人間関係の話

親子関係の問題点を修復する方法とは2

 

どうも、コウスケです

前回の記事で親子関係の問題点を
修復する方法法として

親の無頓着さが原因に気づき子供ともっと

本気で向き合い子供への理解を
もっと深めるべきだと話しました

まだもう少しこの問題について

話せるかなって思ったので引き続き
親子関係の問題点を修復する方法と言う
テーマで話を進めたいと思います

親子関係の問題点を考える

それで親子関係の問題点ですが
親と子供ですからこれは両者に問題点が

あるんじゃないかなって思います
特に親ですね

まず親の問題点を上げると

子供への愛情不足
子供への教育不足
家庭環境的な問題

この問題が挙げれます
子供の方で言えば

子供の教養がない
間違った行為で気を引こうとする

これが問題に感じますね
いくつか挙げた段階ですでに分かる通り

多くの問題点があります
1つずつ解決していくしかないですが

はっきり言うとすぐ親子関係を
修復するのはまず不可能です

なので大事なことは子供を持つ親なら

親子関係が悪化する前にちゃんと
対策をとることが何よりも大事です

まあ親子関係の認識が甘い親だから

親子関係の問題を抱えるわけで
そんな親は始めから対策なんて考えないので

どうしようもないですが・・・
とりあえず問題点としての認識は

ちゃんとあったほうがいいと思うので
いくつか具体的な説明をしてきます

愛情不足が最大の問題

まず親が子供に対しての

愛情不足はかなり深刻な問題です
これが一番と言ってもいいです

子供は親に愛されたいし
自分に注目してほしいものです

そんな子供をほったらかしにして
自分の好きなように生きてると
子供は不満に思って、親の気を引こうと

必死になるわけですよ

それが親へのいたずらになるわけですが

幼いころはこれでもかまいません
おなさない頃の間違った行為なんて
知れてるしせいぜいお菓子を

勝手に食べたり部屋を汚したり

その程度で済むことでしょう
ちょっと手のかかる子供くらいで済みます

しかしこれが15歳を超えると
手のかかる子供から今度は手を付けられない
子供に変わってしまい親が制御
できる範囲をはるかに超えるんですね

無頓着な親が悪い

こうなったときに親は困惑するわけですが

もうどうしようもないです
不良行為をして世間に迷惑をかけたり
引きこもりになって親と一切

コミュニケーションをとらなかったり

これも親子関係の悪化によるものです
なぜこうなるのかと言うと親が子供に対して

無頓着すぎるからです

つまり子供に対しての理解がない
何か嫌なことがあったときに子供はすねて

面倒臭い態度を示すわけです
この時にその表面的な態度だけを怒って子供の

気持ちには一切目を向けないなら

子供との距離感はドンドン離れていきます

例えば兄弟ケンカがありました
そのときに力の強いお兄ちゃんが
一方的に弟をいじめて

怒って大きな声を出した弟の方だけを

怒るというのは完全に間違ってます
しかし現実的にこれをしてしまうんです

怒るときの注意点とは

親は観ている範囲で叱りますから

兄弟ケンカで必要以上に
泣き叫んでる弟が悪いと言う認識で
弟の方を強くしかるんです

しかし最初の原因はお兄ちゃんの力が

強く一方的にやったことが問題で

弟だけを叱るのは完全に間違いです
でも親が家事で余裕がなく
兄弟ケンカの原因を一切調べずに

表面的なところだけ怒るなら

そりゃあ弟の方は納得いかないですよ
しかも幼いときは親の言うことは絶対です

つまりこの場合、弟は兄にいじめられて

兄は平然と生活しているのに
弟の方は親に怒られて制限があるわけで

弟の方だけ虐げられてる状態です

そりゃあグレますよね・・・
こんな状態が続くなら

注意不足と理解不足を補う

こう言うことの積み重ねが親への不満に変わり
そして反抗的な態度に変わっていくんです

「認められないならもうどうでもいいわ」

自分が子供ならこう思いますよね?
大人でも会社で間違ってもないのにミスを
押し付けられて一方的に怒られたら

腹が立つものです
子供なんて感情的な生き物ですから

より腹が立って生きてることですよ

子供への愛情不足と言うのは
つまり注意不足であり理解不足が

原因と言うことなので子供のことに
本気で向き合い丁寧なコミュニケーションを

育んでいくことが大事です

もしこれで不良になったり
引きこもりになっても絶対に
見放したりしないことが大事です

親として試されるわけですから

一言でもいので声をかけましょう

同じ立場になって理解を示す

「何があっても一緒にいるし
見放すことは無いから何か悩みがあるのなら
安心して何でも話してくれ。

親として今まで向き合ってなくてごめんな

これからもっとマシな親になるように

努力していくから一緒に頑張って
親子関係を良くしていこう」

こう言う言葉をかけるようにしましょう

もちろんうざいとか、きもいとか
言われるわけですし全く反応は

取れないことだと思います

でもやり続けるしかないんですよ
子供を見放した段階ですべてが終わりです
一生その関係は元に戻りません

どれだけダメなのことをしても

親として子供のことを大事に思うという
姿勢を見せつけることで時間が経った時に
子供の方から歩み寄ってくれます

「いろいろ、迷惑かけてごめん」

こうなれば徐々に子供との親子関係を
修復していくことができるでしょう

親の言うことちゃんと聞け!

って教育をしていると子供の気持ちとしては
「俺はお前のおもちゃじゃない」って
気持ちになるので上下の立場を作らずに

横の関係で同じ立場で向き合いましょう

とにかく子供への理解が大事です

子供が何を思ってるか
何を考えてどんな行動をするのか

徹底的に理解を示して例え何十年

かかろうとも子供との関係を良くする
と言う覚悟が大事ですし
そんな姿勢で子供と向き合うべきです

いずれ子供に伝われば関係は徐々に

良好になるのでそれまでは
必死で努力していくかないでしょう

諦めずに本気で向き合ってくださいね

今回の話をまとめると

愛情不足が大きな問題
子供は親を試してくる
必ず見放すようなことはしない

まあこんな感じの話です

愛情不足が大きな問題として
あってこれが満たされていれば

親子関係が悪化することはあまり
ないと思います

しかし愛情だけ注いでも簡単に親子関係が

崩壊することにもつながるので
それは教育で補う必要があります

教育や教養の話をしていきたいと
思ったのですが話し出すと長くなるので
今回は愛情の話だけ終えて

次回にまた教育の部分を話そうと思います

親子関係の悪化で悩んでるなら
今回の話を参考に改善してみてください

では今回は以上です
最期に一言

愛情を与えろ!

タメになったらこちらをクリック↓↓


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ピックアップ記事

  1. 島田紳助さんの名言・XとYの法則とは
  2. 友達といて居場所がない時や楽しくない時の対策とは
  3. 生きる力を育むために必要なことは何か?
  4. 生きるのがつらい・もう死にたいと思うあなたへ
  5. 今後の未来予想・これからの時代の生き方とは

関連記事

  1. 人間関係の話

    インターネット上で友達や仲間を作る方法・その3

    どうも、コウスケです前々回から僕が構想して…

  2. 人間関係の話

    クズ人間が人から必要とされる理由とは

    どうも、コウスケですクズでどうしようもない…

  3. 人間関係の話

    恋愛の仕方が分からない?恋の悩みを解決する方法とは

    どうも、コウスケです恋愛の悩みは世の中的に…

  4. 人間関係の話

    意見を通すために人を信頼させる方法とは?

    どうも、コウスケです自分の意見を通すために…

  5. 人間関係の話

    魅力的な女性・男性になる方法とは

    どうも、コウスケです誰だって自分に対して…

  6. 人間関係の話

    自分の印象を良くする方法は最初に相手の心を掴むこと

    どうも、コウスケです人との関係性を良くした…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

人気の記事

  1. どれだけ努力しても結果が出ない理由を考えてみた
  2. 一番エロい女は誰なのかを真剣に考えてみた
  3. 努力が必ず報われるとは限らないならどうする?
  4. 自己啓発セミナーに参加しても変わらない理由
  5. モチベーションを上げて作業に集中する方法とは
  1. エンタメの話

    好きか嫌いかいう時間のゴミ屋敷救済企画②
  2. 生き方の話

    もう少しだけ楽に生きるための単純な思考法
  3. 人間関係の話

    人に共感してもらい自分の話を理解してもらう方法とは
  4. 知恵になる話

    ネットビジネスの詐欺商材の見分け方と注意点
  5. 生き方の話

    人生に希望が持てないならそれでもいい!
PAGE TOP