仕事の話

仕事のストレス・絶望的な悪循環の話

 

どうも、コウスケです

仕事をしているとどうしても
悪循環にハマるというか

抜け出せない最悪のルーティーンで

生活している実態に
気付くことがあります・・・
仕事以外のやりたいことがあっても

仕事があることで時間を奪われてそれが

ネックになりやりたいことが出来ない状態が
続くのでそんな残酷な状態にハマる前に

対策が必要になるでしょう

今回はそんな残酷な話を中心に
仕事での悪循環の話をしていこうと思います

仕事でのストレス

ではでは本題に入りますが

僕の例を出しながら話したほうが
分かりやすいので僕の話を踏まえながら仕事の

悪循環の話をしていきますね

まず会社で働いてるとどうしてもその
会社で生きていくための生活になります

その業界で生き残る術を覚えていくというより

その会社で生きていくための術を
身に着けていくというほうが適切でしょう

だって口うるさい上司の顔色を伺い
仕事の効率よりも、上司の機嫌を
気にするというのはまさにその会社で

生き抜いていくための行為であって

腕を磨き業界で必要とされる
人間になる術ではありません

しかも会社が倒産したりもしくは
リストラに会えば以前の会社が自分を

守ってくれるわけないので

そこで困り果てるわけですよ

会社にいると悪循環

会社がずっと自分を守ってくれるわけでもなく

理不尽な言い分で解雇される可能性も
あるでしょうし何か不都合があって

会社に居づらくなる可能性もあります

そんな時、転職を考えるわけですが
じゃあうまく転職して今と同等

もしくはそれ以上に良い会社に就職

出来るのか?と言うとその可能性も
低いというか難しいですよね

ハローワークに行けば就職先がなく
困り果ててる50代も多いと思います

そうならないように事前に腕を磨いて
価値ある人間になる必要があるわけで
僕の場合はどこでも生きていけるように

もう一つ収入源を作ることを決めました

いわゆる副業で稼ぐことです!

しかし問題があって会社で働いてる
限り多くの時間を会社に捧げるので
それは会社に飼い殺されているかのように

働くことなんですよね・・・

つまり副業の収入源を作る暇もなく
ひたすら会社に利用される側の人間に
なるだけで対策の取りようが

そもそもないんですよ

最悪のルーティーン

だって考えてみてください
朝から夜まで働いて仮に21時に

自宅に帰ってきたとしましょう

ここからご飯を食べてお風呂に入りようやく
自分の時間だと思って一息ついた

時間がもうすでに夜の22時です

夜中の0時や1時までなら
あと2時間~3時間くらいあるから
その時間で作業すればいいと

思うかもしれませんがそれは残された

時間だけにフォーカスした意見です
問題なのは体力です!!

もうこの時間にはすでに体力がないんですよ

頭も疲れているためボーとして
思考力が極端に落ちますから

この状態で身体が求めるのは睡眠です

睡眠不足が天敵

ここで寝ないと睡眠不足になり
集中力が無くなるので

睡眠をとる必要があるわけですよ
しかも十分な睡眠じゃないと意味がないので

ガッツリ7時間は寝るべきでしょう

そうなるとほんとに時間なんて無いんです

じゃあ仮に22時寝て5時に起きて
そこから作業すると考えると

出勤前の2時間くらいは何とか
作業ができるかもしれませんが

そもそも朝早く起きれますか?

それも難しいですよね・・・
もちろんわがままだとは思います

やるしかない状態なら文句言わずやるべきで

いろんな大事なものを捨てでも
やるべきことはやるべきです

僕もそうは思ってます

ただ人間そんなに強くないんですよ
特にそういう習慣で生きてこなかった
人間が社会に出てから

自分のダメさ加減に気づいてその点を

修正しようと思ってもなかなか
その修正が効かないんですよね

事前の対策が必要

仕事を辞めてできる人間になるために
いっそのこと起業して朝から晩まで

効率よく自分のために働くというのも

アリかもしれませんができる人間でも
ない人間がいきなり起業すれば
失敗に終わるだけで後悔してその先は

もっと惨めな人生が待ってることでしょう

つまり出来ないダメ人間が社会に出て

仕事し始めると会社にこき使われて
一生をダメにする人生になり

良い人生なんて送れないんですよね

もちろんすべてがそうだとは言いませんし
そうならない可能性も十分にあります

ただ最悪の人生を送る可能性が
できる人間に比べると出来ない人の方がかなり
高いのは事実ではないでしょうか?

こう考えると仕事は悪循環であり
出来ない人間にとっては最悪のルーティーンで

生きることになるんですよね

自分のしたいことが何一つできない
そんな環境に身を置くことになり

自分すらも守れない環境に自ら行ってしまう

訳ですからそうならないために
学生時代から自分の生き方を考えることは
大事で会社に就職する前に

対策は必要だと思います

コツコツ努力していく

どこでも生きているだけの土台作りが
まず必要でそれは会社に就職することではなく

副業でお金を稼ぐことのように

収入源を増やしたりまた価値ある
人間になることでいろんな人から助けて
もらえる人間になっていくことでしょう

なのでそういう人間になれるように

自分を仕向けていく必要があり
そうなるための時間は会社で働きだすと
捻出しずらいので学生時代に
あらかじめやっておくことが一番ですね

もし会社で働き出してこの悪循環に気づいたときは

会社を辞めるくらいの勇気ある
決断が必要になることだと思います

自分が今、仕事の悪循環にハマっているか

いないかを考えてもし危険な立場だと
気付いたなら早めに仕事を辞めるか

もしくはコツコツでも土台作りから始めて

価値ある人間に成長していきましょう
とにかく必死で生きていくしかないですね

残酷な話ですが事実でもあるので

現実と向き合いその問題となる壁を
ぶち壊せるように考えて生きていきましょう

今回の話をまとめると

会社で働くと悪循環
会社は自分を守ってくれない
そのために自分を守るスキルが必要
仕事があるとそのスキルが身につかない

まあこんな感じの話です

悪循環にハマると普通に生きてるだけで
ドンドン悪くなっていくので

無理やりでも改善する必要があります

しかしその改善が難しく
悪循環にハマりすぎると何も
手出しができない状態に

なるんですよね・・・・

なので早めに気づくことが大事で

なんとか悪循環の状態から抜け出して
好循環を作りたいものです

自分で効率よい方法を考えて
いろんな情報を吟味して
めちゃくちゃ勉強すれば

何か打開策は見つかるかもしれないので

とにかくできることは全部しましょう
会社に身を置くのもいいですが

いざって時はすぐに切り離される

可能性があるのでそうなってもいいように
それなりの準備が必要だとは思います

残酷な話ですがこういう問題に
しっかり向き合い
早めの対策をしていきましょうね

では今回は以上です
最期に一言

仕事してると悪循環!

タメになったらこちらをクリック↓↓


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ピックアップ記事

  1. 日大のアメフト部のタックル問題に見る監督としての在り方とは
  2. 友達といて居場所がない時や楽しくない時の対策とは
  3. スピードワゴン小沢の甘いセリフが名言ばりに深い話
  4. 成功者の共通点とは中毒のようにのめり込むこと
  5. 生きるのがつらい・もう死にたいと思うあなたへ

関連記事

  1. 仕事の話

    落合陽一の本「日本再興戦略」で語る次の時代に必要なこと

    どうも、コウスケですテレビなどに多く出演し…

  2. 仕事の話

    新人に仕事を教えるコツを紹介します

    どうもコウスケです新人教育を会社で任せられることがあると思…

  3. 仕事の話

    仕事を辞めたい人は辞めればいい

    仕事を辞めたいなんてこの国でかなりの人間が抱いてる気持ちだと思うけ…

  4. 仕事の話

    うざい上司で部下のモチベーションが下がる

    どうも、コウスケです仕事の時にうざい上司が…

  5. 仕事の話

    真面目に頑張ってる人が成果が出ない原因とは

    どうも、コウスケです真面目に頑張ってるのに…

  6. 仕事の話

    後輩指導が疲れたと思うあなたに伝える思考法

    どうも、コウスケです「必死に後輩に仕事を教えているのに全く…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

人気の記事

  1. 苦手な人と上手に付き合う方法は自分を無くすこと
  2. 哲学者ソクラテスの名言「無知の知」から学ぶ死生観とは
  3. どれだけ努力しても結果が出ない理由を考えてみた
  4. 一番エロい女は誰なのかを真剣に考えてみた
  5. 努力が必ず報われるとは限らないならどうする?
  1. ニュースの話

    金足農業高校の吉田選手の熱闘から考える甲子園の意義その②
  2. 仕事の話

    真面目に働く人間ほど社会にとって不必要な話
  3. 知恵になる話

    和佐大輔のメルマガの評判はどうなのか?
  4. エンタメの話

    あなたの話を面白くして人気者になる方法
  5. 妄想の話

    もしも願いが叶うなら何を願うか?
PAGE TOP