生き方の話

生きることが辛く生きる意味がないと思ってるあなたへ

どうも、コウスケです

精神的に追い込まれてしまうと生きることが
辛くなり生きている意味が見いだせなくなります

お先真っ暗の人生を歩んでいるならその

人生の最後は自殺と言う形で
自分で終わりを迎えることになるでしょうし
そんな人生の終わり方をする人は多くいます

追い込まれすぎて何もかもが嫌になり

ラクになるために自殺をする人がいるのです
死んでラクになりたいという気持ちから

自殺と言う選択をしてしまうわけですがもっと
広い視野を持つと死んでラクになるという
選択以外にもあってラクに生きるという選択もあるのです

ラクに死ぬよりラクに生きよう!

こう言う提案をしたいなって思うのですが
なかなか追い込まれているときにこの
発想が出てこないというか気づくことが出来ないのです

実際、追い込まれてる時に深く考えてみると
抱えている問題はたいしたことなく
意外と簡単な問題だったりもするわけです

論理的に考えてみれば解決方法はいくつかあり

方法をこだわらなければどうにかなるわけです

肩書きやステータスなどを意識しなければ
ラクに生きるという選択肢は見つかります

会社を辞めることが出来るし
学校に行かないこともできるし
生活できないなら生活保護を貰うことができるのです

一番の問題はこれを実行する勇気があるかないかで

勇気を出せば自分を悩みから解放して
その勇気が自分を救い出してくれるわけです

例えば会社の上司にこき使われていて

会社の人間関係で悩んでいたならその会社を
辞めると言う選択肢はあるわけです
無理して働き続ける理由もないし辞めればいいわけです

「せっかく一流の企業に入ったし」
「次に良い仕事が見つかるかわからないし」

と思う気持ちはわかります
実際の判断はこう言うところを踏まえて
それでも辞める価値があるかどうかで判断します

だからそこはしっかり吟味する必要はあるでしょうが

ただその会社で働き続けて死ぬくらいなら

その会社はそこまでの価値があるのか?

ここをちゃんと考える必要はあるでしょう
自分の命を差し出すほどの価値のある
会社はほぼないし自分の人生より会社の利益の
ほうが大事だという事はまずないです

もし自殺や過労死を疑うような状態にあるなら

その会社は辞めるべきであり転職を勧めます

次の仕事は探せばいくらでもあります
ハローワークに行けば求人はいくらでもあり
自分のプライドさえ捨ててしまえば

どんな仕事でも出来るわけです

賃金は低いかもしれないし長時間労働かもしれないし
地位を失うかもしれないし自慢できない仕事かもしれない

でも自分を殺すかもしれない会社で働くよりマシです
面倒臭い上司のいない会社で働き人間関係が
良好でいれるような会社で働くことが出来れば

少々の負荷は大目に見ることができます。

もちろん休むことは大事だし
ある程度の給料だって必要です

聞いた話では休みがほぼなく深夜まで働いて
給料が10万ちょっとしかないという
バリバリのブラック企業の話を聞いた事があるので

そう考えると働く時間と休みの兼ね合いも大事で
給料面もある程度、考える必要はあります

ただ僕が伝えたいのは仕事やめたとしても何とかなるし

仕事を辞めるという選択肢を持つこと。

これが大事だという話でとにかく狭い選択肢の
中で考えるのではなく広い選択肢を持って
生きてほしいなと思うのです

その方がラクだから。

選択肢が少ないとどうしても辛くなります
自由がなく制限されたストレスの多い世界で
生きることが余儀なくされるわけです

でもそれは自分で自分の首を絞めているようなもの。

もっと多くの選択肢を持てば自由になれるのです
だからシンプルな話で選択肢を広げようと。

こう言う話であってただ選択肢を広げるだけで
僕たちは自由になれて辛い人生から解放されるわけです

嫌な仕事を一生続けるだけの人生。

こんな一択だと人生絶望です
嫌な仕事を辞めることができる選択肢を
持てばそれだけで心は軽くなるし

無駄な悩みから解放されるはずなのです
会社で働き一般の人たちと過ごしいていると

どうしてもそれ以外の選択肢が見つからないのです

他人の価値観に支配されてその
一般常識によって窮屈な生活を虐げられるわけです
そしてどんどん心が歪んでいきやがては

自殺と言う最悪のバットエンドを迎えるわけです

はみ出したって良いし他人と違っても良い。
自分がラクに楽しく生きる道を模索しましょう

無駄に他人の意見を聞く必要もないし自分に合ってない
意見や価値観は捨てる選択肢も持たないと
それだけでしんどくなります

だからこそ多くの選択肢に気づくことが大事であり

その存在を知ることが大事です

ただ知るだけでも効果はあります
気づいたり知識を得たりそれはどんな
形でも良いのでとにかく選択肢を多く持つという

事を意識してみてください

それだけでも心は軽くなるし
嫌な仕事をいつでもやめて良いと思えれば
嫌な仕事を続けることができるのです

心の逃げ道が大事だという事です

ひどいいじめを受けていたとしても一か月後には
学校を卒業できると知っていればその
いじめを我慢することは出来ますよね?

それと一緒です

知っていれば心に逃げ道が生まれて
精神的なストレスの緩和につながるわけです

だから実際に行動に移さなくても

他の選択肢があることに気づくことは大事で
その選択肢と共に生きることが自分を
ラクにさせるコツでもあるわけです

その道に行かなくてもその道に気づくことが必要なのです

だからこそ自由になるために

他の選択肢に気づきましょう。

そうしてラクに生きるという道を見つけて
無駄な悩みを解消してほしいなと思います

一つの提案として参考にしてください

今回のまとめ

ラクに生きる道を模索する
選択肢を増やすことが大事
知るだけも効果はある

まあこんな感じの話です

逃げ道を作るというのは大事で
あるストレス実験でストレスホルモンを
一滴ずつ投与するという実験があったそうです

そして被験者を2つのグループに分けて

一方は何も言わずに投与し続けて
一方にはボタンを押せば点滴が止まると伝えたのです

そしてボタンを押せば止まると伝えたほうの
ほとんどの人はボタンを押さずに
最後まで点滴を打ち続けたようでしかもストレス数値が

何も言わなかったほうと比べると5分の1ほどだったそうです

つまりボタンを押せば点滴は止まるという
逃げ道を持たせただけでストレスは緩和したという事です
逃げ道は大事でこれがあるかないかで

大きく心の豊かさが変わるので

心の逃げ道を作るためにも選択肢を広げることは大事です
そうやって豊かな心を作り豊かな人生を歩めむために

多くの選択肢に気づくことを心がけましょう

では今回は以上です
ありがとうございました。

今回の話をいいね!と思って頂けたのなら
ポチっと押して応援して頂ければ嬉しいです↓↓


人気ブログランキング

ピックアップ記事

  1. 島田紳助さんの名言・XとYの法則とは
  2. 劇的にあなたの集中力を高める方法とは
  3. 日大のアメフト部のタックル問題に見る監督としての在り方とは
  4. 生きる力を育むために必要なことは何か?
  5. 今後の未来予想・これからの時代の生き方とは

関連記事

  1. 生き方の話

    生き方がわからない20代はここを見ろ

    どうも、コウスケです「自分はどう生きていけばいいのか?」「…

  2. 生き方の話

    戦後73年・戦争から何を学びどのように生きていくのか?

    どうも、コウスケです戦後から73年の月日が…

  3. 生き方の話

    アランの幸福論から考える人生において必要なことは

    どうも、コウスケですアランと言う哲学者が唱…

  4. 生き方の話

    ダメ人間から脱出して変わりたいと思ってるあなたへ

    どうも、コウスケです能力もなく、お金もなく、人脈もない・・・…

  5. 生き方の話

    人生が上手くいかない人と上手くいく人の特徴とは

    どうも、コウスケです何をやっても上手くいか…

  6. 生き方の話

    できる人間と出来ない人間の行動の違い

    どうも、コウスケです出来ない人間は何をやっ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

人気の記事

  1. 苦手な人と上手に付き合う方法は自分を無くすこと
  2. 哲学者ソクラテスの名言「無知の知」から学ぶ死生観とは
  3. どれだけ努力しても結果が出ない理由を考えてみた
  4. 一番エロい女は誰なのかを真剣に考えてみた
  5. 努力が必ず報われるとは限らないならどうする?
  1. 生き方の話

    一生困らない年収はいくらか?その方法とは
  2. 心の話

    乙武洋匡さんの名言から学ぶ絶望した人でもラクに生きるコツ
  3. 人間関係の話

    性格の良い人と付き合う方法と無駄な敵を作らないコツとは
  4. エンタメの話

    自分らしく自由に生きるために必要な方法と名言とは
  5. 知恵になる話

    理想の夢や未来を実現させて夢を叶える方法とは
PAGE TOP