おススメ本

前田裕二さんの本、人生の勝算を読んだ感想

 

どうも、コウスケです

今回は最近読んだ本の中で
おもしろくてためになったな~って

感じた本の紹介をします

その本のタイトルが

「人生の勝算」

と言うタイトルの本で
SHOWROOM(ショールーム)と言う
ライブストリーミングの動画の

配信サービスを提供してる会社の
創設者、前田裕二さんが書いた本です

前田裕二の理念が素晴らしい!

それでこの本が良かったなって
思うところが前田さんの
理念に共感できましたね!

前田さんの理念って言うのが

「努力している人たちが報われる
そんな社会を作ること!」

こんな理念で、例えばこの
SHOWROOM(ショールーム)を通して

50過ぎの主婦が昔、アイドルに
なりたかったけどその夢を
追いかけることができずに

主婦になり50を過ぎて動画配信を

きっかけにアイドル活動を目指すという
話があったんですよね

この話だけを聞くと

「ババアが今更何やってんの?」
「そんなことやっても無駄でしょ?」

と言う意見は出ると思うのですがただ
SHOWROOM(ショールーム)は
それができる環境を用意していて

そしてSHOWROOM(ショールーム)なら

失った夢をもう一度追いかけることが
できるようになるのかな?って

思いましたね。

応援されることが大事

と言うのもこのライブ配信サービスでは
いわゆる応援することをテーマに
していて努力している人を

皆で持ち上げてスターにしていくような

そんな構図を作ってるんですよね
例えばギフトと言うものがありそれは
有料で買えるポイントみたいなものです
そのポイントを使うと動画配信者に

お金が入り活動費が手に入るみたいな

そんな感じのサービスをやってます
それでそのサービスがあるということは

応援されればされるほど活動費が
貰えて動画配信が継続できるようになり
露出が増えることで少しずつでも

ファンが増える構図になると思えます

つまりテレビに出てアイドル活動を
するのは、厳しいアイドル業界を

勝ち抜かないといけないので難しいでしょうが

ネットのライブ配信を使う
ことによってリアルタイムでファンと
交流を図ることができて

応援したくなるような理念や行動があれば

その人は活動をしていくことが出来るわけです
つまり何歳からでもアイドル活動ができてそこで

満たされる現実があるんですよね
これっていいなって思いました

ライブ配信によるメリット

人昔、前ならライブ配信サービスなんて

無いわけですから一定の年齢を超えると
アイドルとして活動が出来ないわけで
アイドルは偶像と言うかカリスマ性が

必要になっていたわけです

でも今はライブ配信によってリアルタイムで
ファンとの交流がはかれてそこで
応援してもらうことで活動ができ

自分の夢を追いかけることが出来るわけです

ファンも直接的に交流ができ
応援できるサービスがあるので

アイドルにとってもファンにとっても

良いサービスだと思うんですよね
別にアイドル限定と言うわけでもなくて

芸人でも起業家でも理念があったり
応援したくなるような人柄なら

そこに人が集まってくるわけでそのために
環境としてSHOWROOM(ショールーム)は

便利な環境だろうなって感じましたね

だからこのサービスはいいと
思ったし前田さん自身の昔話も

すごく勉強になったんですよね

人との絆が価値を生む

この本で書かれていることで昔
弾き語りをしてお金を稼いでた時が
あったそうですがその時が

なんと小学生だったそうです!

小学生で弾き語りをしていたそうですが
最初は全く聞いてもらえなかったとか

そこで戦略を考えて

もっと相手の知ってる曲を歌うこと
そしてお金を持ってる年配の人を

ターゲットにしようと考えたそうです

実際にそれで路上ライブの弾き語りで

稼ぐようになれたらしく
その時にある女性から曲の
リクエストが来たそうなんですよね

その時は知らない曲だったんですが

「今から練習して弾けるようにするから
1週間後また同じ日に来てほしい」

と前田さんから頼み込んだらしく
実際に1週間練習してその場で

その曲を披露したそうです

実際にその女性も訪れたらしく
それを見て感動してもらい

なんと1万円を払ったくれたとか!

そこから考えると

人は絆に価値を感じて
関係性が大事になるということを

この本で学ばせてもらいました

何をやるかではなく誰がやるか

本でも書かれていたことですが前田さんよりも
その曲をうまく弾き語る人はいます

そしてそこまでお金を払わなくても

CDでも買えばもっと安くプロの
歌声が聞けるわけですが
その女性が価値を感じたのはそんな

弾き語りの能力の話ではなく
前田さんと女性の関係性なんですよね

その関係性が大事でそこに

1週間かけて練習したという
ストーリに感動して前田裕二と言う

人間に対して価値を感じたので

その信頼感みたいなものからお金を
払うという行為に至ったわけです

つまりお金を稼ぐうえで必要なものは

何をやるか?

と言うことではなくて

誰がやるか?

これが大事と言うことです!
つまり誰がやっているかと言う人自体に

価値がありそこに価値を置くことで
お金が稼げるという話です

別にお金の関係性だけじゃなく
人間関係においてもどんな能力を

持っているかと言うよりも
どんな人柄なのか?これが
大事になるという話ではないでしょうか

前田裕二さんの理念や今の活動も

すごいなって思いますしそして
生きてきた過程もまた人と違う

凄みを感じたので一気にファンになりました

なのでこの本を一度読んで
見ることをおススメしますよ!

きっとあなたの人生に役立つそんな
話があるはずです

今回の話をまとめると

ライブ配信で夢が実現する
応援されることが大事
絆を作ることが大事
努力が報われる社会が良い

まあこんな感じの話です

スナックの話も
勉強になる話で本で書かれている

事だったのですが簡単に言うと

スナックって常連を作るのが上手くて
一体感があるから潰れないという話でした

店のサービスとしてはチェーン店の

方がはるかに良いサービスをするのですが
そこはスナックのママを応援したい
というか支えたい人たちが集まる

世界があるので強力な味方ができるわけです

だからこそ常連が毎晩のように
店に通いママを支えて
お金を使うんですよね。

サービスの質が低いからこそそこを
客が埋めていくように参加していくので

店の経営に関わっているような

そんな立場になるんですよ
常連客ににもなるとね(笑)

だからこそママとの一体感が生まれて

スナックの経営を自分ごとに感じる分
全力で支えようとするんです

こんな話ももっと具体的にしているので
興味があれば是非読んでみてください

ビジネス書としても面白いですが

対人関係の心理学系の
本並に勉強になることもあるので

おススメの一冊です

これを読んで次の時代に生きる
応援される人間になりましょう!

では今回は以上です
最期に一言

人との絆が大事!

タメになったらこちらをクリック↓↓


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ピックアップ記事

  1. 楽で楽しい仕事なんてないのか考えてみた
  2. 楽に生きるための豊かさとは何かを考えよう
  3. 相手を取り込み口げんかで勝つ最強の方法
  4. あなたの悩みを解決するための方法とは
  5. 幸せになるために必要なことは気づくこと

関連記事

  1. おススメ本

    言ってはいけない残酷すぎる真実の評価と感想

    どうも、コウスケですここ最近読んだ本で面白かった本を今回は…

  2. おススメ本

    嫌われる勇気はマジで学びになる本

    どうも、コウスケですベストセラーとなっている嫌われる勇気という…

  3. おススメ本

    解決できない悩みでうつにならない対処本

    どうも、コウスケです今回はここ最近読んで良かったと思える本…

  4. おススメ本

    堀江貴文さんの本「多動力」の内容を評価

    どうも、コウスケです堀江貴文さんの本「多動…

  5. おススメ本

    自分を操る超集中力の個人的な感想と評価

    どうも、コウスケですメンタリストのDaiGoさんの本で「自…

  6. おススメ本

    安定して成功し続ける人間になる秘訣

    どうも、コウスケです確率論的思考と言う本があってこれは読む…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

人気の記事

  1. 苦手な人と上手に付き合う方法は自分を無くすこと
  2. 哲学者ソクラテスの名言「無知の知」から学ぶ死生観とは
  3. どれだけ努力しても結果が出ない理由を考えてみた
  4. 一番エロい女は誰なのかを真剣に考えてみた
  5. 努力が必ず報われるとは限らないならどうする?
  1. 人間関係の話

    2018年放送の石田さん家の大家族で親父が言った名言とは
  2. 人間関係の話

    苦手な人と上手に付き合う方法は自分を無くすこと
  3. 知恵になる話

    あなたの生活や人生を変えるためのコツと方法とは
  4. 知恵になる話

    成功する方法は長い目で見て得をすること
  5. 知恵になる話

    考える力を身に着けるにはとにかくたくさん本を読むこと
PAGE TOP