生き方の話

母親が死んで悲しい人のための死の乗り越え方

どうも、コウスケです

この前お葬式があって実は
僕の祖母が亡くなりました・・・

普段から寝たきりの状態になっていて

認知症もひどくなっており
先は長くないと言われていたのですが

実際に亡くなった報告を受けると

ショックが大きいものですね・・・
僕よりも母や親戚のおじさんたちの方が
ショックが大きかったみたいで

遺体を棺に入れてこれで最後のお別れと

いうところで僕のおじさんが突然
号泣し始め、よほど最後の別れが悲しかったのか

「お母ちゃん戻ってくるんやで」

と泣きながら言ってました・・・
この意味は直接聞いていないのでどういう意味で
言ったか分かりませんがやはり最後の

別れとなるのが相当辛かったんだと思います

遺体の火葬が終わって、親戚一同が
祖母の家に着いたときはもう

泣いてるような人はいなくてみんな普通通りに

戻ってましたがどこかで悲しい気持ちは
あったんじゃないかと感じました

僕自身、幼いころにお葬式に行ったことはありますが
ホントに小さいときの5歳くらいの
頃の記憶でほとんど覚えていなかったので

大人になって初めてお葬式を体験して

こんなに切ない気持ちになるのかと思い
心身ともにかなり疲れた感じはありましたね・・・

それでお葬式を体験して思ったのですが

悲しい死を体験したときにどうすれば
その死を乗り越えていけるんだろうか?

この疑問が浮かび上がりました

おじさんのように最後の遺体姿を見て
号泣するのがホントにいいことなのか?

これが僕の中では疑問に感じたんです

おじさんがどういう意味で言ったかは分かりませんが
「戻ってくるんやで」と言う言葉には

まだ別れたくないという執着を感じたんです

ですが人間は必ずどこかで死にます
出会いがあれば必ず別れはやってきます

これは出合った瞬間に確定する出来事です

ならば最初から

受け止めて生きればいい

これが僕の中で思ってることです
つまり死を受け入れずに号泣するということは

死を否定しているから起こることで

この状態では苦痛を感じることになるんです

なので最初の段階から別れることを
受けいれて死を否定することなく生きることで

いざ別れが来たときでも苦痛を感じずに

冷静に対応できるんじゃないかと思ってます

もちろん自分の母親が死んだとなれば
そんな論理的な理屈なんて無駄かもしれませんが

ただ死を乗り越えるには

否定ではなく肯定が必要です

死を受け入れる自分の心の
器が必要だと思うんですよね

確かに永遠に分かれることは寂しいものですが

ただ必ずそうなると理解できてれば
いざそうなったときに僕は

寂しい気持ちで涙を流すことよりも
その人に感謝して涙を流せると思うんですよ

寂しい気持ちで今までの思い出に執着して
「戻って来いよ」と言うよりも

感謝の気持ちを表して「今まで、ありがとう」と

言えた方が別れとしては良い別れに
なるような気がするんですね

だからこそ僕たちが考えることは

今をどう生きるか?

これが重要かなって思うんです

おじさんを否定するわけではないですが

実際、おじさんは祖母と会うのは年に1回
程度で僕たちもそれくらいでした

その状態で亡くなったときは涙を流して

後悔するというのはちょっと違うというか
もったいない感じがしたんですね

言葉でうまく表現できませんがもっと
祖母が生きてる間に何かできたんじゃないのか?

後悔のないようには出来なかったのか?

これを疑問に感じたんです
もちろん仕事の都合上、実家を離れて

暮らしているので頻繁に会うのは無理が
あると思いますがそれでも心づもりや

常に感謝の気持ちを持つことは出来たでしょう

メールや手紙を出すこともできたでしょう

死んでからの後悔では遅いんですよね
ならば今自分には何ができるのか?

何をするべきなのか?これを自分に

問いかけて覚悟ある生き方が必要だと感じます

覚悟ある生き方をしないと必ず
どこかで後悔することになると言えます

何かを捨てる決断して覚悟を持つことで

捨てた何かの執着はなくなるのでそうなれば
苦痛を後に感じることもないと思います

例えば、僕の場合はFXを始めた時に
100万無くしても仕方ないと思って

FXに取り組んだ過去があります

実際に100万円くらいは無くしましたが

それはしょうがないと割り切ることが出来ました
自分で決めたことですからね

なので後に後悔しないためには

覚悟ある生き方が必要と言えるでしょう

いざ身内が亡くなったときに泣くことはあるでしょうし
辛い気持ちに反射的になるでしょうが

死を受け入れる覚悟をもって身内の死と

向き合うように心がけてください

そしてその日が来ても後悔のないように

今を必死に生きてやるべきことは
やっておくようにしましょうね

今回の話をまとめると

生に対する執着を捨てること
死を肯定することが必要
今をどう生きるか?これを考える
覚悟のある生き方をする

まあこんな感じの話です

昨日まで元気だったのに急に今生の別れに
なったということもあるので

そうなってもいいように常に準備は

必要だろうなって思います

最後は感謝の気持ちをもって優しい気持ちで

見送れるような生き方をしたいものです

では今回は以上です
最後、一言

今を必死に生きろ

ポチっと押して応援して頂ければ嬉しいです↓↓


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ピックアップ記事

  1. 生きるのがつらい・もう死にたいと思うあなたへ
  2. 日大のアメフト部のタックル問題に見る監督としての在り方とは
  3. スピードワゴン小沢の甘いセリフが名言ばりに深い話
  4. どれだけ努力して勉強しても結果が出ない人の理由
  5. 友達といて居場所がない時や楽しくない時の対策とは

関連記事

  1. 生き方の話

    生きるのがつらい・もう死にたいと思うあなたへ➁

    どうも、コウスケです前回の記事でも書いたのですが生きるのが…

  2. 生き方の話

    幸せになるために必要なことは気づくこと

    どうも、コウスケですYouTubeの動画で…

  3. 生き方の話

    楽に生きるための豊かさとは何かを考えよう

    どうも、コウスケですつい先日テレビを見てい…

  4. 生き方の話

    人と違うから価値がある!意味ある人生とは

    どうも、コウスケです人と違うことで落ち込ん…

  5. 生き方の話

    幸せになるコツは価値観を変えることが大事

    どうも、コウスケです今日で8月になりましたがこの時期になる…

  6. 生き方の話

    簡単に成功は出来ない!地道にやる大事さ

    どうもコウスケです。自己啓発書とかネットっビジネス系とかス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

人気の記事

  1. 苦手な人と上手に付き合う方法は自分を無くすこと
  2. 哲学者ソクラテスの名言「無知の知」から学ぶ死生観とは
  3. どれだけ努力しても結果が出ない理由を考えてみた
  4. 一番エロい女は誰なのかを真剣に考えてみた
  5. 努力が必ず報われるとは限らないならどうする?
  1. 仕事の話

    仕事を辞めたいと思ってストレスがあるあなたへ
  2. 哲学の話

    人生の悩みを無くすにはナルシストになりきること
  3. 生き方の話

    戦後73年・戦争から何を学びどのように生きていくのか?
  4. 生き方の話

    なりたい自分になるためには○○を味方に付けること
  5. 仕事の話

    仕事のクレーム処理でストレス社会になる?
PAGE TOP