哲学の話

休日のストレス発散方法でカラオケは選ばないほうが良い

 

どうも、コウスケです

毎日のように学校に行って勉強したり
日々、仕事に追われて心身ともに

ストレスを積み重ねているとそのストレスを

発散させるために休日は思う存分
遊びに行きたくなると思います
しかしそのストレス発散方法では真にストレスを

発散できるものでもなく結局は一時の
衝動的な行動にしかなっていないのです

それよりもマシな休日の過ごし方はあるのではないかと。

そう思うので休日の過ごし方として
適切な過ごし方の話しをしていこうと思います

 

・休日のストレス発散方法でカラオケは選ばないほうが良い

 

休みになれば遊びに行き友達と
カラオケに行ったりまた恋人と旅行に行ったりと

何かと多くの消費活動でストレス発散をしながら

楽しむことがあるわけですがこの方法では
結局、ストレスを一時的に発散している
だけでありまたいつもの日々に戻ってしまうのです

平日は学校や職場でストレスを重ねる日々になるでしょう

だからこそ、その平日のストレスを
もう少し緩和させるための休日の過ごし方も
必要でありカラオケや旅行も良いのですが

どうせならそれは後回しにして今は

ストレスを緩和させるための休日にしたほうが
得策ではないかと思うのですよ

そしてある程度のストレス耐性が身についた後に
カラオケや旅行などを楽しめば良いわけで
まずは休日にやるべきことをこなしておくことが

自分自身が得をすることになると思います

 

・本を読むだけでストレスが緩和する!?

 

では休日の過ごし方としてどのような
過ごし方が適切なのか?と言う話しですが

休日には家で本を読むことです。

ただそれだけなのですがこの本を読むという
行為が非常に貴重な時間になると言えるのです

この本を読むということで得られる
メリットが2つありその2つと言うのが

・論理的思考が身につく
・消費を抑えながら楽しみが増える

これらのことが挙げられると思います
この本を読むという行為がストレスの緩和につながり
更にストレス耐性を強くするという効果も
期待できるのでまずは家で本を読むという時間を

ちゃんと、とることをお勧めしたいなと思うのです

そうれすればストレス発散と考えて
カラオケやボーリング、派手な買い物などに
時間とお金を使わなくて済むようになります

 

・なぜ本を読むだけでストレスが無くなるのか

 

ではなぜ本を読むことで2つのメリットが
生まれストレスの緩和につながるのか?と言う

疑問に対して具体的に説明していきたいと思います

まずストレスと言うのは自分の感情によって
沸き起こるものだということを理解してください

厳密にはストレスと言うのは実態が定かではなく
身体的なストレスもあれば精神的なストレスもあり
どのようなものをストレスと定義づけるかは

難しいところがあるのです・・・

それだけ曖昧なものなのでまずここでは
分かりやすく精神的なネガティブな心をストレスを
定義づけて話しを進めていければと思います

要は怒りとか悲しみとか虚無感などの

そういうネガティブな心理ですね。
これをとりあえずストレスと定義づけて話していきます

そしてネガティブな心理がストレスになるわけですが

このストレスが生まれるのは感情の起伏が
激しくなるからストレスが生まれるわけです

要はより感情的に怒ったり悲しんだりするから

ストレスが生まれるわけでそこに「理性」があれば
ストレスは生まれないと言えるのです

理性的な人ほど冷静で物事を考えることが出来
ストレスとは無縁の生活が出来るのです

ストレスとは激しい感情により生まれるのです

小さい子供は些細なことで悩んだり
怒ったりしますがあれは理性が働かずに
本能的に生きているからそうなるわけですよ

大人になれば自分のおやつを少し取られただけで

泣いたり怒ったりしないですよね?
でも子供は必要以上に感情的になるわけであそこには
ストレスと言えるものが誕生しているのです

だから理性的になることが必要であり
論理的思考を身に着けることが大事なのですよ

そのための方法が本を読むということなのです

 

・論理的思考はストレスとは無縁の生き方を示す

 

実用性のある本、例えば心理学や脳科学等の
科学的根拠が複数、掲載されているような本は
そもそも頭の良い人が書いているわけであり

そういう本を読むことでその著者の思考に影響を受けて

自分も論理的な思考になっていくわけです
ことわざでも「朱に交われば赤くなる」と言う
言葉がありますが論理的な人の近くに行けば
自分も論理的になり感情的な人と一緒にいれば

自分も感情的な人間になりやすいわけですよ

人は他の誰かの影響を受けやすい生き物なので
他人からの影響力を良いものにしていくことが大事です

そして本を読むことで必然的に知識が積み重なるわけですから
そうなればその学んできた知識たちが自分の
人生の問題解決に一役買ってくれることがあるわけで

どこかでその知識が役立つのです

だからシンプルに本を読むということには意味があり
その行為に基づいて身につく論理的思考は
ストレスから離れることが出来るし本を読むことで得た

知識は人生において役立つ知識へと変化していくのです

だからこそ休日は家でゆっくり本を読むことが良いのです

 

・本を読むこと自体を趣味にすること

 

「本を読むことが大事なのは分かったけど
それでもやっぱり趣味が出来ないのは辛い」

「休日で時間があるからこそ趣味に費やしたい」

と思う人もいるでしょう。
なのでその趣味自体を変えてしまうという
事も考えるべきかなと思うのです

このさい本を読むこと自体を趣味にしてしまうのはどうかと。

「本を読んでも楽しいとは思わない」

と思う人がいるでしょうがそれは感覚的に
そう思ってしまっているだけであり
それはすでに感情論の話しになってしまっているのです

その感情論があなたのストレスの元だと気づくべきです

その感覚の人生では論理的思考が身につく
事がないのでずっと感情の起伏の激しい人生になります
それはストレスを多く抱える人生と同義です

本を読む行為を継続してみれば必ずどこかで
自分の価値観を大きく塗り替えるような
そんな素晴らしい本に出合うことがあるわけです

とりあえず試しに100冊くらいの本を読んでみてください

そうすれば本を読む素晴らしさがわかります
知らないことを知る喜びや知識が自分の中で繋がり
新たな気づきを与えてくれることに対して

どこかで快感を感じることがあるのです

「そんなものあるわけない!」

と思っている人はそんな体験をしたことが
無い人だということでそこまで多くの
本を読んだことが無い人だと言えるでしょう

 

・新たな楽しみを作りあげ趣味の幅を増やす

 

本を読むこと自体を楽しみにすれば
それはカラオケや旅行や買い物などで

多額の消費をすることを抑えることができます

もちろん本を1冊購入するときにお金が
必要なわけですからそれなりのお金を使う
わけですが本を1冊買うにしても

1000円~2000円であり休日友達と外に遊びに行けば

それこそ5000円~1万ほどの消費を
してしまうこともよくあることでしょう

中古の本であれば安く手に入ることがあるわけで
今の時代はネットで調べ事をすれば
無料で情報を得ることだってできるわけです

本を読むという行為自体に意味があるわけではなく

要は情報を得て知識を身に着けること自体に
意味があるわけですからその方法は何でもよく
無料で出来ることでも良いわけです

それなら本当に消費をしない趣味が完成します

カラオケなども良いモノですが
本を読むという行為、もっと本質的に言うと
何かを学ぶということは最も

自分の人生を豊かにする方法だと思えるのです

ストレスの緩和のためにも学びの為に
本を読むことをお勧めしたいと思います

では今回は以上です

一つの意見として参考にしてください

今回の話をいいね!と思うことができたなら
ポチっと押して応援して頂ければ嬉しいです↓↓


人気ブログランキング

ピックアップ記事

  1. もしも願いが叶うなら何を願うか?
  2. どれだけ努力して勉強しても結果が出ない人の理由
  3. アニメ僕のヒーローアカデミアで轟焦凍のさりげない名言
  4. あなたの悩みを解決するための方法とは
  5. 生きるのがつらい・もう死にたいと思うあなたへ

関連記事

  1. 哲学の話

    日本人の奴隷的思考の危険性と常識を疑う必要性

    どうも、コウスケです自由とは何か?こう考え…

  2. 哲学の話

    悩みに悩んで楽しくないと思っている人が考えるべき事

    どうも、コウスケですどうせ生きていくなら楽…

  3. 哲学の話

    正義とは何か?悪とは何か?正しさとは

    どうも、コウスケです今回は少し難しく深い話…

  4. 哲学の話

    これからの日本を住みやすい国にするために必要な考えとは?

    どうも、コウスケですこれからのことを考える…

  5. 哲学の話

    現実に絶望して夢も希望もない人が輝ける世界はあるのか?

    どうも、コウスケです嫌な仕事をやり続けたり…

  6. 哲学の話

    悩みを減らすために必要なのは水着と下着の違いを知ること

    どうも、コウスケです無駄な悩みを減らすため…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

人気の記事

  1. 苦手な人と上手に付き合う方法は自分を無くすこと
  2. 哲学者ソクラテスの名言「無知の知」から学ぶ死生観とは
  3. どれだけ努力しても結果が出ない理由を考えてみた
  4. 一番エロい女は誰なのかを真剣に考えてみた
  5. 努力が必ず報われるとは限らないならどうする?
  1. お金の話

    せどりは簡単に稼げるのか?せどりのやり方とは
  2. 生き方の話

    夢が叶わず能力不足で落ち込んだ時に立ち直る方法とは
  3. 仕事の話

    人間関係に悩み仕事をやめたいけど言い出せない人の特徴
  4. 哲学の話

    悩みに悩んで楽しくないと思っている人が考えるべき事
  5. 心の話

    人の悪口を言う人の心理と特徴と対処法
PAGE TOP