知恵になる話

セクハラ・パワハラで訴えられても無くならない社会問題とは

 

どうも、コウスケです

ここ最近のニュースでセクハラやパワハラの
問題が相次いでいますが傾向としてあるのが

年配の人から若い人に対しての圧力。

こう言う傾向があるように思います
レスリングの栄監督がパワハラ騒動で問題に
なってる時にこんな発言がありましたが

______________________

パワハラと言う言葉ない時代に今で言うパワハラと
言える行為はあったかもしれない
______________________

こんな発言がありましたがまさにこの
言葉がその時代性の価値観を表しているなと。

こう感じるしばらくはセクハラやパワハラも
社会問題として残り続けるだろうと思いました
やっぱりすぐには改善しないし
この問題は年配の人が現役でいる限りどうしようもない

こう思えるし実際にそうだと思います

舘ひろしさんが記者会見で冗談まじりで言ってましたが

「石原プロはセクハラ・パワハラが当たり前(笑)」

なんて言うことを言ってしました
つまり年配の人の価値観で言うと当たり前なのです
別にたいそうなことをしているわけでもないし

セクハラ・パワハラは日常の光景であって

特別おかしなことでは無いという事です
だからこそ当たり前の価値観は無くならない。
そういう価値観で生きている限り

普通にセクハラ・パワハラはしてしまう。

年配の人の価値観で当たり前になってることに
たいして今の時代には合っていなから辞めろ!なんて
ことを言われてもなかなか治すのは難しいと言えます

特に自分が偉い立場で自由に振舞うことができる人なら

セクハラ・パワハラなんてなかなか止めない
どこかで大きな問題に発展させない限りなかなか
その問題を解消することなんてできない

だって本人の中では何もおかしくない自然な言動だから。

つまり当たり前で自然な毎日を生きてるだけで
そこに批判が集まる理由がわからないわけです

年配の人はそういう価値観で生きてるわけです

そう考えるのが普通と言う時代に生きてきて
その価値観で形成された人間性を

今更、自分で否定することもできないし
人間はありのままで生きるのが好きなわけです
つまり変化を求めない。

そして偉い立場になり誰も何も言ってこない状態では
自分のやっている過ちに対して気づかないし
その行為が悪いことであるという自覚症状が無いわけです

だから年配の人は若者の価値観を軽んじて

自分の価値観を押し付けてしまうしそこで
生まれたギャップで大きな問題に発展してしまうわけです
こう言う問題を解決するには

年配の人が若者に歩み寄るか
もしくは若者が年配に歩み寄るか

どっちかしかないと思います
しかし若者が年配の人に歩み寄るのなら
それは何も変化がない間違った時代の価値観をずっと

持ち続けてそれを伝統としてしまうのと一緒です

これだと相撲協会の女人禁制のような状態になってしまう・・・
これはこれで問題だから価値観は時代に合わせて
変化させていくのが合理的であり効果的だと感じます

そう考えると年配の人が若者の価値観に歩み寄るというのが

一番良い解決策でそうしておいた方が無難です
ただ年配の人が若者の価値観に歩み寄ることができるのか?

となるとそれも難しいもので若者ですら
自分の価値観を変えるのは難しいのにましてや
長年同じ価値観で生きてきた年配の人が

今までの自分の価値観を捨てて時代に合った価値観を持つことが

できるのか?と言われるとそれも
うーんと疑問に思ってしまうところはあります

だって自分の価値観に誇りがありその考えが好きで
人間は基本的に変化を求めない生き物だから。

だからやっぱり社会は変わらない・・・

そして僕がこのようなことをこのブログで書いても
社会に対して良い影響を与えることは難しい。
そしてこのブログを読んでる人に年配の人はほぼいない。

だからこそここからは若者目線で解決策を考えたいと思う。

今までの話で分かる通りどうしようもないのです
年配の人が価値観を変えることは難しく
セクハラやパワハラは残り続けるわけです

ならばそれがあると認知したうえで自分たちはどのような

立ち回りで上手く生きていくのか?

これを考える必要があるわけで自分たち若者の
適切なあり方を考えてくことは大事です
年配の人と付き合わないようにするというのも必要で
上手く距離を保つことが大事だったりします

だって昔の価値観を押し付けてきてパワハラを行い

中年男性が無理やり若い女性に接触するのは
完全なセクハラになるわけです

だからこそそんな問題に巻き込まれないように
距離をとって付き合わないようにするのが大事です
そうしないとずっとそれで苦しむことになる

必要最低限のあいさつ程度で止めておいて

それ以上には親しくしないというのが大事だと思います
飲みに行けば間違いなくセクハラ・パワハラは生まれます

適当なウソをついて付き合いが悪いと思われても

自分の身を守るために飲み会には参加しない。
こう言う意思を示す必要はあるんじゃないかと。

相手を傷つけない程度に適度な距離をとり

適当なウソでごまかし続けることが大事です
家族の誰かが体調が悪くて看病が必要。

なんてこと言えばたいてい認めてくれるし

こんなウソで上手くごまかし続けることが大事だと思います
家族と口裏を合わせておけばもしその年配の
上司や先輩がいきなり家に来ても何とかごまかし

続けることが出来るわけです

だから時にウソはすごく大事です

必要以上に作りこんだウソはもう真実のレベルなので
どうせウソをつくのなら徹底的に作りこんで
テレビのドッキリ番組並みの完成度でダマし続けるのが

良いと思うしそれくらいのウソをつかないと
セクハラ・パワハラがあふれる現代の社会で
若者が生きていくことは難しいわけです

だから適当な距離を取ること
そしてウソをついてごまかすこと

これが大事でそうしたほうが生きやすい環境になります

どうしても問題が解決できない場合は
スマホで動画撮影やボイスレコーダーで
音声をとって証拠を集めるべきです

後は社会的に制裁を与えるかのように訴えればいいわけです

どうしてもできない場合は社会を巻き込むこと。

これが大事で証拠を集めて実態を暴露する。
こうすることでよほどひどい現状であれば改善に向かいます
だって社会的な制裁が下ることになるから

ネットで動画をアップすれば一気に社会を巻き込むことができます

教師の体罰問題
いじめの暴力
セクハラの音声データー
お坊さんの不正

等々、世間的にも今まで数多くのセクハラ・パワハラと言った
問題をネットを使い解決してきたことはあります
こうやって社会的な問題に発展させることが出来れば

自分の身を守ることにつながり

身の回りのセクハラ・パワハラ問題を解決できます
なので最終手段として証拠を世の中に示す。

これを考えることが良いと思います

価値観の違いによって苦しむことが多い現代ですが
年配の人と闘っても無駄な争いになるだけなので

無駄な争いは避けて相手は相手で
自分は自分と割り切って生きることも大事です
凝り固まった価値観を修正することは

並大抵の努力じゃないので

相手をどうにかするよりも
自分が上手く立ち回ることを考えるほうが

効果的で効率的だと言えます

他人を変えるよりも自分を変えるほうが簡単ですからね。
上手な立ち回りで社会問題と向き合って生きましょう

今回のまとめ

セクハラ・パワハラは無くならない
年配の人には当たり前の価値観
自分たちが上手く立ち回ることが大事

まあこんな感じの話です

年配の人たちはそれが当たり前の社会で
生きてきたのでセクハラ・パワハラが

ごく自然に出来てしまうわけです

幼いころに虐待を受け入ていた人が親になると
子供に対して虐待してしまうのと一緒で

怖い先輩に指導された後輩が年を重ねて
先輩になったときに自分も怖い先輩になってしまう
と言うのは良くある話なのです

つまり人は自分が受けたものをそのまま人に返すのです

だからこそ負の連鎖は止まらずに
セクハラ・パワハラを見続けた人たちが
今になってセクハラ・パワハラをしてしまうわけです

こう言う悪循環は断ち切らないといけない。

今の時代になってかなり改善の兆しは見えていますが
正直まだ世の中に残り続ける負の側面はあります

だから極端な話、年配の世代が死なないと

たぶんこう言う社会問題はなかなか消えない・・・
だからこそあることを素直に認めて

上手く立ち回る術を考えないといけないわけです

距離を取ること
ウソをつくこと
社会を巻き込むこと

個人でこれらは出来ることなので自分のできる範囲で
上手く立ち回りこの問題と付き合っていくことが大事です

もっと若者が生きやすい社会になるように
自分たちが年配になったら古い価値観で縛られずに
多様性もって生き続けたい。

僕はそう思うしこの発信を受け取ってくれている

あなたにもそうであってほしいと思います
それぞれが自由で自分らしく生きられる社会になればいいですね

では今回は以上です
ありがとうございました。

今回の話をいいね!と思って頂けたのなら
ポチっと押して応援して頂ければ嬉しいです↓↓


人気ブログランキング

ピックアップ記事

  1. 友達といて居場所がない時や楽しくない時の対策とは
  2. 楽に生きるためのストレスを溜めない思考法
  3. 日大のアメフト部のタックル問題に見る監督としての在り方とは
  4. 相手を取り込み口げんかで勝つ最強の方法
  5. 反省なくして成長なし!意見を変えるのは進歩!

関連記事

  1. 知恵になる話

    正しい本の読み方は難しい本を読まないこと

    どうも、コウスケです本を読んでいるときに内…

  2. 知恵になる話

    部下が退職しないための部下の育成法

    どうも、コウスケです僕は今現在、工場で勤務していますがその…

  3. 知恵になる話

    ストレス解消法の簡単でおススメなものを紹介

    どうも、コウスケです仕事でも学校でも家庭でも何かとストレス…

  4. 知恵になる話

    何もできないダメ人間ができる人間に変わる方法

    どうも、コウスケです何もできないダメ人間が…

  5. 知恵になる話

    成功なんてできない!?本当の成功者とは何か

    どうも、コウスケです成功を目指して日々頑張…

  6. 知恵になる話

    理想の夢や未来を実現させて夢を叶える方法とは

    どうも、コウスケです自分の理想は誰にでも少…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

人気の記事

  1. 苦手な人と上手に付き合う方法は自分を無くすこと
  2. 哲学者ソクラテスの名言「無知の知」から学ぶ死生観とは
  3. どれだけ努力しても結果が出ない理由を考えてみた
  4. 一番エロい女は誰なのかを真剣に考えてみた
  5. 努力が必ず報われるとは限らないならどうする?
  1. 仕事の話

    仕事のストレス・絶望的な悪循環の話
  2. 知恵になる話

    相手を思い通り操り信頼を作る簡単な方法
  3. 知恵になる話

    部下が退職しないための部下の育成法
  4. ニュースの話

    金足農業高校の吉田選手の熱闘から考える甲子園の意義
  5. 心の話

    ナルトのキャラクターうちはマダラがサスケに言った名言とは
PAGE TOP