人間関係の話

ムカつく人との付き合い方・人間関係に疲れる前の対処法

 

どうも、コウスケです

イチイチ発言がムカつく人っていますよね?

なぜもう少し気をつかって話すことが
できないのか不思議なくらい一つ一つの言動に対して

ウザさ感じる人が近くにいることはあると思います
特にそんな相手が目上の人間なら関係性だけで疲れます

職場の上司や先輩がムカつく相手なら
その人とある程度、良好な関係を築き上げようと
する努力だけで相当、疲れるというか
無駄な仕事をしている感覚になり嫌気がさすと思います

言わなくても良い一言をあえて言ってきたり
常に自分の思い通りにならないと腹を立てたり

そんなウザい相手がいるせいで全体の作業効率が

遅れることもあると言えますよね
しかも本人はそういうところは無頓着だったりするんです

それが余計に腹がたつ出来事でもあるのですが
そんなことを考えてもむなしいだけで

現状は何も変わらないわけです・・・

だって相手は自分が原因で効率が落ちていると気づかず
自分の間違いを決して認めようとはしないから。

こちらが一方的にストレスを抱え込むだけで相手は能天気に

いつもと変わらない日常を過ごしているわけです
正直、こう言う存在がいると常日頃からのストレスに

よって心身ともに疲労がたまります

心が曇り楽しいことが見つからない日々を
過ごすことになりますしそんな存在のせいで
こっちの人生が台無しになるのです・・・・

そして心のストレスだけでは終わらず
そのストレスがもたらす最悪の結果は病気です

うつ病になったり
身体的な病気を併発したり

一つの小さな存在が自分を破壊するのです

自律神経の乱れがあらゆる病気につながるので
ほんの些細な、出来事かもしれませんがそれがきっかけで

大きく人生は変わってしまいます・・・
なのでムカつく相手とはうまく付き合う必要があり

対処法を持ってないと自分の人生が台無しになるんです

だからこそ人間関係に疲れる前に対処が必要で
その方法の一つとして提案したいのが

自分を無くすこと。

これが一つの方法としてあります
これはどういういことかと言うと結局

ムカつくと思うのは自分の価値感に合わない人間が

そこにいるから反発してムカつくと思うわけです
自分の意見や意志がありその意志とは
真逆の価値観を押し付けられるからそこに反発を覚えるわけです

自分を認めてくれて意見の合う人に

ムカつくという感情は湧き起らないのです
となるとその感情を無くすためには
相手との意見の一致が必要だという事になり

そこから考えられる方法は

相手の意見を変えるか
自分の意見を変えるか

このどちらかになるという事です
そして残念なことに自分の価値観を押し付けてくる

嫌な人と言うのはたいてい自分の意見を変えません

つまりこちらが自分の意見を変えるしか方法はなく自分と言う
物を無くすことで相手との意見の一致が起こることになります

そうすれば自分がないわけですらただ相手がいるだけで

相手と自分は一体なのでそこに対立関係は生じません

つまり正しい自分と間違ったあいつと言う
敵対関係が無くなるのでそこにいら立ちを覚えないのです

そうなればムカつく相手と言う感覚もなくなり

ストレスを抱えることもなくなるので
穏やかに生きていくことが出来るようになるんです

もちろん理屈の話なのですぐにこの感覚で生きることは

できないと思いますがただこれを知っているだけで
多少はストレスの緩和につながるという事です

最後の最後で自分を捨てるという事を意識してみてください

大事なのは自分を捨てることで
相手の価値観に寄り添ってみることです

相手を変えることが出来ればそれが一番ベストですが
それが出来ない場合は相手の価値観に歩み寄ることが

大事なことでそれでこちらのストレスが軽減されます

相手との一体化をはかり意見を一致させることが

すごく倫理的におかしくても
作業効率が遅れるようなことでも

相手には権力がありこちらの言い分が通らないと

どうしようもないわけですよ・・・
だから責任は全てその人になすりつけて

自分の精神的なストレスまで影響がないように

対処していくことしかできないのです
どうしようもない人間はやっぱりいますよ

何度言っても同じ間違いをするとか
こちらの意見を全無視して自分の意見を押し付けるとか
自分の考えが絶対的に正しいとか

こう言う暴論を押し付けてくる人間には苦労するものです

そんな人間とまともに戦ってもしんどいだけで

心が折れるのでそれならいっそのこと
敵対関係は辞めて仲間意識を持ってみてはどうでしょうか?

それなら自分と相手は一緒ですから

同じ方向を向いてる分相手の攻撃の刃を
正面から受けずに済むわけです

例えばヤンキーってそういうところがすごく顕著だと思っていて

ヤンキーって仲間意識がめちゃめちゃ高いですよね?
でも仲間になるまではあらゆるものに攻撃するわけです

つまり最初は攻撃的な姿勢を見せつけて

相手を恫喝したり恐喝するわけですが
一度ヤンキーに仲間意識が芽生えるとむしろ
そいつらが自分を守ってくれるわけです

しかもヤンキーの気持ちを理解して歩み寄ることで

敵対していたヤンキーVS真面目な自分と言う
構図が無くなり同じ仲間と言う一体化が起こるので
そうなればヤンキー自体に嫌悪感を示すこともなくなるのです

仲間意識が芽生えると相手は攻撃してこないし

自分も相手に対して腹を立てにくくなるので
まずは仲間意識を持つ心掛けが大事だと思います

こんなことすぐには実践できないかもしれませんが

ほんの少し取り組むだけでも効果はあると
思うので今のストレスをほんの少し緩和させる
為にもぜひ今回の話を覚えておいてください

一つの提案として参考にしてください

今回のまとめ

ムカつく相手で疲弊していく
自分を無くすことが大事
仲間意識でストレスは緩和する

まあこんな感じの話です

相手との一体化と言う考えが大事で
対立関係に持ち込めばそれだけで苦労します

自分とは違うあいつと言う敵対関係が生まれるわけですから

そうなればそこから恒常的にストレスを
ため込む日々になっていくわけです

ですからできるだけ敵対関係を作らないようにして

相手との一致を目指すのが得策です

それが全体のためにならない判断でも
自分の身を守るためには必要なことでもあります

全体のことを考えるならそいつを消すのが一番

良いのかもしれませんが殺すことは出来ないし
病気で弱ることもめったにありませんよね(笑)

だからこそ相手がいなくなったり
相手の意見を変えるのは無理だと割り切り

自分を変えていくことにフォーカスするのです

そうやって自分だけでも守りましょう

全体も個人もダメになるのが最悪の結果なわけです
責任は相手に押し付けて自分だけも守ることが大事です

一人で頑張って足を引っ張り続けられると
自分の努力が全て無駄に終わるのです

だから良い結果を出そうと頑張るのではなく

自分のストレスを緩和させようと思い
個別の目標をもって生きるのもまた一つラクな生き方で

そしてある視点において賢い判断とも言えます

なので賢くラクに生きていきましょうね

では今回は以上です
最後に一言

自分を無くせ!

今回の話をいいね!と思って頂けたのなら
ポチっと押して応援して頂ければ嬉しいです↓↓


人気ブログランキング

ピックアップ記事

  1. 島田紳助さんの名言・XとYの法則とは
  2. 楽に生きるための豊かさとは何かを考えよう
  3. 暇つぶしにゲームして遊ぶくらいなら目標を持て
  4. カイジ・利根川の名言「金は命より重い」
  5. 楽に生きるためのストレスを溜めない思考法

関連記事

  1. 人間関係の話

    他人の批判ばかりする人の心理とその対処法とは

    どうも、コウスケです何かと文句をつけてくる…

  2. 人間関係の話

    ケンカで論破してスッキリする方法とは

    どうも、コウスケですやっぱり人生のどこかでは人との衝突は多…

  3. 人間関係の話

    クズ人間が人から必要とされる理由とは

    どうも、コウスケですクズでどうしようもない…

  4. 人間関係の話

    人を動かすことのできる人になる方法とは

    どうも、コウスケです人を思い通りに動かすにはテクニックがい…

  5. 人間関係の話

    自分の印象を良くする方法は最初に相手の心を掴むこと

    どうも、コウスケです人との関係性を良くした…

  6. 人間関係の話

    人を動かす方法は承認欲求を満たすこと

    どうも、コウスケです人を動かして自分の思い通りに行動させる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

人気の記事

  1. どれだけ努力しても結果が出ない理由を考えてみた
  2. 一番エロい女は誰なのかを真剣に考えてみた
  3. 努力が必ず報われるとは限らないならどうする?
  4. 自己啓発セミナーに参加しても変わらない理由
  5. モチベーションを上げて作業に集中する方法とは
  1. 人間関係の話

    人間関係で上手くいかない悩みを解決する方法
  2. 仕事の話

    嫌な仕事ならすぐにやめたほうが良い理由
  3. エンタメの話

    好きか嫌いか言う時間でのニートの発言が深い
  4. お金の話

    貧乏人が楽にお金持ちになる方法はあるのか?
  5. プロフィール

    自己紹介&これからの活動について
PAGE TOP