エンタメの話

テレビの視聴率はランキングは意味がない?テレビ番組の需要は?

 

どうも、コウスケです

テレビ局の視聴率が低迷してきているというのは
もう随分前から言われていたことですが

ここ最近はさらに顕著になってるようです

今ではYouTubeなどの動画コンテンツが
ネット上で多くあるためテレビ番組を楽しむ
と言う習慣が減りつつあるわけです

昔の時代は少ない娯楽しかなかった。

だからみんな同じようなことをしていたし
同じようにテレビを見て同じようなところに
足を運んで同じように恋愛して

みんなと同じように生きていたわけです。

しかし時代が進み刺激のあるコンテンツは多くなった

それによって生きかたにも多様性が生まれて
多くの個性ある人が生まれたのが今の時代です

YouTubeやニコニコ動画で自分のチャンネルを持ち
自分で放送する側に回りそれを趣味化したり
漫画・アニメ・ドラマなどのコンテンツは年々
新しいものが出てくるわけですから過去のコンテンツも

残りつつ新しいものが生まれるなら当然

楽しめる娯楽は増えていくことになるわけです
今ではアベマTVなどもありネットテレビと言うものまで

誕生しているわけですからこの状態で既存の
テレビをと言うものは楽しむための一つの選択肢でしか

ない状態でそこまで価値がある時代ではないのです

つまり複数ある娯楽のうちの一つがテレビであり
今や絶対的な存在と言うことではないわけです

だから必然的に視聴率は落ちる。
これは時代の流れでしょうがないことです

今では個人が動画を配信して人々を楽しませることが出来る。
個人でSNSやブログを運営することでタレント活動が
出来る時代ですからテレビ側としてはライバルは豊富なわけです

昔と今は全く異なるという事であり

昔のテレビの全盛期のように上手くいはいかない。
この事実を踏まえて新しい戦略を練る必要が
あるわけですが今のネットと言う媒体を無視することは

もうできない時代に突入しているのです

どんどんこれからは多様化が進み大衆で同じものを
楽しむ時代ではなく個人が好きなものを楽しむ時代になるのです
そうやってネットと言う世界は発達することでしょう

今の子供たちの憧れはタレントではなくユーチューバーです

YouTubeがとにかく大きな支持を集めていて
ユーチューバーが子供たちの憧れなわけです

この背景には発達し完成したテレビ芸と言う存在があります
テレビは完成されたコンテンツでありテレビ芸と言う
一つの完成されて芸が成り立ってしまったのです

だからこそ、そこに歪みが生まれた。

テレビが完成されて良いコンテンツになった分どこか
親近感が無くなり素人感に需要が生まれて

その素人感や親近感がうける時代になったのです

そこに希少性の価値が生まれました

その存在がユーチューバーと言うことです
確かにテレビに出ている芸人は面白いし
芸人として良い仕事はしていると思う。

しかし残念なことにテレビ芸と言う確立した芸の中で

腕を磨いたので素人感が無くなってしまった。
どこか人は親近感のある人が好きで素人っぽい
そんな面白い人が好きなわけです

それが今の時代はユーチューバーが一番わかりやすく

特に子供向けにはピッタリなわけです
テレビの小難しい完成された芸を見ても

子供にはやや難しくそれよりも近所の兄ちゃんがなんか

アホなことしているという情景の方が笑えるわけです
より自分事として捉えれるような親近感があるので

その分テレビの芸人よりもユーチューバーの方が
今の時代は子供向けであってるということなんです

実はこの状態は同じような歴史の流れがあるようで

昔の時代は芸人と言えばテレビに
出るようなものではなく寄席で舞台に出て
話をして笑いをとるものだったのです

寄席を見に来る客も目が肥えた人ばかりだったので

レベルの高い芸を見せるのが芸人の仕事だったのです

しかしテレビと言うものに大きな需要が生まれ
そしてテレビに芸人が進出し始めたら

テレビに出ている芸人たちが一気に人気者になったのです

それは明石家さんまだったり笑福亭鶴瓶だったり
タモリだったりビートたけしだったりと

面白いことをキャッチーにして素人感のある
話をする人が一気に人気が出たわけです

小難しいレベルの高い話はテレビでは
需要が生まれずに大衆をターゲットにする分
それは素人の面白話が需要としてあったそうです

そうやってテレビスターと言う芸人が生まれて

その人たちがテレビと言うコンテンツを
徐々に完成形に作りあげてきたわけです

明石家さんまやビートたけしがテレビ芸と言うスタートを切り

そしてとんねるずやダウンタウンがより
テレビ芸の幅を広げて面白みを増していき
ナイティンナインやネプチューンなどがより

テレビ芸を完成形に持っていったわけです

それによってテレビは完成されたコンテンツになった
そして芸人のテレビ芸は完成されたけど
そこには昔の素人感でキャッチーな親近感は

存在しないようになってしまったのです

そして多様化が進み現在は大衆の娯楽と言う
テレビが無くなり個人の発信力が強くなった背景から

生まれたのがそう、ユーチューバーなのです。

おそらくYouTube市場がどんどん発達すれば
また同じような状態を辿るかもしれません。

YouTubeが完成されてそしてテレビ芸のようになる

そういう時代もやがて来るかもしれません。
要は同じような時代の流れはいつの時代でもあり

一つの物が無くなると一つの物が新しく生まれて

それは同じようなサイクルで形を変えて
グルグルめぐり続けるという話です

そして僕たちに重要なのはこの時代の流れをうまく
掴みその流れに乗るというのが大事なんだと思います

完成されたコンテンツは必要とされ続けるわけですが

キャッチーなコンテンツほど瞬間的な
爆発力があるのでそこにも注目することが大事だと思えます

一つの提案として参考にしてください

今回のまとめ

テレビよりYouTubeが人気
完成された芸には素人感が無くなる
素人感や親近感はずっと必要になる

まあこんな感じの話です

完成されたコンテンツは需要があるので
生き残ることは確かだと思いますが

同時に粗削りな素人感も需要があるという事です

そういうのが好きな人もいて完成されたものを
作れなくても親近感を売りにすることは出来るわけです

今では個人が自分の媒体をもって情報を
発信できるわけですから売りにするなら完成された
カリスマ感では無く親しみやすい

親近感を売りにするという方法もあるのです

そうやって自分のスタンスを考えるのは大事で
これは私生活の人間関係においても
通ずる話だと思うので売りにするアピールポイントを

見極めて自分のスタンスを決めるのが良いと思います

テレビの歴史と言う側面から自分たちの生きかたや
また世間が求めているものを把握することが
出来るわけですからそう考えると

歴史を学ぶというのは大事なのかもしれません

では今回は以上です
ありがとうございました。

今回の話をいいね!と思って頂けたのなら
ポチっと押して応援して頂ければ嬉しいです↓↓


人気ブログランキング

ピックアップ記事

  1. もしも願いが叶うなら何を願うか?
  2. 成功者の共通点とは中毒のようにのめり込むこと
  3. アニメ僕のヒーローアカデミアで轟焦凍のさりげない名言
  4. 日大のアメフト部のタックル問題に見る監督としての在り方とは
  5. 幸せになるために必要なことは気づくこと

関連記事

  1. エンタメの話

    面白い人と面白くない人の特徴とその違いとは何か?

    どうも、コウスケですふと気が付いた事がある…

  2. エンタメの話

    巨影都市PS4最新情報!ウルトラマン・ゴジラも

    どうも、コウスケですたまたまYouTubeの動画を見たのですが…

  3. エンタメの話

    EXILEのATSUSHIが何気なく動画で語った名言とは

    どうも、コウスケですある動画にEXILEの…

  4. エンタメの話

    2017年キングオブコント優勝者はかまいたち!

    どうも、コウスケです2017年のキングオブ…

  5. エンタメの話

    2018年M-1グランプリの優勝者かまいたち!?

    どうも、コウスケですいよいよ2018年のM…

  6. エンタメの話

    好きか嫌いかいう時間のゴミ屋敷救済企画

    どうも、コウスケですつい先日TBS系のテレビ番組だと思いますが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

人気の記事

  1. 苦手な人と上手に付き合う方法は自分を無くすこと
  2. 哲学者ソクラテスの名言「無知の知」から学ぶ死生観とは
  3. どれだけ努力しても結果が出ない理由を考えてみた
  4. 一番エロい女は誰なのかを真剣に考えてみた
  5. 努力が必ず報われるとは限らないならどうする?
  1. 知恵になる話

    ブログのアクセスが急に0になったときの対処法
  2. 知恵になる話

    ブログを作りの注意点とは読み手の気持ち
  3. 生き方の話

    才能がない人間は存在価値がないのか?
  4. 人間関係の話

    友人関係でうまくいかない悩みを解決するには
  5. 知恵になる話

    AI・人工知能の未来は危険でやばい未来なのか
PAGE TOP