生き方の話

自分らしく生きるためにと人を好きになるための方法

 

どうも、コウスケです

「もっと自分らしく生きていたい」

こう思ってもなかなか自分らしく生きられないのが
今の社会の現状だと思うのです

何が自分らしさなのか?

これを定義し始めると哲学的な話になりそうなので
ここで言う自分らしさとは自分が満足して
生きていける状態を目指すことを自分らしさと定義して

話しを進めていきたいと思います

自分の生きたいように生きるにはどうすればいいのか?
僕たちはどこかで周りに合わせて自然と「普通」を
追い求めて生きてきたと思うのです

それによってどこか人に合わせないといけないという
同調圧力を感じて抑圧された生活を余儀なくされています

要は社会の同調圧力によって自由が奪われているということ。

そこまで圧力に感じていないかもしれませんが
実際はかなり制限のある生き方を求められているのです

例えば「結婚」を例に出してしみると
結婚することが幸せで結婚=ゴールインと考えがあり
結婚自体が人生の中で進むべき道だという認識があります
つまり結婚しない奴=どこか変な人。

こう言う価値観が自然に根付いているわけです

誰がそんなこと決めたのか?
そうこれは大衆がなんとなく享受している価値観なのです

誰が決めた?と考えても答えは無くこれは
大衆がなんとなく作りあげた価値観と言って良いと思います

そもそも結婚=ゴールインと言うのはおかしな話で
結婚=幸せと言うのもなんとなくそう言われているから
その形さえ手に入れば幸せになれるという

幻想を抱いてるわけなんです

実際に結婚しても幸せではない人もいれば
結婚は試練の連続でゴールではなくスタートだと
言う人もいて決して憧れるものではありません

もちろん人によっては結婚を絶対視している人も

いるだろうしそれは人それぞれで良いと思うのですが
全ての人にとって「結婚」が絶対的なものでは

無いという前提を知っておく必要があるわけです

そう、結婚は人生において一つの選択肢なのです。

これは結婚以外でも一緒です

学校に行く
会社に行く
友達を作る
お金を稼ぐ
恋人を作る

この全てが必要だと言うことではないのです
全てにおいて選択の一つでありやらなくても問題ないのです
社会的な価値観の刷り込みよって価値があるように勘違いしているのです

絶対的なモノに感じるのですがそれは、社会全体で必要と
しているだけであなたにとって必要かどうかは違ってくるのです

社会と個人の価値観は切り離して考えるほうが良いです

その方が自分らしさにより近づくことができます
例えば仕事をしたくないと思うなら仕事をしない選択はあるのです

特に年配の人に強い価値観としてあるのが

汗水たらして嫌な仕事も我慢して働く。

こう言う価値観が強くあるように感じます
しかしこれだけ多様性にあふれ選択肢の多い時代に
嫌な仕事をずっとする理由は本来無いのです

自分らしく好きなことをすればいいし趣味を仕事化して
趣味の延長線上でお金を稼ぐと言う判断も出来るわけです

そうすれば嫌な仕事を我慢して働くという事はしないで良いのです

今の社会の価値観は基本的に上の世代が
築き上げた価値観でありストレートな言葉でいうなら

時代遅れの価値観と言ってもいいです

そんな前時代の価値観を大事にすれば時代に
乗り遅れるだけなので自分は自分らしく新たな
価値観で生きても何の問題もないのです

それは周りが勝手に否定しているだけで違法でもなければ

悪いことではないわけですよ

人はどこかで自分の正しさを社会の正しさだと
勘違いするので自分の正義を押し付けてくる人がいます
そんな人の言うことを聞いていればそれは

正義感の強い人間の人生を送らないといけないわけで

それは他人の考えに振り回されてしまうことになるのです
そうなると他人の人生を生きていかないといけなくなります

だからそこには反発して自分を確立してもいいじゃないかと。

例えば「友達」を例に出して考えても
自分の価値観で決めて付き合えばいいわけです

必要であれば作れば良いし必要なければ作らなくて良い。

だってそれは個人で決めることだから

社会的な価値観を話すのなら友達は多い方が良くて
友達と長い時間、遊んでいる奴が充実している人となるわけです
オールで毎日、遊びほうけていろんな人間から遊びの

誘いが来る人間が価値ある人間だと思ってしまうのです

これも結局は誰が決めたのか?

そう、これも「誰が」と言うよりも「大衆」が
決めた価値観でありなんとなくの思いこみなのです
みんなそう思ってるから自分もそれに合わせているだけで
その連鎖が生み出した価値観であり本来この価値観にも

おかしなところがあるわけですよ

だって考えてみてください

めちゃくちゃ遊んで何の勉強もせずスキルもない人間と
友達はいなくてもある分野においてめちゃめちゃ専門性が
高くてそのスキルに精通している人間。

どちらがより社会に貢献して価値があるのか?

僕は後者の方が明らかに価値があるように感じます
友達が多くて長い時間遊ぶ方が良いというのは結局
快楽にまみれた人間の欲深い姿であって

それに抗い自分のするべきことを追求した人間の方が
実はこの世界にとっては価値のある存在になるのです

結局は自分がどこを目指しているのか?

これによって変わってくるので自分で判断していくことが
大事でそれが自分らしい人生になるという事です
自分らしく生きていくために必要なことは

個人の生きてきた背景やストーリーで決めることです

どういうことかと言うと自分が生きてきた人生は
人と違うわけでその人生観は必ず人と違うものになると思います
例えば自分のしたいことが小説家だとしましょう

そうなると家に引きこもり作業に没頭するほうが

自分のやりたいことに直結しているわけです
しかし社会は引きこもって作業をしている人を馬鹿にしますよね?

「何やってんの(笑)」
「なんか寂しい奴だな」
「絶対それおかしいでしょ」

なんてことを言うわけですがそれは他人の常識であって
自分の常識とは異なるわけです

他人は小説を作ることに魅力を感じなかった。

ただそれだけでそういう出会いがなかったのでしょう
自分の場合は面白い小説に出会って自分も作ってみたいと
思ったかもしれませんし小説家の人にあってその人の
影響で自分も小説を作りたいと思ったのかもしれません

それは自分が生きてきた背景から感じれる価値観であり

人と同じなわけがないのです

それが自分らしさでありそこに他人が介入すほうがおかしいわけです

自分は自分で他人は他人なのですから。
だから自分と相手は切り離して考えるべきで
自分が生きてきた背景で物事を決めることが大事なんです

その方が自分らしさは現れるという事です

他人に合わせてはいけないという事ではないのですが
自分らしく生きたいと思うのならそうしたほうが良いという
話しで論理的に自分らしく生きることを説明しただけです

どう生きても良くて自分が最も納得のいく人生を送りましょう

一つの意見として参考にしてください

今回のまとめ

「普通」を求めないこと
生きてきた背景から生き方を決める
大衆に流されないこと

まあこんな感じの話です

最後に大事な人間理解の話だけしたいと思います

人のことを理解しようと思ったときに
大事なことはその人の背景を見ることです

協調性を大事にして自分の意見を言わないという
国民性が強いのであまり自分を前面に出さない人が
多いのでここが抜け落ちてしまうのですが

本来、人は多種多様であり様々な価値観を持っているわけです

生きてきた人生が違うので当たり前です

しかしそれを考えずに自分の常識を相手に
押し付けてしまう面があるのでそこに注意が必要なのです

他人は自分と全く違う人間である。

この前提が必要であり目の前の人を理解しようと
思うのならその人がどんな人生を歩んできて
今、何を考えてどう思って生きているのか?ここを

真剣に見ようとすることが大事なわけです

他人の人生に歩み寄るというのが必要でそれができれば
自分と全く違う価値観の人間でも理解することは出来ます

例えば人の物を盗んだ。

これだけ聞けば理解をすることは出来ませんが
幼いころに両親を失いスラム外で育ち
今も決して裕福と言える生活はしていいない人が

生きていくのに必死で人の物を盗んだ。となれば

まだ理解を示すことは出来ます
納得することは出来なくても理解は出来るような
状態になるのはやはりその人の背景を知ってるかどうかです。

これからの社会では益々、多様化が進み自分とは違う人間が
続出することだと思いますがそんな時に自分の常識を
相手に押し付けるのではなくて相手の人生の背景を見ることで

理解を示すことができる人間は重宝されるようになると言えます

人のことを深く理解するために

その人がどんな人生を生きてきて何を考えて
どのような行動をしているのか?

ここに焦点を当てるようにしましょう

では今回は以上です
ありがとうございました。

今回の話をいいね!と思って頂けたのなら
ポチっと押して応援して頂ければ嬉しいです↓↓


人気ブログランキング

ピックアップ記事

  1. 日大のアメフト部のタックル問題に見る監督としての在り方とは
  2. あなたの悩みを解決するための方法とは
  3. アニメ僕のヒーローアカデミアで轟焦凍のさりげない名言
  4. どれだけ努力して勉強しても結果が出ない人の理由
  5. 友達といて居場所がない時や楽しくない時の対策とは

関連記事

  1. 生き方の話

    一生困らない年収はいくらか?その方法とは

    どうも、コウスケです一生困らないくらいお金…

  2. 生き方の話

    人生の負け組・勝ち組の違いと負け組になる理由とは

    どうも、コウスケです人生の勝ち組に入りたい…

  3. 生き方の話

    戦後73年・戦争から何を学びどのように生きていくのか?

    どうも、コウスケです戦後から73年の月日が…

  4. 生き方の話

    ラクに生きる方法はネットに依存すること!

    どうも、コウスケです周囲の人間と価値観が合…

  5. 生き方の話

    もう少しだけ楽に生きるための単純な思考法

    どうも、コウスケですああなりたいこうな…

  6. 生き方の話

    もう少し楽になる方法は過程至上主義になること

    どうも、コウスケです自分の生き方の方向性が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

人気の記事

  1. 苦手な人と上手に付き合う方法は自分を無くすこと
  2. 哲学者ソクラテスの名言「無知の知」から学ぶ死生観とは
  3. どれだけ努力しても結果が出ない理由を考えてみた
  4. 一番エロい女は誰なのかを真剣に考えてみた
  5. 努力が必ず報われるとは限らないならどうする?
  1. エンタメの話

    ハンターハンターキメラアント編から学ぶ幸せの在り方
  2. 人間関係の話

    好きな人ができた時に必要な態度や接し方の話
  3. お金の話

    せどりは簡単に稼げるのか?せどりのやり方とは
  4. 生き方の話

    自由になりたいけど仕事やお金の問題で自由になれない人へ
  5. 知恵になる話

    あなたの悩みを一瞬で解決する方法
PAGE TOP