕事が忙しくて時間がないなら無駄なことを辞めてみる
  3. 生き方の話

    ニートで引きこもりは全く悪いことではない!?
  4. 心の話

    ナルトのキャラクターうちはマダラがサスケに言った名言とは
  5. おススメ本

    嫌われる勇気はマジで学びになる本
PAGE TOP