生き方の話

哲学者ソクラテスの名言「無知の知」から学ぶ死生観とは

 

どうも、コウスケです

つい先日、いろんな哲学者の
話が載っている本を読んだのですが

哲学だけあって深い話が多いです

その中で少しシェアしたい話があるのですが
それが無知の知で有名な哲学者ソクラテスの話です

ソクラテスがまだ生きてる当時には
相対主義と言う哲学的な考えが主流だったそうです
これは分かりやすく言うと人生の真理なんて

人それぞれ違うという考え方であり

唯一絶対のものは無いという考えです。

この考え自体はしっくりくるのですがこの
相対主義には大きなメリットと同時に大きな
デメリットも存在していたのです

それが弁論でこの考えを用いると非常に有効だと言うこと。

つまりどんなものでもメリット・デメリットがあるというのが
この相対主義の考え方なのでそれをうまく
利用して弁論で相手を追い込むことが出来るわけです

一人の政治家が「戦争をするべきだ」といえば

「豊かに生きている他国の国民に残酷な
人生を歩ませることをするのか?」

など異論を唱えることが出来るわけです
逆に自分が「戦争をするべきだ」と言う意見では

「自国の国民がもっと豊かになりその
豊かさを他国の国民にも享受するために
戦争をしないといけないんだ!」

と言うことが言えるので自分の話しではメリットの
部分を見せて相手の話ではデメリットを突くという事が

相対主義では出来るわけです

だからこそ弁論では強かったそうで
この考えがかなり重宝されたようです

しかしこの相対主義が主流になると政治家は
耳障りの良い話だけをするようになってそして

明確な発言をしないようになるのです

なぜなら絶対的な発言は相対主義によって

ダメな部分が露呈してしまうから・・・
だから政治家は絶対的な発言をしないしそれは
甘い言葉で大衆にささやくだけのプレゼン大会にしか

なっていなかったのです

だからこそソクラテスはそこに無意味さを感じて
本当に大事なあり方を考えるために
あえてアホなふりをして政治家に「問い」を出したのです

これが有名な「無知の知」と言うものだそうで

とにかく政治家を質問攻めにしたようです

「絶対的な正しさとは何か?」
「幸せとは何か?」
「この世界はどうあるべきなのか?」

とにかく質問を出し続けたのです

すると政治家もいつかは質問に困り答えられなくなる。
そうなると結局は、何も知らないという事になり

それで答えられない腐った政治家たちをバカにしたのです

「結局のところは何も知らないじゃないかと。」

質問攻めにあえばいつかは答えに詰まる。

これを知っていたからこの反則技で
ソクラテスは政治家たちを論破していったのです
自分の意見を言えば相対主義の前に敗れるとわかっていたので

あえて何も言わずにとにかく質問をしたのです

これによって政治家の化けの皮がはがれて
堕落した政治家たちの支持がさがりソクラテスは
逆に若者から一気に賛同されるようになったのです

しかし当然、政治家はそんな状況が気に食わない。

だからこそソクラテスに若者を騙した
詐欺師と言うレッテルを貼り死刑を命じたのです
実際には死刑が執行されるまで猶予があったようで

その際にソクラテスは逃げることが出来たようです

しかしソクラテスは逃げなかった。

なぜならそこで逃げてしまうとそれは堕落した
政治家たちの相対主義を認めてしまうことになり
そうなればまた元の木阿弥に戻ってしまうと

思ったからソクラテスは自分の意思を曲げずに逃げなかったのです

その結果、ソクラテスは死刑が執行されて
亡くなってしまうのですが腐った政治体制に異を唱えて
絶対的な心理を追求しようとする姿は

若者には大きな刺激を与えることになったのです

そしてその生き様や死に様は大きな波紋を呼び
大きく時代の価値観を動かすことに貢献し

ソクラテスの意思を受け継ぐ若者を多く輩出しました

死刑の時点でソクラテスの肉体は滅びましたが
考え方や生き方は人々の記憶に残り
今もソクラテスは過去の偉人として生き続けているわけです

ソクラテスが残した功績は絶対的な心理を追及して

立ち止まらずに前進すること。

わかりやすく言うとこう言う意思を
次の世代にそして僕たちの世代にまで伝えたわけです

「無知の知」とは知らないことを知っている謙虚な人は

優秀な人と言う話ではなく何も知らないから
みんなで考えて前に進もうとすることが大事だと
教えてくれているのが「無知の知」なのです

つまり前に進もうとする意志の大事さを残したのです

「何も知らないことを認めてそこから始めよう」

これがソクラテスの残したメッセージであり
ソクラテスはとにかく絶対的な真理を追い求めたのです
それはシンプルに向上心であり好奇心だったのでしょう

そうやって知らないダメなところを認めないと

何も始まらないし知っていると思った段階で
それ以上の進歩がないと言えるのです

知ってると思えばそれ以上は考えないし知ろうとしない

だから進歩がないし現状維持になる。

それは時代の歩みを止めることにもつながるから
知らないことを認めて向上心を持って
知っていく努力をしようと大衆に働きかけたわけです

おそらくソクラテスは自分を賢いと思っていなかった。

無知であることを自分自身が認めていたから
もっと知りたい欲求が出てきてもっと知ることで
絶対的な真理にたどり着くと思ったのです

だからこそソクラテスは自分の価値観を押し付けて

絶対的な答えを提供することはせずにただ
みんなで考えようとしていたのです

そうやってより良い答えに昇華させていこうとしていた。

最後は死刑と言う残酷な終わりですが
彼の生きざまや死にざまには美しさがあり
それは感銘を受ける人生だと言えます

それだけの生き方が出来たからこそ今現在も世界の
偉人として人々の記憶に残り続けているのです

ただ真実を追い求めて前進すること。

これは今の僕たちにも学ぶべきところは多いはずです
どれだけ賢い人でも全てのことを理解しているわけではない

賢い人にも間違いはあるし
アホな人間にも正解はあるのです

僕たちが必要なのはとにかく前進すること。

これが大事で自分の無知さを理解して
少しずつ成長していくそんな姿が生きていくうえでは必要です

今の形で満足せずにもっと良い形は無いのか?

こう考えて時には間違いながらも
前進することが必要なのではないでしょうか?

何も知らないと認めてからがスタートなのです

そうやって新たなことを学び新たな知識を得て
新たな人間へと成長しいていくことが出来るわけです
今の状況で満足せずにとにかく前に進もうとする

意志を持ち続けることが必要だと感じます

その姿勢が自分の人生を好転させて
そして社会を豊かにする。

そんな気がします。

一つの提案として参考にしてください

今回のまとめ

知らないことを認めることが大事
知ってると思うと進歩が止まる
立ち止まらずに前進すること

まあこんな感じの話です

自分の能力におごらずに自分の成長を信じて
前に進むことが大事なわけです

それは他人の意見を聞き入れること。
それは自分でちゃんと考えること。
それは無知であることを認めることです

そうやって成長していくことが必要です

これができれば徐々に人生を豊かにそして
それに関連して社会を豊かにしていくことができるのです

だからこそ無知であることを認めて
そこをスタートに一歩ずつ歩んでいきましょう

日々学びそして日々改善をこなして

そして徐々に良い人生や良い社会を築くことが
僕たちに求められていることだと思います

そうやってソクラテスの意思をまた次の世代につないでいく

僕はこう思って生きていきたいと感じています

では今回は以上です
ありがとうございました。

今回の話をいいね!と思って頂けたのなら
ポチっと押して応援して頂ければ嬉しいです↓↓


人気ブログランキング

ピックアップ記事

  1. カズレーザーの名言・夢は叶わない?
  2. カイジ・利根川の名言「金は命より重い」
  3. あなたの悩みを解決するための方法とは
  4. アニメ僕のヒーローアカデミアで轟焦凍のさりげない名言
  5. 武士道とは?武士の生き方から学ぶ人生哲学

関連記事

  1. 生き方の話

    人生がうまくいかない原因は自分自身につく「嘘」

    どうも、コウスケです人生が上手くいかないな…

  2. 生き方の話

    反省なくして成長なし!意見を変えるのは進歩!

    どうも、コウスケです反省して意見を改めることは必要だなって…

  3. 生き方の話

    結果を出すためには習慣を意識する

    どうも、コウスケです何かで結果を出すのに…

  4. 生き方の話

    自分探しの旅はバカで無意味なことなのか?

    どうも、コウスケです本当の自分を探すために自分探しの旅に出て…

  5. 生き方の話

    ダメ人間が楽に生きる方法とは受け入れること!

    どうも、コウスケです「もう少しこうなっても…

  6. 生き方の話

    ラクに成功して金持ちになるための考え方と方法とは

    どうも、コウスケですラクにお金持ちになる方…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

人気の記事

  1. 苦手な人と上手に付き合う方法は自分を無くすこと
  2. 哲学者ソクラテスの名言「無知の知」から学ぶ死生観とは
  3. どれだけ努力しても結果が出ない理由を考えてみた
  4. 一番エロい女は誰なのかを真剣に考えてみた
  5. 努力が必ず報われるとは限らないならどうする?
  1. 心の話

    イライラを抑えて穏やかに生きる方法とは
  2. 生き方の話

    生きるのが辛い時には「生きる理由」を持てば明るくなれる
  3. 体の話

    高い集中力には意志力と環境が大事!
  4. おススメ本

    嫌われる勇気はマジで学びになる本
  5. 生き方の話

    バカで頭が悪い人間の特徴とバカでも賢い人生を送る方法
PAGE TOP