知恵になる話

教育においての体罰は全く意味がない

 

どうも、コウスケです

教育において体罰は不要だと
僕は思ってるのですがただ

年配の人ほど体罰もあっていいと

言う意見が多いですよね
昔はよく体罰はあったみたいで

スパルタ教育って言うんですか?
とにかく上の言うことは絶対で

下はその意見を逆らってはいけないという
時代もあったと思いますが今では

個々の意見が尊重されるように

なっているので立場を大事にする意見は上の
世代たちの傲慢な意見だと思います

もちろんケースによっては体罰も
良い教育になりうる可能性がありますが

ただその教育は諸刃の剣と言うか

使い方を間違うと、とんでもない
ことになるので基本は使わないほうが

良いんじゃないかと思っています。なので

別の教育方針の方がいいように感じます
なので今回はその体罰をテーマに

個人的な思いを話していきたいと思います

体罰は論理性を無くすので無意味

体罰があるとまずそこ拍車が
かかりどんどん暴力的になると言えます

感情が表に出れば、それを止めることができずに

無意味な暴力につながるのではないでしょうか?

例えば昔あった嫌な思い出とか
理不尽な出来事を思い返してみてください

徐々に腹が立ってきませんか?

感情的になりすますよね?
これがもし教育の現場で体罰が

許されているなら、危険な悪循環が
生れるような気がするんです

まず教育者が感情的になる

厳しい発言で相手をののしる

体罰をする

また注意して怒る

感情がどんどん表に出て体罰をする

こうやって徐々に悪循環に陥る
そんな危険性があるので
論理性を失い感情論でムカつくから殴る

っていうことは意味がない暴力に
なっていくと思うんです

だからこそ体罰は不要だと思います

感情論では冤罪を生み出す危険性も

例えばここ最近のニュースで
警察官が自白を強要して

暴言を中学生相手に連発するという

事件がありました。

万引きの事件が元々あって
捕まった子が別の生徒に脅されて

万引きしたという供述があり

それをもとにクラスメイトを脅して
万引きやらしたであろう生徒を取り調べ

することになったのですが

その際に暴言連発して

「高校に行かせねえぞ!」
「地獄見せてやるからな」

こんな暴言があったそうです
後の調べで生徒たちは事件に関与は

無いとわかり警察の方も謝罪を
したらしいですがこれも感情論に
流された間違った行動だと言えます

警察と言う立場でも、感情に流されて

しまうとこれだけの間違った行動をとり
冤罪を生み出してしまったりするんです

警察の方ではおそらくこいつらが
やったに違いないという決めつけがあり

それで自白を強要させるように

厳しい口調で追い詰めたんです

警察の感情の話をするならば

こいつらが真犯人であるのは
間違いないという思い込みがあり
もっと言うとこいつらが

「真犯人であってほしい」

こんな感情が見えますね・・・
なので感情論に流されると間違った

判断をすることになりかなり危険です
完全に間違った正義を下すのは

テロに近いものがあります

テロも自分たちのやっていることが
正義と思って間違った正義感で戦っている

訳ですから正義のために間違った

拳を振り上げると落とされたほうは
たまったもんじゃないですよ・・・・

この事件の場合は論理性をもって
状況証拠とかあらゆるものをそろえて

正当な取り調べをすればよかったわけで

このまま自白を強要されて罪を
着せられた状態になったら
冤罪が生まれて泣き寝入りするしか

無いことになってたと思うんですよね

だからこそ上の立場に立つ人間ほど
論理性を持って、適切に接する必要がある

わけでそれは感情的に人に当たることでは

無いと思いますね

桑田真澄さんの体罰不要論は素晴らしい

昔の時代は部活で体罰があったといのは
当たり前の話みたいですが

そこに異を唱えたのが元プロ野球選手の

桑田真澄さんですね

桑田さんの野球理論は素晴らしく
体罰は不要だし、声を出すのも意味はない

ちゃんと理論を組み立てて

プレーするのが大事と言う意見でした

例えば野球部に入ると無駄に
声を出し続けて元気でいることが

強制されるわけですがただキャッチボール

一つにしても相手の胸にコントロール
よく投げないといけないわけで

そんな時に声を出しながらやるのは
意味がないと桑田さんは言ってます

「針の穴に糸を通す時に大きな声を
あげながら糸を通しますか?

そんなことしないですよね?

人は集中するときほど無口になるものですが
それは集中しているがゆえに起こることで

無駄に声を上げれば集中力が

下がるっていうものですよ
だから声を出さずに集中して

一球一球、丁寧に投げることが大事です」

と言う話をされていましたがごもっともだと

思うんですよね。プロ野球の世界で

大活躍された桑田さんが言うことですから
この話は貴重な話だと思います

感情論で考えるのではなくちゃんとした
論理を組みたてて体罰をしなくても

良い教育方針が理想だと僕は
こう思いますし社会全体で

体罰が無くなる動きがあればいいと思います

今回の話をまとめると

体罰は不要
感情論で考えない
論理性が大事になる

まあこんな感じの話です

体罰が原因で自殺した学生の
話もありますから体罰は

人を殺す危険性もあります

これを見ると体罰も必要と言う
意見はなかなか言いずらいでしょう・・・

教育は人を育てる目的で教育を
するのに対して体罰で人を殺して

しまうのは全く別の方向性に感じます

なので体罰は時として意味が
あるのかもしれませんがあまりにも
リスクが大きいのでよほどの

事でもないかぎり体罰をしないよう

心がける必要があるのでないでしょうか?
是非、今回の話を参考に

体罰について考えてみてください

ではこれで以上です
最期に一言

体罰は不要!!

ポチっと押して応援して頂ければ嬉しいです↓↓


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ピックアップ記事

  1. カイジ・利根川の名言「金は命より重い」
  2. もしも願いが叶うなら何を願うか?
  3. どれだけ努力して勉強しても結果が出ない人の理由
  4. カズレーザーの名言・夢は叶わない?
  5. 成功者の共通点とは中毒のようにのめり込むこと

関連記事

  1. 知恵になる話

    何をやっても上手くいく人の特徴とは

    どうも、コウスケです何をやっても上手くいく…

  2. 知恵になる話

    少しの工夫であなたの話を面白くする方法

    どうも、コウスケです芸人さんのお笑いのパタ…

  3. 知恵になる話

    危険な状況を回避するためには事前の準備が大事

    どうも、コウスケです危険な状況に追い込まれ…

  4. 知恵になる話

    死ぬのが怖いあなたのための恐怖が無くなる思考法

    どうも、コウスケです「大病を患って余命宣告を受ける」こんな…

  5. 知恵になる話

    仕事が忙しくて時間がないなら無駄なことを辞めてみる

    どうも、コウスケです毎日の仕事が忙しくてな…

  6. 知恵になる話

    トラブルに巻き込まれる理由とその対処法について

    どうも、コウスケです人生で予期せぬトラブル…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

人気の記事

  1. 苦手な人と上手に付き合う方法は自分を無くすこと
  2. 哲学者ソクラテスの名言「無知の知」から学ぶ死生観とは
  3. どれだけ努力しても結果が出ない理由を考えてみた
  4. 一番エロい女は誰なのかを真剣に考えてみた
  5. 努力が必ず報われるとは限らないならどうする?
  1. 妄想の話

    清宮幸太郎プロ入り決定!阪神に入団してくれ
  2. 人間関係の話

    不倫や浮気をする男としない男の違いとは何か?
  3. 仕事の話

    マインドフルネスとは簡単にできるのか
  4. 妄想の話

    クズでダメ人間が楽しく人生を過ごすには
  5. 生き方の話

    不幸せな人生から抜け出し幸せになる方法
PAGE TOP