人間関係の話

人の好きな歌手を否定してくるバカな奴の対策

どうも、コウスケです

人の好きな歌手を否定するよう人って
近くに居たりしませんか?

僕の周りにも一人そういう人間が

いるのですがキャッチーな人気の
アーティストの曲を聴いてると

「その曲はダサいとか」
「そのアーティストはダメだ」

みたいな否定する人がいるんですよ
別に好きで聴いているんだからどんな
曲だろうと誰の曲だろうと好きなら

それでもいいようにも感じるのですが

その人には許せないみたいです

まあそういう人って結構、音楽通と言うか

いろんな曲を知ってるので自分はかっこいい

曲を知っていてセンスがあると思ってる
でしょうし実際にそうなのかもしれません

ただ一般の人間からすると音楽は普通の
娯楽であって楽しむために聴くものなんですよ

僕も音楽を娯楽と捉えているので

ダサいかかっこいいかの判断ではなくて
好きか嫌いかの判断で聴いてるわけです

人の好きな歌手を否定してくる人は音楽と言う

ものを娯楽として見ているわけではなくて
ファッションとしてとらえているような気がします

だからダサいとかかっこいいという判断に

なるんじゃないかって思うんですよ
つまり音楽がダサいという人はかっこいい

音楽を聴いてる自分がイケてると思っていて

音楽で着飾っている状態がまさにその人です
音楽をファッションとして扱ってるからこそ

ダサい音楽を否定してかっこいい音楽を聴くことを

勧めるわけでそれはかっこいい音楽を
聴いてる自分を評価してほしいという気持ちでしょう

こちらとしては完全に楽しむ目的しかなく

自分の居心地がよくなればそれでいいので
周りからの評価は結構どうでもいいわけです
だから周りから見てダサいと思われる

歌手でも好きなら聴くし好きじゃないなら

かっこよくても聴く対象にはならないんですよね
どっちが正しいという事ではないですが

こう言う価値観の違いで意見の違いが出るというか

相手との対立が生まれるんです!

否定的な意見を言う人間はファッション的な
感覚がかなり強いだろうなって感じます

少し前のテレビでピーコのファッションチェックと言う

街中の女性のファッションをタレントのピーコさんが

辛口で評価するという番組が流行りましたが
好きな音楽を否定してくる人間は
まさにピーコのファッションチェック状態な訳です

こう考えると相手にも多少、共感が出来るというか

ファッション的な感覚が強くて
その人の感覚が確かにセンスがあると言えるなら

その人の意見を参考にするのもアリですね

昔は僕も好きな歌手を否定されると

「大きなお世話だよ!」
「好きだから別にいいだろ」

と思っていたところもありますが
今はファッション的な感覚が強いという理解が

あるのでファッション的な感覚を教わるという

発想でそんな人と接しています
だから人から見られるときにどんな

歌手の歌を聴いてるとセンスがあるのか?

これをテーマにその人の話を聞くので
別に腹が立たないというか自分の好きな歌手は
自分の好きな歌手として持っておいて

ファッション的な音楽の感覚も身に着ければ

いいかな?くらいのラフな気持ちで向き合ってます
音楽に接する感覚が全く別次元ですからね

自分の感覚だけで娯楽として音楽をとらえていると
相手の言い分には耳を傾ける理由がなく

口うるさい嫌な奴ですが相手の感覚の
音楽をファッションにするという発想は
無かったのでそこは単純に参考にしてますよ

全く別の価値観を持ってる人間に

インタビューをするような感覚で相手の話を
聴けばケンカすることなく相手の話に

同調出来てしかも気づきや学びもあるので

誰よりもその方が成長できるし
感覚の違いを否定することなく自分は
自分で確立しておいて相手は相手と

割り切ってお付き合いするのが好ましいと思います

こう言う感覚の違いで対立が生まれる
事もありますが論理的に相手と自分の違いを

分けて考えると見えてくるものがあり

相手を理解することが出来ればその人の
言い分で腹が立つことも無くなるので自分の
感性も大事にしながら相手の意見にも

耳を傾けられるようにいろんな視点で

物事をとらえていくようにしていきましょうね

今回の話をまとめると

音楽は娯楽としてある
ファッション的な感覚もある
相手の感覚を理解すること

まあこんな感じの話です

音楽をファッションとして捉えるというのは
自分にはなかった感覚なのでこういう感性で

生きる人間もいるんだなって新たな気づきが

この人とのやり取りで感じました
たぶん人から良く思われたいという
承認欲求が強くて褒められたい願望が

強い人間にあることなんでしょうね

僕の感性はどっちかと言うと自分の
好きなことを思う存分にやりたいという
欲求が強かったのでどちらかと言うと

自己実現欲求と呼ばれるものが

強かったのかなって思います。
欲求が強い段階でレベルは同じような

ものだと思いますが感覚の違いで

衝突することがあるので相手と意見が食い違う
場合は感覚の違いを疑って相手への理解に

徹したほうが納得いく部分も出てきますよ

自分の感覚も大事にしながら
相手の感覚も否定することなく

お互い理解できるような状況を作るのが

ベストなやり方だと思います。

では今回は以上です
最期に一言

相手の感性を理解する

タメになったらこちらをクリック↓↓


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ピックアップ記事

  1. 楽に生きるための豊かさとは何かを考えよう
  2. 楽に生きるためのストレスを溜めない思考法
  3. 成功者の共通点とは中毒のようにのめり込むこと
  4. あなたの話を面白くして人気者になる方法
  5. カズレーザーの名言・夢は叶わない?

関連記事

  1. 人間関係の話

    人を思い通りに動かすには相手の気持ちを考える

    どうも、コウスケです自分の気持ちを素直に伝…

  2. 人間関係の話

    最高のオンラインコミュニティを作る方法とは・パート2

    どうも、コウスケです以前の記事でオンラインコミュニティに関…

  3. 人間関係の話

    嫌いな母親との上手な付き合い方の方法とは

    どうも、コウスケです母親と上手くかみ合わずに親子関係がギク…

  4. 人間関係の話

    最高のオンラインコミュニティを作る方法とは・パート3

    どうも、コウスケです前々回から理想のオンラインコミュニティに…

  5. 人間関係の話

    女性との正しい付き合い方が分からない人へ

    どうも、コウスケです「女生との付き合い方が分からなくて困る・・…

  6. 人間関係の話

    最高のオンラインコミュニティを作る方法とは

    どうも、コウスケです悩みが多くて自分一人では解決できない・・・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

人気の記事

  1. どれだけ努力しても結果が出ない理由を考えてみた
  2. 一番エロい女は誰なのかを真剣に考えてみた
  3. 努力が必ず報われるとは限らないならどうする?
  4. 自己啓発セミナーに参加しても変わらない理由
  5. モチベーションを上げて作業に集中する方法とは
  1. エンタメの話

    ゴッドタン腐れ芸人が若手に説教をした時のノブコブ徳井の名言
  2. おススメ本

    嫌われる勇気はマジで学びになる本
  3. 知恵になる話

    正しい本の読み方は難しい本を読まないこと
  4. 心の話

    結果を出して成功するために必要な思考とは
  5. 知恵になる話

    AI・人工知能の未来は危険でやばい未来なのか
PAGE TOP