体の話

バニラエア・障がい者の搭乗拒否について

どうも、コウスケです

航空会社のバニラエアが車いすの障がい者
を搭乗拒否したことで航空会社に

批判が殺到しているようですがその批判は

今すぐに辞めるべきだと思います!

障がい者のことになるとみんな正義感に
駆られてとにかく不当な扱いをなくそうと
必死に頑張るのですがその正義はほんとに正義なのか?

これを問いかけたくなります

まず僕なりの見解では今回の障がい者の
搭乗拒否の件については航空会社に落ち度はないと思ってます

配慮が足らなかった部分はもちろんありますが

航空会社に悪いところはないというのが
僕なりの意見です

なぜそういう意見になるのかを順番に
説明していきたいと思いますが
まず今回の話をざっくり話していくと

車いすの障がい者の方が離島である
奄美空港に行くのに格安航空会社のバニラエアを

使って奄美空港まで行こうとしたそうです

ただその航空会社では奄美空港での搭乗の際
エスカレータ式の階段の設備がないため
自分の足で乗り降りをしないといけないませんでした

当然、車いすの人では無理です

なので航空会社は行きの便で車いすの場合は
「搭乗することはできません」と断りを入れたらしいです

実際にその航空会社では、障がい者の場合は

あらかじめ5日前には連絡をしてくださいと言う
規約もあるそうで今回はそれもなかったそうです
なので断りを入れたらしいのですが、同行者に乗り降りを
手伝ってもらうということで本来マニュアルでは

それは危険だから認められないらしいのですが

行きの便では特別に同行者の手伝いを許可して
何とか乗ることができたそうです

2日くらい旅行を楽しんだ後、帰りの便でも同じ
ことがありそこでは同行者の手伝いすら
認めてくれなかったという話です

そこで障がい者の人がどうしたのかというと
手で自分の体を支えて、手の力だけで1段づつ

階段を上るようにしたそうです

その間、従業員が現場に2人ほどいたみたいですが
手伝うことなくただ上るのを見ていたようです

それを不服に思って障がい者の人がその話をメディアで語たり

その影響で一気に航空会社に批判が殺到した
というのが今回の経緯になります

これを聞いて僕が思ったのは航空会社の配慮は足りなかったけど

航空会社が悪いわけではないというのが僕の意見です

まず今回の件で疑問に思うのは
格安航空会社ということで設備が足りない部分や

サービスが不十分であることは十分考えられます

それを充実させようと思えば設備投資や
従業員の増加や社員教育にお金を使わないといけなくなるので

そうなると格安の航空会社は成り立たないことになります

しかも5日前に障害がある場合は
連絡が必要な訳ですがそれもなかったそうです

この状況の中でいきなり来た車いすの客に対して

対応できないから搭乗できないということは
マニュアルに従って航空会社の方も当然
意見としては言ってもいいと僕は思います

企業側としても、万が一障がい者が
怪我をして会社が訴えられると大きな損害になるので
できないことに対してちゃんとできないと
あらかじめ言うことは必要なことでもあります

できないことがあるのに、何も言わず「できますよ」と
言って搭乗させれば後々問題になることは

容易に想像ができるのでこの時点で断るのは
航空会社の立場からすれば当たり前だと思えます

そんな中、障がい者の乗り降りは同行者に

手伝ってもらうという条件で特別に搭乗させて
貰ったんだから文句も言えないような気がします

行きの便はそれでよかったのですが

帰りの便になると次は徹底してマニュアルを守る
従業員で融通が利かないせいか同行者の
手伝いも断られ結果、自分で手の力だけで

搭乗する羽目になったみたいです

これに関してはもうちょっと配慮が必要でしょう

困っている人がいれば手を差し伸べるのは
障がい者じゃなくても当たり前な訳で
障がい者ならなおさら手を貸してあげたほうが

良いに決まっています

ただこれも難しい点で、要は従業員の
方もマニュアルを破ったことに対しての
罰則が怖くてなかなか臨機応変に対応できないんでしょう

もしマニュアルを破り問題が起これば

その時は「どうしてマニュアル通りに従わなかったのか」と
クレームが来るわけで現場の従業員には

上司からのペナルティが与えられる場合もあります

だからこそ従業員は、罰則を恐れて
マニュアルを厳格に守るしかない状態だったと言えます

障がい者の方も、不便なところが嫌なら
もう少しお金をだしてサービスの行き届いてる
航空会社を選ぶべきだったと言えます

格安の航空会社ってことはサービスが行き届いてない
部分があることは前もって受け入れなければ

いけないわけでそれは、障がい者ならなおのことです

何か問題があっても航空会社の責任にはできないと言えます

こういった背景がある中で
今回の問題は航空会社の方でもう少し

配慮のある融通を利かす部分はあっても良かったが
責任はしっかり果たしているため落ち度はなかった・・・

これが僕なりの意見です

もし障がい者が無理やり搭乗するなら問題が生じた場合
の責任は障がい者側で全て負担して、航空会社を

一切訴えないことを一筆、契約書に書いたうえで

同行者の乗り降りの手伝いを認めてもらえれば
良かったわけでそれは障がい者の方が
提案しておくべきことだと思います

航空会社がこんなことを言うとそれこそ

責任放棄だなんだって騒がれるのでこういうことは

障がい者のほうが提案するべきでしょう

一つ知っておいてほしいことは
弱者にとっての優遇措置と言うのは
強者にとっては不遇な措置になるわけで

これはこれで平等性のかけるところがあります

そして今回起きた問題もそれに近いことです

弱い立場の障がい者は助けられるべきだという
倫理観から、正義をもって批判を出した
人間はいるでしょうがそれは航空会社からすれば

ただのクレームになるんです

対応する従業員には大きな負担になるだけです

そうやって仮に、クレーマーたちの意見が通れば
航空会社は設備にお金を使い、従業員の育成や人材確保を

徹底することになることでしょう

そうなれば企業としては疲弊していくだろうし
働いてる従業員も低賃金なのに重労働という

残酷な状況が待っていることになります

この状況を生み出したのは、弱い立場の障がい者を
守ろうとして正義を振りかざして批判した人間たちです

間違っていることに対して間違っていると
言う事も必要ですがその時に

ほんとに間違っていることなのかどうかを
見極めて発言をしないと、その発言によって
新たに大きな問題も生まれかねません・・・

だから今回の件に関してはお互い、妥協点を見つけて

障がい者のほうは契約書でも書いて責任の追及を
航空会社にしないと明記したうえで航空会社の方も
特別な処置をすればよかったと個人的には思います

そうすれば丸く収まったと言えます

僕はそういう価値観で今回の話を見ていました
だからこういう話があったときに

冷静に状況を考えて片方の意見に偏らず
両方の見解も取り入れながらちょうど良い

解決策を考えるべきだと思います

今回の話をまとめると

航空会社の配慮は欠けていたが落ち度はなかった
障がい者側で良い提案が必要だった
双方納得のいく妥協点を見つけないといけない
全てを把握して発言をする必要がある

まあこんな感じの話です

結果的は、これでバニラエアの評判は下がり
大きな損出になったのだから結果から見ると

バニラエアの対応はまずかったと言えます

今回の件から学べることは

単純に自分の意見ばかり言うのではなく
相手の立場も理解したうえで
自分の意見が通るような提案が必要だと言えます

これは対人関係でも一緒

仮にデートする場合、彼女は外で遊びに行きたい
でも彼氏は家でゆっくりしたいとなった場合

室内で二人でゆっくり過ごせるところを探して
家ではなく漫画喫茶でデートするとか
カラオケで個室のあるところでデートするとか

双方の間をとって妥協点を見出すことは重要です

こうやって、「まあそれなら許せるな」と
思えるラインを作れば大きな問題には発展しません

だから今回の話をぜひ覚えていてくださいね

じゃあ今回はこれで以上
最後に一言

視点の偏りに注意!

面白かったら1票入れて↓↓


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ピックアップ記事

  1. 武士道とは?武士の生き方から学ぶ人生哲学
  2. 成功者の共通点とは中毒のようにのめり込むこと
  3. どれだけ努力して勉強しても結果が出ない人の理由
  4. アランの幸福論から考える人生において必要なことは
  5. あなたの悩みを解決するための方法とは

関連記事

  1. 体の話

    起きられない人が朝起きる方法とは

    どうも、コウスケですついこの前、朝から僕の姉と会うことにな…

  2. 体の話

    記憶力を高める方法!これで勉強はバッチリ!

    どうも、コウスケです勉強したことをしっかり覚えて仕事でも学…

  3. 体の話

    いぼ痔を治療して痛くないようにする方法

    どうもコウスケです。恥ずかしい話ではあるのですが正直に言う…

  4. 体の話

    高い集中力には意志力と環境が大事!

    どうも、コウスケです自分のやらなきゃならな…

  5. 体の話

    夫や妻とのセックスレスを改善したい悩みを消すために

    どうも、コウスケですこの世界には贅沢な悩み…

  6. 体の話

    モチベーションを上げて作業に集中する方法とは

    どうも、コウスケです前回の記事でモチベーシ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

人気の記事

  1. 苦手な人と上手に付き合う方法は自分を無くすこと
  2. 哲学者ソクラテスの名言「無知の知」から学ぶ死生観とは
  3. どれだけ努力しても結果が出ない理由を考えてみた
  4. 一番エロい女は誰なのかを真剣に考えてみた
  5. 努力が必ず報われるとは限らないならどうする?
  1. お金の話

    貧乏人がお金持ちになれない理由とは・パート2
  2. 生き方の話

    成功者から学ぶとある成功法則を紹介!
  3. 仕事の話

    仕事で成功する人と失敗する人の違いとは
  4. 体の話

    忘れないでいれるように記憶を「記録」としてメモすること
  5. 哲学の話

    なぜ差別は無くならないのか?社会の正しい在り方とは?
PAGE TOP