心の話

「人生に疲れた」と思い絶望している時にラクになる方法

 

どうも、コウスケです

人生に絶望して頑張ることすら出来ず
疲れ果てている人も多いと思います

「人生に疲れたからラクになりたい」

一度こう思ってしまうと何もする気が起きずに
非生産的な日々を過ごすことになるでしょうし
最悪、頭の中で自殺がよぎることもあります

確かにどれだけ頑張っても何も変わらずただ時が流れる
だけと言う日々を送っていると辛いですし

毎日のように上司に怒られて自尊心を傷つけられていると

人生に疲れるのも仕方ないことです

友人や同僚に気をつかって言いたいことが
言えないせいで向こうの都合の良いように扱われると
精神的な負担は日々、蓄積されるようになります

たまりにたまったストレスが爆発して

何もできなくなる瞬間が来るのは分かります
僕もそれに近い経験がありますから(笑)

ただ一つ頭の片隅に入れておいてほしいことがあって
実は精神的にラクになるために絶望的な経験が

案外、役に立つことがあるんです

なので絶望的な経験をして人生に疲れたと
思ってる状態は人生において大事な1シーンと言えます
その経験が実はストレスの緩和につながるんです

なぜそんなことになるのかと言うと

まず一般的な価値観で考えるなら幸せとは相対的なものです

不幸せな状態と比べて今が幸せかどうかを判断しています

戦争時代の人の暮らしや
難民として他の国に逃げるしかなくなった人
貧困で明日死ぬかもしれない人

こう言う人と比べることで自分たちが幸せであるという

実感を持つことが出来るわけです

給料20万だと少ないという人もいるかもしれませんが
そんな人も周りの人間が全員10万円しか
貰っていないならその20万円を誇りに思うようになるんです

つまり幸せと言うのは絶対的なものではなく

相対的なもので判断しているという事で
何か比較対象があってそれよりも優れていればそこで
始めて幸せを実感できるという事なんです
この相対的な価値観と言うところに焦点をあてれば

絶望的な経験も良い経験と考えることが出来ます

なぜなら絶望的な経験をすることで

そこを基準に相対的に判断できるからです
例えば極貧生活を送っていて一日一食しか食べておらず
食べるご飯も貰い物の冷めたご飯だけと言う

人がカップラーメンを食べるとおいしくて

めちゃめちゃ感動したりしますよね?
これと一緒で毎日のようにカップラーメンを食べていると
その味に感動しませんか貧困と言う状況から

カップラーメンを食べると感動できるんです

これは日常の生活よりも少し上に位置した
出来事が起きたからこういった現象になるんです

満腹の状態で食事をするよりも
空腹の状態で食事をした方がおいしく感じるのと同じです

このように絶望的な状況はそのシーンだけ切り取ると
確かに辛いだけの状況なのですが人生と言う
ストーリーで見た時に人の精神状態を安定させてくれる

きっかけにもなるので人生にとって必要な出来事でもあるんです

戦争時代の人と比べれば、貧困の人と比べれば
など言われても実感がないので正直その話は
右から左に流れてしまって記憶として残らないんです

だから比較対象がどうしても豊かに生きてる日本人になってしまう。

この視点を変えるためには過去の体験を
用いる必要があって体験したことはなかなか忘れません
つまり絶望的な体験を比較対象としてすぐに
持ちだすことが出来るのでそうなれば相対的に考えて

今の自分はまだ幸せと感じることが出来ます

幸せとまで思えなくても

「あの時と比べればまだマシ」

と思えるだけで精神的な安定は保たれます
大事なのは絶望的な過去の体験でその状態から

一歩前に行くことです!

その状況から一歩前に行くことが出来れば
前進しているので後ろを振り返れば絶望の過去があるわけです
過去と比較することで幸せを実感できたり

もしくはストレスの緩和につながるので絶望的な
場所から一歩前でいいので進むようにしてください

一歩で良いんです

一歩前に進むことが出来ればその絶望的な
体験が自分の支えになり生きていくことが出来ます
人生のどん底を経験しておけばストレスに

強い人間になることが出来るので

嫌な出来事が起こっても耐えることが出来ます
一日ですぐに会社を辞める人っていますよね?
あれは絶望的な体験がない分比較対象の基準が相当

高いのでストレスの多い環境の職場にいられないんです

すぐに会社を辞める人はストレス耐性の弱い人です

もちろんこの判断がダメという事ではありません
すぐに会社を辞める決断力と勇気は人生とって必要で
こう言う人はだからダメ人間なんだ!と言う

つもりは一切ありません

ただストレス耐性は強い方が良いと思うので
嫌な会社でも働き続けるという人は
ストレス耐性が日々強化されているようなものなのです

なのでその後の人生でストレスをあまり感じずに働くことが

できるというメリットがあるんです

過去の絶望的な体験から相対的に見ることで
気持ちがラクになることもあるので
もし今の現状でかなり絶望的な状態ならそのシーンだけで

判断するのではなく人生と言うストーリで判断し

「この体験は将来の役に立つ」

と思い込むようにしてください
そしてそこから一歩前に進む工夫をしましょう

そうすれば絶望体験が心の支えになり
豊かな精神状態を手に入れることが出来るはずです

一つの提案として参考にしてください

今回のまとめ

幸せは相対的
過去の体験と比べる
絶望が支えになる

まあこんな感じの話です

絶望的な状況にずっと身を置くことになると
日々ストレスが蓄積されていき
どんどん心も体も淀んでいくことになります

なので絶望的な状態にずっと長居することは

おススメしませんしそこからは抜け出すべきだと思います
しかしストーリとして考えるならその体験は
大事な体験でその体験を心の支えに生きていくことが

出来るわけですからどこかでストレスの大きい

出来事に遭遇する方が自分のためでもあると言えます
大事なのはそこから一歩前に進むことです

そうすればそこに戻らない限りずっと過去の体験と比較して

ラクに生きられるので一歩前に進む工夫をしましょう

では今回は以上です
最後に一言

一歩前へ!

ポチっと押して応援して頂ければ嬉しいです↓↓


人気ブログランキング

ピックアップ記事

  1. カイジ・利根川の名言「金は命より重い」
  2. 生きるのがつらい・もう死にたいと思うあなたへ
  3. カズレーザーの名言・夢は叶わない?
  4. 日大のアメフト部のタックル問題に見る監督としての在り方とは
  5. 島田紳助さんの名言・XとYの法則とは

関連記事

  1. 心の話

    嫌な思い出や記憶を忘れることは自分にとって損なこと

    どうも、コウスケです生きていれば必ずどこか…

  2. 心の話

    ネットの声は世論ではない!コメントの批判は気にするな

    どうも、コウスケですインターネットの発達に…

  3. 心の話

    やる気が出ない時にモチベーションを上げる方法

    どうも、コウスケですやる気が出ない時にモチ…

  4. 心の話

    愛はお金で買えるのか?真実の愛とは一体何か?

    どうも、コウスケです愛をお金で買うことは出…

  5. 心の話

    コミュニケーション障害を克服する方法とは

    どうも、コウスケです社交性がなく人とうまく…

  6. 心の話

    ソフトバンク川崎宗則が病気で退団!引退はあるのか?

    どうも、コウスケですソフトバンクの川崎宗則…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

人気の記事

  1. 苦手な人と上手に付き合う方法は自分を無くすこと
  2. 哲学者ソクラテスの名言「無知の知」から学ぶ死生観とは
  3. どれだけ努力しても結果が出ない理由を考えてみた
  4. 一番エロい女は誰なのかを真剣に考えてみた
  5. 努力が必ず報われるとは限らないならどうする?
  1. 妄想の話

    お金がないと楽しくない人生になるのか?
  2. 仕事の話

    残業0の法案が通れば給料が減って生活困難!?
  3. 生き方の話

    これからの時代を生き抜くために必要な思考
  4. 妄想の話

    今後の未来予想・これからの時代の生き方とは・パート3
  5. 仕事の話

    人間関係に悩み仕事をやめたいけど言い出せない人の特徴
PAGE TOP