知恵になる話

できる部下を育てるための最強の教育法

どうも、コウスケです

今はもうやめた職場なのですが
僕が以前、働いてた職場にいる人たちが

かなり厳しく高圧的な話し方をする人たちで

人には厳しく言うくせに
自分のミスは笑ってごまかすような人たちが
いるそんな最悪の職場だったんです

「何でもかんでも俺に聞いてくるな!」
「自分たちでちゃんと考えて仕事しろ!」

こう言われることが多く自分で考えて
仕事を進めて少しでもミスがあると

「なんで早く聞いてこないんだ!!」

と言われて何に従えばいいのか、全くわらない
働きにくい職場でした

ある時は工場で働いてるときに機械のセッティングが

必要になったときがありベテランの人に教わりながら
やらないといけない仕事がありました

なんせ初めてする仕事なので
どうすればいいかわからずとにかく全部聞いて

仕事を始めていたんです

そしたら「なんでも聞かず自分で考えてやれ」と
その時も言われて自分なりにやると

「機会のセッティングの仕方が違う」ってすごく怒られて

きつい口調で高圧的に迫られたことがありました

「じゃあ初めから言えよ!!」って正直思いましたね

とにかく小さなミスをいちいち指摘して

部下を高圧的に教育していくやり方しか
しないような人ばっかりだからそれが嫌になって

その会社は1年ですぐに辞めました

人材育成にはちゃんと取り組んでいかないといけません
でもそれが全くできてない会社が多いのが現実です

そんな会社って下の人間が育たないので
大きな利益を上げることもできないし

生き残ってもいけないんです

会社のことを思って仕事するなら
部下の面倒までちゃんとやって仕事していかないとダメです

次々に下の人間がその職場にいる人間の
せいで辞めていくならその人は企業にとって

損出でしかない邪魔な存在となります

でも生半可、作業ベースの仕事はできるし
その人も自分は仕事ができてるって勘違いしてるので

その人が辞めることは無いし長年働いてる分
会社としても辞めてくれって言いづらいんですよ

でも実際は企業にとって邪魔な存在なんです

だって人材育成と言う部分では全く仕事ができていないし
むしろそこだけみるとその人がいるせいで

大きな損出を出していることになるんです

これは会社にとっては大損害です!!

そんなダメな上司がいると仕事はちゃんとできません
部下がうつ病になる可能性もあるので誰も得はしません

もしその状況がどうしても耐えられない場合は

いち早く仕事を辞めることです!

そんな職場なんてすぐに辞めたほうがいいです
うつ病になるリスクが高すぎるだけの職場です

上司が部下に高圧的な態度で
接することは会社にとって害でしかありません!

だから下の立場の人間のことを思って
合理的に部下がどうやれば成長できるのか?

ここを真剣に考えないといけません

上の立場に立つならそれくらいの気遣いはしないと
組織は成長しないし、企業は発展しないわけです

教育ってのは教えて育てるってことです!

育てないと意味がないんです
それは自分の感情をぶつけることではなく

論理的正しいことを教えることです!

ただ怒るだけなんて無意味です
むやみに怒りをぶつけて
部下に対して高圧的な態度をとるような人は

その役職を降りたほうがいいと言えます

って言うか職場から去ったほうがいいです
そうしたほうが仕事の効率が上がるはずですから

部下の立場だと怒られないように仕事しようと
思って積極性が無くなるんです!

ここに上司は着目していかないといけません!!

消極的な部下がいるとミスの報告も遅れるし、仕事の生産性も下がるし

余計なことせずに慣れた仕事だけしようって思ったりします
全ては上司の顔色をうかがっての判断です

こうなるとその部下自身の成長が遅れます
それは会社にとってもマイナスですよね?

それを見てまた上司は怒りをぶつけて
部下のモチベーションはより下がる・・・

完全な悪循環が生まれてしまいます

最悪のケースではこういったことも考えられます
なので丁寧な教育をする意識は持つようにしましょう

部下が成長しないのはそいつがやる気ないせいだ!!

と言うのは自分の教育に対する能力不足の言い訳です

こんなこと言っても部下は成長しないし
企業にとっても利益は出ないので言い訳せずに

成長できるような誘導をしていきましょう

ちょっとした工夫でいいんです!

やる気なく働いている人間に怒っても
反感を買うだけなのでその場合は

「それよりも、こうやって仕事するともっと
効率よくできて仕事もすぐに終われるから

残業せずにすぐに帰れるよ!!」

と言えばやる気ない人間でも少しは
やる気だして働いてくれるようになります

すこし工夫した言い回しをすればいいだけなんです

伝え方が違うだけで
全然違う効果が感じられるので教育の時の

言い方には気を付けていきましょう!

今回の話をまとめると

部下の立場に立って教育する
教育ができない人は企業にとって害
適切な伝え方で教える

まあこんな感じの話です

僕たちゆとり世代は自分の価値観とかを
尊重される時代に育ったので

年配の人の価値観を押しけられると
すごく違和感があって素直に言うことを聞けません

若い世代の価値観も理解しないと
適切な教育はできないと言えるので
世代ごとの価値観の違いを理解するのに励み

適切な教育ができてる職場を目指しましょう!
無意味に怒るのは効果的ではないです

怒りの感情は不要だと理解してください

普段から怒らない人がここぞって時に
怒るから意味があるんであって

毎日、怒ってるような人の話なんて誰も聞かないんです
その現実に気づかないとダメです

この記事を見ているあなたがどういう立場かは
わからないがもしあなたが上司で部下の教育が必要なら

ぜひ部下のことを考えた合理的な教育法を

実践して意味のある行動をとってほしいと思います

もしあなたが部下の立場で、目障りな
上司に悩まされているならそんな会社辞めるか

もしくは適当に上司の話を聞き流して

自分が上の立場に立った時にぜひ
合理的で適切な教育を実践するようにしましょう

じゃあ今回の話はこれで以上
最後に、一言

理解が大事

タメになったらこちらをクリック↓↓


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ピックアップ記事

  1. 今後の未来予想・これからの時代の生き方とは
  2. 楽に生きるためのストレスを溜めない思考法
  3. 友達といて居場所がない時や楽しくない時の対策とは
  4. 言ってはいけない残酷すぎる真実の評価と感想
  5. 相手を取り込み口げんかで勝つ最強の方法

関連記事

  1. 知恵になる話

    大事なことを忘れない様にする簡単な方法

    どうも、コウスケです人間って時間がたつと自…

  2. 知恵になる話

    続けることが出来ない3日坊主で終わらない方法とは

    どうも、コウスケです何をやっても継続して続…

  3. 知恵になる話

    学校のいじめ問題に対する現実的な対策法

    どうも、コウスケですテレビなどでいじめの問題は良く取り上げ…

  4. 知恵になる話

    本を一瞬で読めるようになる?速読の方法とは

    どうも、コウスケです前回の記事で、速読につ…

  5. 知恵になる話

    あなたの生活や人生を変えるためのコツと方法とは・後編

    どうも、コウスケです生活や人生を変えるため…

  6. 知恵になる話

    速読は本当に出来るのか?正しい速読の方法

    どうも、コウスケです穏やかに生きるためには…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

人気の記事

  1. どれだけ努力しても結果が出ない理由を考えてみた
  2. 一番エロい女は誰なのかを真剣に考えてみた
  3. 努力が必ず報われるとは限らないならどうする?
  4. 自己啓発セミナーに参加しても変わらない理由
  5. モチベーションを上げて作業に集中する方法とは
  1. 知恵になる話

    若者の投票率が低い理由と政治よりビジネスが魅力の話
  2. 妄想の話

    誰とでもエッチができるチケットが配布されたら
  3. 生き方の話

    楽に生きる方法はクズになること!
  4. 仕事の話

    脳疲労を改善すると最高の結果を出す!
  5. お金の話

    物を買う心理・つい行動してしまう理由とは
PAGE TOP