おススメ本

嫌われる勇気はマジで学びになる本

どうも、コウスケです

ベストセラーとなっている嫌われる勇気という
本がありますがこの本はかなりおススメの本です

ここ最近はドラマにもなっているくらい人気の本で

この本1冊でかなり人生に役立つと言えます
僕がおすすめの本紹介してほしいと言われれば

迷わずこの「嫌われる勇気」を紹介します

それでこの本の何がそんなに良いのかっていうと
人生の本質を学べることです

この本がどんな本かというとアドラー心理学の本で

アドラー心理学というのは
アドラーという人物が確立した心理学です

世界でもフロイト、ユングに次いで
3大心理学と呼ばれるくらいのものらしいです

「フロイトとユングって誰やねん」という
突っ込みはなしでお願いしますね(笑)

それでこの本の内容をすべて伝えるのは無理がありますが

ざっくり言うと、自分らしい人生送りたければ
周りから嫌われる覚悟をもって生きよう!!って感じの

話が書いている本で学びになる要素はめちゃくちゃあるんです

僕が一番良かったと思えるところは

「目的論」について語っているところで

目的論というのは、まず何か原因があって結果があるのが
原因論といわれるものでそれとは逆の考えとしてあるのが

最初に目的があって結果があるという目的論です

例えば、自分は引きこもりで会社とか学校に
行っていない人間だとします

その時に、会社や学校でいじめれたせいで

引きこもるようになったからいじめが原因と考えるのが
原因論による考えです

それとは逆に最初に引きこもる目的があるから
いじめられた過去は関係なくその目的を達成するために
引きこもっていると考えるのが目的論です

これだけ聞くと目的論のほうが過激な考えに
聞こえるかもしれないですがここがアドラー心理学のすごいところで

アドラー心理学は勇気の心理学と呼ばれていて
自分自身とかなり向き合うことを一番大事にしてる心理学です

つまり自分の心と向き合うのがアドラー心理学です

さっきの引きこもりの話で、原因論の場合

「いじめられたのはいじめるほうが悪いからあなたは悪くない」

と引きこもりに言ってるようなもので引きこもりの

問題はこんなことを言ってる限り解決しないんです
ただ外部に問題をなすりつけているだけなんですよ

これだと本当の問題を遠ざけていることになり
問題解決には何も手助けできていないわけです

ただその瞬間ちょっと自分の気持ちが報われるだけです

ただ目的論の場合は、目的が最初にあるので自分の

目的の問題に焦点を当てて考えます

なんで引きこもる目的を持っているのか?
これをとことん真剣に考えるのがアドラー心理学です

この時に考えられる理由として
引きこもることで親が心配してくれて
上司や先生が心配してくれるので引きこもることで

自分には価値があると思いたいから引きこもりを選ぶ

こう考えることが出来るんです

つまり引きこもることで自分に注目してほしい
と言うアピールでもあるんですよね
承認欲求を満たすためと言う見方も出来ます

厳しく言うと一歩外に出ようと思えば出れるはずなんですよ
なのに外には出ず引きこもるという選択を選んでいるわけで

それは自分で理由を作り、引きこもる
目的をもって引きこもりを選んでいることになるんです

例えば、いじめにあってもそれを乗り越えて
友達が多くいて楽しい学校生活をおくってたなら

いじめが原因で引きこもりになることはないですよね?

つまり目的論の見解だといじめは引きこもりの
理由にはならずに言い訳にしかならないということになります

いじめが原因で引きこもりになるのなら
いじめられた人間は全員、引きこもりになるはずです

ですがそうではない人間もいますよね?

となるといじめが引きこもりの原因にはなるという
考えは違うという意見になるんです

自分がいじめを乗り越えることができない
無能な人間と思いたくないからいじめの問題を外に向けて
引きこもることで自分の存在意義を守ろうしてるだけなんですよ

つまりいじめの問題と本気で向き合う勇気がないんです!

厳しい言い方をすると例えいじめがあっても
学校に行くことは出来るし引きこもる必要もありません

一歩踏み出せば外に出ることは可能な訳です

引きこもる理由は自分には価値があると思いたくて
いじめの状況は価値ある自分を否定する出来事だからその問題を
外部のいじめと言う出来事に押し付けているわけです

つまり自分の問題や課題を無視して

いじめる奴が悪いという問題にすり替えてるわけです

この発想はトレードオフの考えと一緒です

トレードオフは何か得ようとするなら
何かは捨てなきゃならないという考えで

トレードオフ的に考えると、外に出て
いじめの問題と向き合うか、家で問題から逃げて引きこもるか

どっちかを自分で選んで行動していることになるんです

引きこもりの場合は問題から逃げるほうを選んでいるとなるので
この選択はだれかが強制したものではなく

あくまで自分の判断で決断していることになります
つまり引きこもりは目的をもって引きこもっていることになってる

という事なので自分で引きこもりたくて引きこもってるんです

これが目的論の考え方です

これは本質を突いた発想だと僕は思います
要は外に責任を押し付けて問題をすり替えるのでは
無くて自分の中の問題として自分の責任や課題に

向き合うのが大事と考えるのがアドラー心理学です

アドラー心理学は勇気の心理学というくらいで
自分と向きあい強い気持ちもつことで人生を良くしていく

そんな考え方なので簡単に真似できるものではないと思います

実際にアドラー心理学を完全にマスターするには
生きてきた年月の半分が必要と
アドラー自信も語っていたらしいです

20歳で10年、30歳なら15年、40歳なら20年の

年月をかけないとアドラー心理学を完全に
マスターすることはできないと言われるくらい難しいです

僕もぶっちゃっけアドラー心理学の考えで
生きてい行くのはかなり難しいことだと感じてます

実際に自分がいじめにあえば会社は辞めるだろうし
いじめに近いくらい、こき使われた会社を

辞めた過去があるから、原因論を持ち出して

引きこもりをする人の気持ちは痛いほどわかります

僕だって嫌なことがあれば引きこもります

でもそんなことしていても問題は無くならいわけで
嫌われる勇気で語られていることは問題解決をするには
自分で立ち上がって勇気をもって挑まないといけないと

言う話で問題解決の上では本質的で大事な部分です

なのでアドラー心理学の考え方を人生に
取りいれるようにして問題をなくしていきましょう

今回の話をまとめると

嫌われる勇気はアドラー心理学の本
人生の問題解決に役に立つ
アドラー心理学の考えを一つの選択肢として見る

まあこんな感じの話です

今回、話したことなんて嫌われる勇気のなかで
ほんの一部だけでもっと深く濃厚なことが

嫌われる勇気の中には書いているのでこの本は
ぜひ購入することをおススメします

僕は紙媒体の本で買いましたが、電子書籍でアマゾンのkindle

とかだとすぐにダウンロードして読むことができるので
本を読むときは電子書籍をおすすめしますよ

僕もここ最近は、電子書籍の便利さにはまっていて
結構、電子書籍で本を読むようになりました

電子書籍のほうが若干安いし、まず邪魔にならないですし

文字の大きさも調整できたりとかなり便利な
要素が多いので使ったことがないならスマホでも読める

電子書籍を使ってみることをおススメします

嫌われる勇気は心理学の本というより人生のためになる

哲学的な本だし、そんなに難しい本でもないので
でぜひ買ってみてくださいね!!

それじゃあ今回はこれで終わり
最後に一言

この本は買おう!

面白かったら1票入れて↓↓


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ピックアップ記事

  1. 今後の未来予想・これからの時代の生き方とは
  2. スピードワゴン小沢の甘いセリフが名言ばりに深い話
  3. どれだけ努力して勉強しても結果が出ない人の理由
  4. 生きるのがつらい・もう死にたいと思うあなたへ
  5. 友達といて居場所がない時や楽しくない時の対策とは

関連記事

  1. おススメ本

    解決できない悩みでうつにならない対処本

    どうも、コウスケです今回はここ最近読んで良かったと思える本…

  2. おススメ本

    言ってはいけない残酷すぎる真実の評価と感想

    どうも、コウスケですここ最近読んだ本で面白かった本を今回は…

  3. おススメ本

    安定して成功し続ける人間になる秘訣

    どうも、コウスケです確率論的思考と言う本があってこれは読む…

  4. おススメ本

    自分を操る超集中力の個人的な感想と評価

    どうも、コウスケですメンタリストのDaiGoさんの本で「自…

  5. おススメ本

    堀江貴文さんの本「多動力」の内容を評価

    どうも、コウスケです堀江貴文さんの本「多動…

  6. おススメ本

    前田裕二さんの本、人生の勝算を読んだ感想

    どうも、コウスケです今回は最近読んだ本の中…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

人気の記事

  1. 苦手な人と上手に付き合う方法は自分を無くすこと
  2. 哲学者ソクラテスの名言「無知の知」から学ぶ死生観とは
  3. どれだけ努力しても結果が出ない理由を考えてみた
  4. 一番エロい女は誰なのかを真剣に考えてみた
  5. 努力が必ず報われるとは限らないならどうする?
  1. 人間関係の話

    クズ人間が人から必要とされる理由とは
  2. エンタメの話

    芸能界で長く生き残る奴は賢くスキルのあるやつ
  3. 人間関係の話

    インターネット上で友達や仲間を作る方法
  4. 仕事の話

    仕事のミスを上司に報告するかどうかで悩んでいる人へ
  5. 人間関係の話

    うざい人や面倒臭い人の特徴とその付き合い方とは・後編
PAGE TOP